鉄筋コンクリート物件なのに壁を叩くと空洞なのは防音性が低い?


賃貸で一番トラブルになるのが音に関することです。夜騒いだり、騒いでなくても物件の防音性があまりにも低いと生活音がトラブルの原因になることが多いです。

だからこそ賃貸物件の中でも防音性が高いとされている鉄筋コンクリート造(RC造)や鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)ですが本当に大丈夫なのか調べてみました。

スポンサードリンク

基本的に防音性を調べるには壁を叩くのが早い

防音性は建物の構造によって大きく変わります。

鉄筋コンクリート造>>気泡コン>>>鉄骨造>木造

このように防音性には差があり、基本的に鉄筋コンクリート造は防音性が高いと言われています。

おそらく内見した際には壁を「コンコン」とノックして空洞がないかチェックして音の響き方を確かめる方が多いと思いますが、鉄筋コンクリートの場合は叩いた時に「ぺチぺチ」という音がします。

しかし、物件によっては稀に鉄筋コンクリート造にも関わらず木造アパートと同様に空洞があるような響き方をすることがあります。

なぜ鉄筋コンクリート造なのに音が響くの?

鉄筋コンクリート造の壁は大きく分けて二つの工法があります。

1つは壁全体がコンクリートでその上にクロスを貼っている場合。この壁はどこを叩いてもコンクリート特有の「ぺチぺチ」という音がするのが特徴です。

壁が薄い

防音性はかなり高く、隣人の生活音が聞こえるということはほぼありません。音に関してはかなり優秀。

もう一つはGL工法と呼ばれる方法で作られた壁。

簡単に説明するとコンクリートの上にGLボンドと呼ばれる特殊な接着剤を等間隔で塗り、その上に石膏ボードを張り付けている壁のことです。

壁をノックしてなぜか空洞があるような音が出るのはコンクリートと石膏ボードの間に隙間があるためです。

2壁が薄い

一見「結局コンクリートなんだから大丈夫なんじゃないか」と思いがちですが、この工法は音が反響しやすいので逆にお隣には音が伝わりやすくなってしまいます。

GL工法で張られた場合はふかし壁部分が太鼓現象を招いて隣室の生活音が伝わりやすくなります

参照元:yahoo不動産

さすがに木造アパートと同じようなレベルで音が響くわけではないですが、騒いでいたら隣人にその音が伝わってしまう可能性は十分にあります。

そもそもRC造と言っても全てをコンクリートにしなければならないという定義はないので主要部分だけコンクリートで後は最低限のコストで建設されている物件も少なくないそうです。

実際、壁部分は木造アパートと同じように石膏ボードだけって物件もありますが、壁の中はプロでも見分けるのが難しいそうなのでノックしたぐらいじゃどんな構造なのかはわかりません。

スポンサードリンク

防音性が高いかどうかを見分けるためには

その物件の防音性が高いかどうかは最初にもお話したように壁をノックして空洞があるかどうかをチェックすれば問題ありません。

ただ、せっかく探した物件の壁が問題ありそうでまた次を探すとなるのは面倒です。

防音性は物件情報だけでもある程度見分けることは可能。

  1. 楽器可能
  2. ルームシェア可、2人入居可
  3. ペット可
  4. 築年数の浅い物件

2人以上の入居が許されているということは話すことを前提にしていますので壁がしっかりしている可能性が高いです。楽器やペット可物件も音が問題となるのでそれを可としている物件は防音性に自信があるため。

また築年数の浅い物件は比較的防音性がしっかりしていることが多く、壁も全てコンクリートで造られていることが多いです。

逆にRC造なのに「楽器不可」とか「ルームシェア不可」になっているような物件は防音性を疑うべきです。

築年数が古めの物件も壁に問題ありなことが多いので音を気にするなら避けるべき。

ちなみに私もRC造とSRC造の物件を内見したことがありますが、築年数が20~30年以上だと壁に空洞があることが多いような気がしました。

最後に

防音性を気にするのであれば壁を叩いた時に空洞があるような物件はやはり避けるべきです。

鉄筋コンクリート造を選んでいるということはある程度防音性を期待している方が多いと思いますが、この部分は慎重に考えるべきだと思います。

ちなみに先ほど紹介したように壁がGL工法だと床面音が響きやすいので上下階の音が気になる可能性も出てきます。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す