一人暮らしの不動産仲介業者の選び方のコツ!審査通過率や初期費用に差が出る?


日本には地域密着型から大手までかなりの数の不動産が点在しています。

部屋を探す時はこの中にある膨大な不動産の中から選択し、契約するわけですが正直どの不動産を選べば良いかわからないという人が多いでしょう。

確かにどの不動産も一長一短なので今回はそれぞれの特徴を簡単にまとめてみましたので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

不動産屋ごとの特徴

初期費用を抑えたい人向けの不動産会社

初期費用は敷金・礼金がありなしによって変動するので物件によって差があります。

不動産会社によって変わるのは仲介手数料。

仲介手数料は最大で家賃1ヶ月分ですが中には仲介手数料が0円だったり半額だったりするのでこの部分を抑えることが出来る=初期費用も抑えることができます。

  • いい部屋ネット・・・大東建託が建設している物件は仲介手数料0円
  • エイブル・・・紹介する全ての物件の仲介手数料は半額

基本的に仲介手数料は家賃1ヶ月分請求されるものなので仲介手数料が安い不動産は少ないです。

ゆるく部屋を探したい人向け

性格的にしつこい営業マンが苦手な人向けにおすすめの不動産はピタットハウスです。

普通、不動産の営業マンというのは契約数によって給料が変わるいわゆる歩合制なのでめちゃくちゃガツガツしています。

例えば店舗に行って部屋を探してもらって良い物件がないときでも契約するまで帰さないような雰囲気を出されたり、帰ろうとすると「次はいつきていただけますか?」と予約を半ば強制的に入れられたりします。

アパマンショップやエイブル等はこの営業のしつこさがネックですがピタットハウスはそもそも歩合制ではないので全くがつがつしていません。

私も一度利用させていただきましたが、内見して「うーん」と悩んでいたところ「もう少し時期をずらしてみると新しい物件が出てくるので待つのもありだと思います」と助言をしてくれました。

ただ、審査が厳しいという口コミが多いので自分がしっかりした職業、年収があることが前提となってきます。

スポンサードリンク

とにかく審査を通したい人向け

正直審査なんてのは不動産会社ではなく管理会社と保証会社のさじ加減ですが、不動産会社によって協力的かどうかが重要。

アパマンショップやエイブルはしつこさはあるものの、それゆえなんとか審査を通そうと必死になってくれます。

ちょっと年収が足りなそうだったり、貯金が足りなそうでも上手いこと審査を通そうと頑張ってくれるのでおすすめ。

逆に地域密着型の不動産だったり、先ほど挙げたピタットハウスは積極的に契約させようとしない反面、審査にもそれほど協力的ではない印象があります。

面倒くさがりな人向け

ネットで物件を探していても結局は不動産の店舗に行かなくてはなりません。

例えば問い合わせた物件を内見して良くなかったとしてもそれだけではいさよならとはいかず、無駄に店舗で足止めを食らうので時間の無駄が多いの難点。

面倒くさがりだったり、手っ取り早く契約したいという場合はお部屋探されサービスのイエプラがおすすめ。

イエプラはネットを介してスタッフとチャットでやり取りをして部屋を探してもらうサービスですが、店舗を持たないので無駄な時間を使うことがありません。

さらに全ての物件をチャットで空き室確認が可能な上、部屋を決めた後で困った際も相談に乗ってくれるというコンシェルジュサービス。

基本的にどの不動産も紹介できる物件は同じ

現在の不動産業界というのは「レインズ」と呼ばれる国土交通省が定める物件検索サービスと契約しているのでどの不動産でも紹介してもらえる物件は同じです。

例えばエイブルでアパマンショップの物件を紹介してもらうことも可能というわけ。

この不動産は紹介できる物件が多いからとか少ないから~というのは一昔前の話ですので物件数以外で不動産を決めるのが良いと思います。

もちろん不動産は自社の物件を契約してもらった方が利益が大きいので「他社物件の紹介はNG」としているところもあるので注意してください。こういうところは個人的には信用できないので避けています。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す