一人暮らしの部屋探しに役立つ壁の厚さランキング!防音性で選ぶならコレ


一人暮らしの部屋探しに役立つ壁の厚さランキング!防音性を気にするならコレ

やはり部屋を選ぶ際で何よりも気になるのが壁の薄さ!!

引っ越してから壁が薄すぎて隣人とトラブルになったり、夜隣りがうるさすぎて寝れないなど、後悔する人が後を絶ちません。

意外と部屋を決める上で重要となるのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

すでに住んでいて後悔している人は簡単音漏れ防音対策方法まとめ」が参考にしてみてください。

壁の厚さランキング

 

第1位・・・鉄筋コンクリート(RC・SRC)

一人暮らしの部屋探しに役立つ壁の厚さランキング!防音性を気にするならコレ

壁の厚さ:

家賃:


マンションと言ったら鉄筋コンクリートのイメージが強いのではないでしょうか。

RC造というのは鉄筋コンクリート、SRC造というのは鉄筋鉄骨コンクリートです。

SRCの方が耐震性が高い造りになっていますが防音性という面では大差がありません。

耐震性もさることながら断熱性にも優れた上に防音性もある一人暮らしにとっては最強ともいえる造りです。

よほど大きな音や振動を出さない限り、響かないので子供がいるファミリー向けの造りになっているとも言えます。

防音性は高いのですが、家賃もその分高くなるといった面もあります。

 

第2位・・・気泡コンクリート(軽量気泡コンクリートパネル)

一人暮らしの部屋探しに役立つ壁の厚さランキング!防音性を気にするならコレ

壁の厚さ:

家賃:


俗に言う気泡コンのことで、エアーを多く含ませたコンクリートのこと。

軽くて火災に強く、断熱性があるのが特徴。

鉄筋コンクリートと比較するとこちらの方が少しだけ騒音は気になります。

しかし、木造や鉄骨造と比較するとコンクリートなので防音性は明らかに上であると言えます。

見た目的にもほとんど鉄筋コンクリートの建物と違いはありません。

第3位・・・重量鉄骨

一人暮らしの部屋探しに役立つ壁の厚さランキング!防音性を気にするならコレ

壁の厚さ:

家賃:


 

厚さが6mm以上の構造用鋼材を使用した建築物が「重量鉄骨造」と言われています。

 

軽量鉄骨と比較すると壁の厚さに関していえばほとんど違いはありませんが、重量鉄骨の物件は壁や床もしっかりと作られていることが多いので、防音性は多少マシだと思います。

 

しかし、隣の目覚ましの音や喋り声なんかは場所によって普通に聞こえてくるようなので重量鉄骨だからと言って安心しないようにしてください。

ちなみに物件情報には「鉄骨造」としか書かれていない場合があります。

アパートとマンションの「鉄骨造」の意味の違いや防音性解説

第4位・・・軽量鉄骨

一人暮らしの部屋探しに役立つ壁の厚さランキング!防音性を気にするならコレ

壁の厚さ:

家賃:


木造の次に多い軽量鉄骨造のアパート。

「鉄骨」という響きが非常に頼りになるイメージですが、残念ながら木造とほとんど違いはありません。

その証拠に、壁が薄いでお馴染みのレオパレスも鉄骨を使用している物件が多いです。

外観は木造と比べると綺麗に見えるんですけどね、騙された気分になります(笑)

こちらも「鉄骨造」としか表記されていないことも多いですが、アパートならまず間違いなく軽量鉄骨造です。

アパートとマンションの「鉄骨造」の意味の違いや防音性解説

第5位・・・木造

一人暮らしの部屋探しに役立つ壁の厚さランキング!防音性を気にするならコレ

壁の厚さ:

家賃:


アパートの多くは木造で建設されていることが多いでしょうね。

一人暮らし、特に学生が住む部屋のほとんどは木造だと思います。

建設のコストを抑えられるメリットがありますが、それゆえ防音性は貧弱。

隣りの人がいびきをかいていると聞こえてくる、喋り声も響いてくるほどの防音性のなさが特徴です。

建設のコストが抑えられているので家賃は安く済みますが、住み心地は最悪なのが特徴。

また、木造は老朽化が早いので古い物件も多いですね!

最近は木造で建設するよりも軽量鉄骨を使っている物件が増えつつあるようです。

木造物件は家賃が安いですが、ストレス耐性のない人が選ぶと周りの音に悩まされる可能性があります。

スポンサードリンク

防音性は使用している素材で決まる

アパート=壁が薄い

マンション=壁が厚い

なんとなくこんなイメージがあるかと思いますがこの違いは構造ではなく壁の厚さによって定義されています。

壁の厚さが150mm以上をマンションと呼び、それ以下をアパートと呼びます。

 

また、一概に木造だからと言って壁が薄いとは限りません。

壁の薄さはその物件によりけりなので、例えば造りは木造だけど壁にはコルクを使用しているとか石膏ボードを使用しているとかにより防音性に違いが生じてきてしまいます。

つまり壁が薄いかどうかを本当に正確に知るためには設計図を見なければわからないというわけです。

まぁ実際そんなことは不可能なので、物件情報を見たうえで、下見時に壁を叩いたりして確かめてみると失敗のリスクを減らすことができます。

下見時のチェックポイント

レオパレスの物件は壁が薄いということがよく言われていますがあれはなるべくコストを抑えて建設しているためです。

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す