床の防音!ジョイントマットやコルクマットで足音は防げる?おすすめの厚さは何ミリ?


賃貸の防音と聞くと「壁の厚さ」のイメージが強いですが、防音性はそれだけではありません。

例えば足音がやたら響くのは床に問題があるため。

私も築年数のやたら古い鉄筋コンクリートに引っ越したら壁はともかく足音がやたらと響く物件に住んでしまって調べに調べてマットを購入することにしました。

ということで今回は床の防音対策で定番のジョイントマットやコルクマットについて実際効果があるかどうかご紹介していきます。

スポンサードリンク

ジョイントマットとコルクマットって何?

91v3ZS49QsL._SX355_

ジョイントマットというのはパズルのような正方形の形をしたスポンジ素材やEVA素材のマットのことで、パズル型になっているのでつなぎ合わせて床に敷き詰めることができます。

コルクマットというのも正確にはジョイントマットと呼ばれ、一部コルクを使用しているからコルクマットと呼ばれているだけです。

ジョイントマット自体はかなり種類も多く、色も多いので「部屋をオシャレにしたい」という人には持って来いです。

コルクマットは表面がコルク状なのでオシャレさにはかけますがコルクの防音性が高いので「防音性重視」という人はコルクを選ぶ人が多いみたいですね。

少しわかりにくいのでジョイントマットとコルクマットのそれぞれの特徴を比較してみました。

ジョイントマット コルクマット
価格(6畳用) 5,000円~ 7,000円~
素材 EVA素材 EVA素材の上にコルク
色の種類 多い 1種類のみ
防音性 普通 高い
断熱効果 高い 高い
肌触り ペタペタ サラサラ
柔らかさ やわらかい やや硬め

 

EVA素材というワードがやたらと出てきますが、EVAというのは「エチレン-酢酸ビニル共重合樹脂」の略で弾力性があり耐久性が高いのが特徴です。まさに床に敷くのにふさわしい素材です。

比較してみるとジョイントマットよりもコルクマットの方が値段が高いことがわかります。

これはコルクマットがEVA素材+コルクの2層なのに対してジョイントマットはEVA素材のみとなっているため。

また、EVA素材自体は弾力性があるもののコルクマットの場合はその表面はコルクなので比較するとジョイントマットの方が柔らかく感じます。

どちらにもEVA素材が使われているので座り心地は良いです。

防音性目的で使用するなら・・・

 

EVA、コルクともに防音性に優れているのですが、同じ厚さで同じ品質の場合は当然ながらコルクマットの方が防音性は高いです。

これはコルクとEVAという違う材質をつかっているため。

EVA素材は弾力性が高く、吸収力が高く、コルクは弾力性は低いですが衝撃を分散させる働きがあります。

コルクマットはEVA素材とコルクの良さが最大限に活かされており、衝撃をコルクで分散→EVA素材で吸収という働きがあるのです。

ジョイントマットだと基本的にEVA素材のみとなるので吸収しきれない大きな衝撃には耐えられない=コルクマットの方が防音性が高いというわけです。

ただ、これは同じ厚さの場合の話です。

例えばジョイントマットの厚さが12mmでコルクマットが7mmだった場合はジョイントマットの方が防音性には優れています。

厚さが薄いと衝撃を吸収しきれずに床面に伝わり、結果的に防音の役割を果たせなくなります。

あくまで目安ですが、ジョイントマットやコルクマットを敷くなら最低10mm(1センチ)以上のものを購入することをおすすめします。

どちらにするかで迷ったら厚さのある方が防音性が高いというのが結論です。

タンスのゲン 【極厚20mm 大判60cm 木目タイプ】 すべりにくいジョイントマット 32枚 6畳用 抗菌 サイドパーツ ノンホル eva 防音 ぴたっと ウッド ホワイト 31800005 01

新品価格
¥17,900から
(2017/8/19 01:08時点)

ちなみに厚みがあるほど値段も高くなるのでその辺はお財布と相談です。

ジョイントマットやコルクマットを敷くときの注意点

実際に部屋に敷くことになった場合ですが、なるべく床全面に敷き詰めるようにしてください。

床全面をマットで覆うことにより衝撃がより伝わりにくくなります。

ちょっとケチって一部分だけ敷こうとすると十分な効果が得られず、敷いている意味があまり感じられなくなる可能性があります。

床面に沿って設置していき、なるべく家具の下にも敷き詰めていきましょう。

端っこの部分は簡単に切ることが出来るのでそこまでサイズを気にしなくても問題ありません。

スポンサードリンク

どのぐらい効果はあるの?

私の住んでいる物件は鉄筋コンクリートですが、築年数が古いためか床が薄いためか、その場でジャンプすると部屋全体(窓含め)揺れるレベルでした。

普通に歩くだけで家具が揺れるという深刻さで、下手なアパートよりもヒドイ状況。

ということでネットで購入したコルクマットを部屋全体に敷き詰めてみました。

結果的にジャンプしたときの衝撃音を100%吸収することはできないようです。

調べてみたところ軽量衝撃音(物を落とした時などの衝撃)はほぼ防げますが重量衝撃音はあまり防げないとのことです。

とはいえ、以前は歩くだけで揺れていた状況が改善され、ジャンプした時の衝撃音も50~70%ほどは改善したのでかなり快適になりました。

普通に生活していてジャンプすることはないので個人的には満足です。

子供がいる家庭の場合はコルクマットを2層に敷き詰めるというのもありかなぁとは思いました。

もしそれでも気になるようなら厚手のカーペットを敷いたり、ホットカーペット+カーペット等で対策もできます。

最後に

もし床の音で悩んでいる場合は間違いなく購入した方がいいですが、全て敷き詰めようとすると値段もそれなりなのでよく考えてから決めましょう。

ジョイントマットとコルクマットの違いが知りたい場合は100円ショップにも普通に置いてありますので肌触り等を確かめてみると良いでしょう。

ただ100円ショップだとまとめ買いが出来ないので最終的に購入するのはネットが一番楽だと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

タンスのゲン 6畳用 32枚組 ジョイントマット 大判 60cm 床暖房対応 ノンホルムアルデヒド サイドパーツ付き ベージュ×モカ 18700001 MK

新品価格
¥4,980から
(2017/8/18 23:33時点)

タンスのゲン 安心の超低ホル コルクマット 45cm 大粒 6畳 48枚セット サイドパーツ付き 防音 わんぱく AM 000072 00

新品価格
¥6,980から
(2017/8/18 23:34時点)

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す