エアコンのドライと加湿器の違いとは?部屋干し臭を防ぐことはできる?


一人暮らしをしてみると洗濯する時間が取れなかったり、洗濯が面倒になって溜まっていってしまい、やろうと思ったら雨続きで干せなかったりと意外と苦労することも多いです。

え湿度が高いと部屋にカビも生えやすくてあまり良いことはありませんが、そうなると「除湿器って必要なんじゃない?」と思えてきます。

今回はエアコンのドライ機能と除湿器の効果を比較し、おすすめの除湿器についてもご紹介していきますので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

エアコンのドライと除湿器どっちがいいの?

除湿する方法は色々とありますが、雨の日に洗濯物を乾かそうと思う場合は浴室乾燥機がないと部屋干しするしかありません。

エアコンのドライ機能というのも除湿方法のひとつです。

エアコンのドライ機能というのは部屋の空気をいったんエアコン内部に取り込み熱で空気を乾燥させ、その空気を部屋に戻すことで部屋内部の湿度を下げるというメカニズムです。

余った水はホースにより外に排出されます。

部屋が涼しく感じるのは単純に湿度が下がっているだけで温度自体は変わっていません。設定温度を変えられないのも部屋の空気を戻しているだけだからです。

よく冷房とドライの違いがよくわからないという人がいますが、冷房は部屋の温度を下げるのが目的なので多少の除湿はされていますが、完璧な除湿機能はありません。

ちなみに除湿器も基本的にエアコンのドライのメカニズムと一緒ですが、分解された水分は除湿器の中に溜まります。

ある程度溜まったら捨てなければならないというデメリットが発生します。

一番気になる除湿効果の比較についてですが、除湿器がある程度機能の優れた価格の高いものの場合は除湿器の方が上です。安価なものの場合は同等か除湿器の方が効果が低いです。

電気代については若干除湿器の方が安いみたいですが、この辺もエアコン、除湿器の種類次第といったところです。

比較しているサイトを見つけたのでよければ参考にしてみてください。

除湿器の電気代はエアコンより安い?・・・

結局一人暮らしに除湿器は必要なの?

エアコンのドライ機能とそれほど差はないので、代用することは十分可能。

なので部屋自体がそれほど広くなくて、部屋干し時にエアコンのドライで賄えるのであれば除湿器を新たに購入する必要はありません。

部屋が広かったり、もともと日当たりが悪い物件、エアコン自体が古めでドライの効果が十分でない場合は除湿器を購入した方が良いかもしれません。

例えばエアコンのドライ機能と除湿器を併用して使えば電気代は少し上がりますが、効果は単純に2倍以上になるため部屋干しの臭いになる前に洗濯物も乾かすことが可能です。

1日中つけている必要はありませんから電気代もそこまで高くなることはないでしょう。

おすすめの除湿器とは?

除湿器にも色々と種類があり、除湿の仕方が微妙に異なります。

  • ハイブリット
  • デジカント
  • コンプレッサー

デジカントタイプというのは乾燥剤を用いてヒーターにより水分を取り除くメカニズムの除湿器。静音性に優れてヒーターを使用しているので除湿器特有の部屋が寒くなる現象を防いでくれます。完全に冬場向きですが梅雨など夏場には向きません。

コンプレッサータイプはエアコンとほとんど同じ除湿のメカニズムで機能的にはデジカントタイプよりも能力が高いと言われています。ただエアコンはモーターが室外にあるのに対してこちらは室内にあるのでエアコンよりは部屋が涼しくなりません。それとパワータイプなのでその分モーター音が気になります。

ハイブリットタイプはこの2つを併せ持った除湿器で1年中使えて便利と言われています。最近の除湿器はこのハイブリットタイプがほとんどだと思います。唯一のデメリットは価格がかなり高いこと。大体30,000~50,000ほどのものが多いので一人暮らしには少し手が出しにくいかもしれません。

使い勝手や効果を考えると、

ハイブリットタイプ>コンプレッサータイプ>>>デジカントタイプ

こういう順番です。デジカントは使いにくいのでやめた方が良いでしょう。

一人暮らし用にコンパクトサイズのものが売っていますが、コンパクトだとその分除湿機能が十分ではないので辞めた方がいいです。せっかく買うなら効果があるものがいいですからね。

それを踏まえておすすめなのがこちら。

アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 除湿量 5.5L DCE-6515

新品価格
¥12,800から
(2017/8/23 21:33時点)

アイリスオーヤマの水蓄積容量が5.5Lのコンプレッサータイプの除湿器です。1日中つけると約5.5Lの水分が蓄積されます。

電気代は1時間あたり約5円とかなり安く、1日つけても120円ほどです。

操作はいたってシンプルで20%、40%、60%とそれぞれ部屋の湿度の設定をしておくだけであとは自動。目標の湿度に達すると送風に切り替わります。タイマーもあるので出かける時でも問題なく使用できます。

ハイブリットタイプが良いという場合はこちら。

パナソニック 除湿機・除湿乾燥機 ハイブリッド方式除湿乾燥機 シルバー エコナビ ナノイー F-YHKX120-S

新品価格
¥52,500から
(2017/8/23 21:40時点)

さすがにハイブリット式だとかなり値段が高いですが、この除湿器は1日の最大除湿量が12.5L!!

説明欄には「梅雨時でも洗濯物約2㎏相当の衣類を、約43分※2で乾かすことが可能。洗濯物が乾きにくい梅雨時や台風の時期もすばやく乾かすことができる。」

と書いてあり、口コミもかなり高いです。

エアコンのドライ機能とは比べものにならないほど早く洗濯物を乾かすことができます。

まさにスピード重視の除湿器で性能的には全く問題ありませんが、値段が高いのが唯一ネックです。

最後に

除湿器を選ぶときはとにかく除湿機能が優れていないとお話にならないので「1日あたりの除湿能力」を見るようにしてください。

1L以下とかではほぼ意味をなさないので最低でも5L以上は欲しいところです。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す