賃貸物件の退去時に掃除は必要?どこまですればいいの?


賃貸物件の場合、退去時には「ハウスクリーニング代」と称して退去費を支払う必要があります。

以前退去費は掃除をすると安くなるという記事を書きましたが、借主負担の場合と借主負担の場合があるので一概にまんべんなく綺麗にしたところで意味はありません。

また、場合によっては掃除そのものの必要性がないこともあります。

そこで今回は退去時の掃除についてどこまですれば良いのか、そもそも今借りている物件は掃除する必要があるのか参考にしていただけると幸いです。

スポンサードリンク

掃除をすると安くなる場合とならない場合

掃除をすると安くなる場合というのは特約として特に記載がない場合です。

逆に特約に「退去費として30,000円支払う」といった記述があれば固定額を支払うことになるので、特別清掃していなくても問題ありません。

とはいっても必要以上に部屋を汚してしまっている場合や何か破損させたり、床を傷つけまくっているといった状況だとそれ以上の金額を請求されることもあるので注意が必要です。

退去費の中には「定額補修費プラン」という契約もあり、この場合も固定費を支払う必要があるので特別掃除をする必要はありません。

定額補修費プランって何?

どこまで掃除する必要があるの?

部屋にほこりが溜まっている、汚れが付着しているレベルだったら放置しても退去費はそれほど変わらないので細かく掃除をする必要はありません。

ようは目立つ部分だけ清掃、修繕を行えばいいのです。

例えば床の傷なら専用のクレヨンを使って簡単に補修することができますし、そのおかげでフローリング代を払わずに済むこともあります。

わかりやすく、借主負担の部分と貸主負担の部分についてまとめてみました。

【貸主負担】

  • 畳の色落ち
  • クロスの変色(ヤニ汚れ以外)
  • フローリングの色落ち・日焼け
  • カーペットのへこみ
  • 冷蔵庫設置によるへこみ・電気焼け
  • 壁などに取り付けた画鋲跡
  • タバコ以外の臭い

【借主(こちら)負担】

  • 床の傷
  • 柱などの傷
  • 浴槽やシンクの水垢
  • クロスのヤニ汚れ
  • 壁などに取り付けたくぎ跡

この辺は借主負担対象です。

これは国土交通省が定めた原状回復のガイドラインに書いてあることです。

簡単に言えば「故意による損傷や手入れを怠った結果の汚れ」はこちらが負担しなければなりませんが「絶対に住んでいたら起こり得る損傷や汚れ」というのは貸主が負担するようにわかれています。

この中でも

  • 床の傷
  • クロスのヤニ汚れ
  • 浴槽やシンクの水垢

この3つは退去前でも十分改善する余地があり、掃除をすることで退去費が安くなります。

一見取るのが難しいように思えますが、意外と生活用品を使って安価で修繕、掃除が可能なのでやっておいて損はないでしょう。

スポンサードリンク

掃除をしている人は少ない?

これは私が実際に内見を行ってみてわかったことですが、意外と部屋の掃除を退去時にする人って少ないです。

内見は通常クリーニング後の物件を見ることになりますが、退去してすぐだったり、稀に入居者が決まってからハウスクリーニングを行う物件もあります。

それらの物件を何件も見ましたが、ほぼ100%クリーニング前は部屋がかなり汚いです。

ホコリはもちろんのこと、浴槽はカビだらけだったり、シンク周りは水垢やサビでひどい有様の物件が非常に多いです。

もちろん退去してから相当の時間が経っていれば多少は汚れてきますが、異常に汚れているのはとりあえず荷物を新居に運んで掃除を全くしていない証拠です。

例え定額補修費プランでも相当汚れていると額以上に請求されることもあるのでやはり退去時は掃除をしておくべきでしょうね。

入居時に汚れを見つけたら

賃貸物件には原状回復の義務があるので当然入居時には綺麗な状態で次の人に貸さなければなりません。

にも関わらずシンクや風呂場がカビだらけだったり水垢が落ち切っていなかったらすぐに管理会社に報告するようにしましょう。

綺麗な状態で部屋を借りたいのはもちろんのこと、これを言わずにおくと退去時に自分が汚したことになり、必要以上に退去費を請求されることもあります。

管理会社も余計なトラブルを起こしたくないので入居時すぐなら対応してくれることが多いのでぜひ連絡してみてください。

最後に

取りあえず借主負担となる汚れや破損は出来る限り改善していくということを覚えておいてください。

相当ひどい傷や汚れがない場合は掃除しても費用はあまり変わらないですし、手間なのでやらなくていいです。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す