一人暮らしに浴槽は必要なし?シャワーのみの部屋って実際不便なの?


一人暮らしの場合、お風呂に入った時に毎回浴槽を溜めるという人は少ないと思います。

ただ、シャワーのみで浴槽がない物件ってなんとなく避けてしまいがち。

そこでシャワーのみ物件が実際に不便かどうか私の一人暮らし経験と実際に住んでいる人の意見等を集めてみました!

スポンサードリンク

一人暮らしはどのぐらい浴槽に浸かる?

一人暮らしの経験のある人ならわかると思いますが、一人暮らしをしていると実家暮らしとは違い浴槽に浸かるということは滅多にありません。

私は浴槽に浸かるのが好きですがそれでも3ヶ月に1回気分で~という感じです。

浴槽があるにも関わらず一度も溜めたことがないという方も多いと思います。

では、なぜ一人暮らしだと浴槽に浸からないのかいくつか理由があります。

  1. ガス代・水道代が気になる
  2. わざわざ溜めるのを待つのが面倒
  3. 溜める前や後に洗うのが面倒
  4. 時間がない

一人暮らしで一番気になるのはお金がかかることです。

お湯をためると一回あたりいくらかかるのか」でも書きましたが、頻繁にお湯をためていればそれだけガス代や水道代も高くなります。

まぁ、実際お湯をためない一番の理由は面倒だからというのが一般的な理由でしょうね。

「お風呂はいるか~」となって、わざわざ浴槽を掃除してお湯をためるまで待ってから入るってのは正直いって時間の無駄ですし、それならパパッとシャワー浴びればいいやと思ってしまいます。

追い炊き機能やお湯はり機能がある物件なら手間も省けていいですが、新築物件やちょっと家賃高めの物件でないとそういった機能はありませんからね。

シャワーのみ物件は不便?

部屋探しをした人ならわかると思いますが、物件の中には浴槽がついておらずシャワールームしかないものがあります。

実はこういった物件のほとんどは元々がユニットバスで、風呂トイレを別にするためにリフォームされているもの。

その際に広さが足りないので浴槽部分を撤廃してシャワールームにしているのです。

そのため家賃帯も普通の風呂トイレ物件より安く、ユニットバス物件と同レベルの安さになっているのがメリットの一つです。

単身のころ浴槽がある浴室でもシャワーのみで過ごしてましたのでシャワーオンリーで不便はありません。湯につかりたくなったら 銭湯や温泉へGOで充分。

参照元:知恵袋

追い焚きができない風呂釜は使うことは年に数回で、毎日湯船の湯落としすれば水道代やガス代が高くつくので使いません。
むしろ風呂とトイレが別室かどうかの方が重要事項になると思いますし、中途半端なユニットの湯船なら、シャワー専用のバスルームの方が使い勝手はいいと思います。

参照元:知恵袋

実際シャワーのみ物件に住んだことのある人も総じて「浴槽は必要ない」「シャワーだけで十分」という意見です。

スポンサードリンク

【結論】シャワーのみ物件は狙い目

一人暮らしの場合は浴槽があっても追い炊き機能、お湯はり機能がないのなら浴槽に浸かることはほとんどないのでシャワーのみの物件でも機能的には十分です。

にも関わらず、なんとなく浴槽があった方が良いと思う人が多いので人気は落ちますし、その結果家賃も普通の物件よりも安い。

つまりこれっていわゆる穴場物件ってことにになります。

どうしても浴槽に浸かりたい時は銭湯に行ったり温泉に行ったりすればいいだけの話なので浴槽付きにこだわることはないと思います。

一人暮らしのお風呂って基本狭いのでお湯をためたところで窮屈ですし、それもお湯をためない理由の一つなのかも。

シャワーのみ物件を探す方法

家賃を抑えるためにシャワーのみ物件を探す方法についてですが、不動産のサイトによっては特集ページもあるようです。

ただ、仲介業者は取扱物件数自体が少ないのでその中で探すとなると立地やその他の条件が合う可能性が低いです。

最も効率的なのはイエプラ等のサービスでスタッフにシャワーのみ物件を探してもらう方法。

イエプラというのは少し前にFacebookで話題になっていましたが、チャット上で専門スタッフに部屋を探してもらうもの。全て無料で使えるのでおすすめ。チャット上なので通常検索カテゴリーにないものも伝えることができるのが便利です。

↓こんな感じ

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

イエプラのホームページへ

スーモやホームズは確かに物件数が多いのですがシャワーのみ物件の検索ができないので効率的ではないですね。

不動産に直接行って探してもらってもやはり取扱物件数が少ないのがネックです。

参考までにどうぞ。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す