賃貸物件の審査はどの程度の年収や貯金が必要?不動産屋に聞いてみた結果


部屋を借りる場合にはしっかりと家賃が払えるかどうかを確認するために必ず審査があります。

いくらその物件に住みたいと思ってもこの審査を通過しないと部屋を借りることはできません。

では、賃貸物件の審査というのはどの程度の年収や貯金があれば通過できるのかご紹介していきます。

スポンサードリンク

物件や不動産によって審査基準は異なる

そもそも物件を取り扱っている不動産、管理している管理会社、ひいては大家によって審査基準は大きく異なります。

もっと言えば、例えば家賃5万円のところと50万円のところでは必要な年収というのは当然変わるのであくまで目安としてご紹介していきます。

一般的には家賃は収入の3分の1から4分の1程度と言われているのでこれを基準に当てはめると以下のような適正家賃となります。

家賃 適正収入(月収)
5万円 150,000~200,000円
6万円 180,000~240,000円
7万円 210,000~280,000円
8万円 240,000~320,000円
9万円 270,000~360,000円
10万円 300,000~400,000円

あくまでこれは家賃の適正目安であり審査基準とは異なりますが、普通にこのぐらいの年収があれば審査が落ちるなんてことはないと思って問題ありません。

多少無理のある家賃でもその物件が人気のない場合は審査は簡単に通るでしょうし、かなりの人気物件の場合ははじかれる場合もあります。

貯金はいくら必要?

今現在正社員であるなら初期費用さえ持っておけば貯金はなくても審査にほとんど影響はありません。

私は無職時代に部屋を借りた経験があり、その当時に実際に不動産店舗で店長等に話を聞いたところ、これも不動産によって異なることがわかりました。

例えばエイブルの場合は家賃×10ヶ月分の貯金があれば物件の8割方の審査は通るとのこと。

家賃が5万円なら貯金は50万円、10万なら100万円ほどの貯金を借りる時に持っていれば審査は通るというわけです。

残り2割の物件は審査ではじかれる可能性があるということでした。

一方、大東建託の場合は無職で必要な貯金額は300万円です。

この金額は家賃が上下関係なく固定で決まっています。

部屋が取りあえず借りたいという人がそんな高い家賃のところに住もうとは思わないでしょうけど、300万円と聞くと審査基準が厳しいように感じてしまいますね。

逆に言えばこの額を持っていればどの物件でも借りられるということになります。

他のサイト等を調べてみると、家賃の24ヶ月分(2年分)+初期費用ということがよく言われていますが、これは流石に大げさではないかというのが私の見解です。

無職が入居審査を通す7つのテクニック

収入も貯金も低くても部屋を借りる方法

大した収入もなくて貯金もほとんどない場合にどうしても部屋を借りたいという人は連帯保証人を付けるのが最も手っ取り早いです。

連帯保証人は家賃が払えなかった時に代わりに支払いを請求する先となります。

通常は自分の両親を連帯保証人とする場合が多いですね。

連帯保証人の年収がしっかりしていれば問題なく審査は通るというわけです。学生が部屋を借りられる理由は連帯保証人を付けているためです。

もう一つ、連帯保証人と役割が同じである保証会社がありますが、保証会社というのは借りた本人が家賃を払えない場合に代わりに払ってくれますが後日本人に請求が必ずいきます。

つまり、本人自身の収入がないといけないので保証会社の審査が入り、無職の場合ははじかれてしまいます。

スポンサードリンク

連帯保証人もいない場合

誰にも頼ることができない状況でたいした収入も貯金もないという場合にどうしても部屋を借りたいのであれば「シェアハウス」という選択肢があります。

シェアハウスでは審査と呼べる審査はなく、初期費用もかからないのが基本となりますので貯金がなくても問題ありません。

一時的にお金が溜まるまでシェアハウスを借りるという人もいるぐらいなので最終手段として検討してみてください。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す