イエプラやイエッティなどのお部屋探されサイトをより効率的に利用するには


イエプラやイエッティなどいわゆる”お部屋探されサービス”って最近メディアでよく見かけるようになりましたが、結局こういったサービスも利用者側の使い方次第で良し悪しは変わります。

上手く使いこなすことが出来ればより効率的に部屋探しが出来ますし、逆に使い方がいまいち分からず登録だけしてそのままという人も多いと思います。

もちろん部屋を決めるのが大前提ですので需要があるかどうかはわかりませんが、今回は「こんな使い方もできるよ」ってことを紹介していきます。

スポンサードリンク

お部屋探されサイトの仕組みやメリットを簡単に解説

以前、イエプラやイエッティのメリットデメリットについては別ページでまとめましたが、お部屋探されサービスはその名の通り自分で探す手間がかからずに条件に合う物件を探すことが出来るのが魅力の一つです。

通常ネットで自分で探すとなると毎日色んな不動産サイトを使って条件に合う物件を探すことになりますが、イエプラやイエッティの場合は条件をチャットで細かく伝えられる上に新着物件が出るたびに教えてくれます。

ネットで探すとリアル情報とのラグがあるのでせっかく良い物件を見つけてもすでに埋まっていることがよくあります。

こういったことを解消し、不動産店舗に行ったときと同じ早さで最新情報を入手できるのがかなり魅力的です。

デメリットを挙げるとすれば、事前に登録が必要なので若干面倒ということぐらいですね。

ネットで条件を入力するところまでは普通の部屋探しサイトと同じです。その後にヒットした物件を自分で精査する手間を担ってくれるので条件に当てはまっていない物件情報を見なくて済むのも意外と使える点です。

どう使うのが効率的?

1.空き室確認目的

なんだかんだで自分で部屋を探した方が性に合っているという人もいると思います。実際私も自力で探すのが好きなタイプです。

そういう場合は自分で探した物件のURLをイエプラやイエッティのチャット上に送り空き室確認目的で利用するのです。

例えばスーモやホームズ等で良い物件を見つけたとして問い合せすると物件ごとに管理している仲介業者や店舗が異なるため、そのたびにメールアドレスの登録が必要になります。

スーモの問い合わせ

そうなるとそのメールアドレスは不動産側からの営業メールで埋まってしまうという現象が起こります。

また、不動産側はお客を逃がしたくないので空き室でなくても「現在空き室です!当店までお越しください」と行って不動産に足を運ばせて、実際に行ってみると「ちょうど今日埋まってしまったんですよー」と言われることが結構あります。

いわゆるおとり物件というやつですが、本当に埋まったのかそれとも最初から埋まっていたのかこちらでは判断することは出来ないのがムカつくところです。

ネットで部屋探しをしたらおとり物件ばかりだった話

こういう面倒事に巻き込まれないようにできるのも便利なところ。

2.家賃などの交渉目的

物件のほとんどは家賃交渉が可能と言われていますが、実際営業マンに面と向かって交渉をするのは苦手という人も多いと思います。

イエプラやイエッティは基本チャットでのやり取りのみとなるので家賃交渉もチャットで伝えることが可能というわけです。

「この物件いいと思うんですけど、少し家賃安くなりませんかね?」と交渉を持ちかけてみましょう。

ちなみに交渉できるのは家賃以外にも、礼金や部屋の設備なども交渉可能なので積極的に交渉してみましょう。

部屋を借りる時に交渉できる5つの項目

3.営業を避ける目的

一度でも一人暮らしをしたことがある方ならわかると思いますが、不動産業界はかなり営業がしつこいです。

例えば不動産店舗に行ったら条件に合う物件が見つからなくても巧みな話術でその場で物件を決めるように誘導してきますし、帰ろうとすれば次に来れる日程をその場で決めようとしてきます。

また、先ほども言ったようにメールアドレスを書いてしまうと営業メールが定期的に来ることになりますし、電話番号を知られれば直接電話してくることもあります。

私は過去に部屋探しする目的で何店舗もめぐったことがありますが、まぁ営業メールや電話はかなり多くて悲惨な目に合いました。

イエプラやイエッティに登録したからと言って営業メールが来ることはありませんから、こういう煩わしさを避ける目的で利用するというのもありだと思います。

余談ですがチャット上でたまに「良さそうな物件がありましたら一度内見してみましょう」とたまーに来ることはあります。

利用したからと言って必ず契約する必要はない

お部屋探されサービスを利用したからといって必ず内見したり契約する必要はありません。

上記に挙げたような目的のために利用するのはありですし、興味が湧いたら内見しようぐらいな気持ちで良いと思います。

ちなみにチャットと言ってもずっとやり取りをする必要はなく、面倒だったらスタッフからのチャットを無視しても何ら問題ありません。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

個人的にこういったサービスは不動産に行かずに最新の物件情報を知ることが出来るので、掘り出し物件目的で利用しています。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す