同棲や自営業者必見!賃貸物件の名義変更を住んでいる途中で行うことは可能?


友人とのルームシェアだったり同棲だったりで最初に契約した人から名義を変更したくなった場合でもそのままの名義で住んでしまっている人もいるかと思います。

ただ、自営業等途中でどうしても名義変更がしたくなった場合出来るのか気になる方もいると思うので解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

基本的に名義の変更は不可?

一人暮らし用の物件と二人入居可物件では少々事情が異なりますが、結論から言えば基本的に契約者の名義変更はできない場合が多いです。

確かにこちらから見ればただの名義変更かもしれませんが、大家側から見れば名義が変わる=新しい入居者と契約することになります。

となれば契約するにあたって新しい入居者の審査、保証会社、火災保険等の名義の変更も必要となってくるので事務手数料を取られたりして結局引っ越すのとコストがあまり変わらないということになってしまいます。

「基本的に」というのは不動産や大家の方針によってまちまちなので、100%名義の変更ができないということではありません。

ある不動産では再契約に当たって通常の初期費用程度かかるところもあれば、名義変更だけなら料金は取らないということもあります。

元不動産の営業マンです。
名義変更などの料金は不動産によって変わると思います。
僕の働いていた会社は料金は掛かりませんでした。

参照元:教えて!goo

この辺は実際に管理会社等に連絡して聞いてみないことには判断が難しい部分です。

二人入居可物件なら名義の変更ができる?

一人暮らし用の物件は契約者は一人なので名義の変更等が難しいことが多いですが、最初から2人入居可物件なら名義の変更はしやすいです。

最初から2人で住んでいて契約者と同居人の名前が不動産側に伝わっていれば「同居人の方を契約者として名義変更したい」と言えば事務手数料、かかっても家賃1ヶ月分程度で変更が可能です。

また、最初は1人で住んでいて、「恋人と同棲したい」という事情からの名義変更は手順を踏めばスムーズにいくと思います。

ただ、これも不動産によっては再契約扱いとなるため新たに敷金や礼金、仲介手数料、事務手数料、火災保険料、保証会社を利用していれば保証会社利用料が発生する場合があります。

保証会社に関しては名義変更でしっかりと審査が入る可能性があるのでちょっと面倒かもしれません。

いきなり名義変更するのが不安という場合は最初に一緒に住む人を「同居人」という形で契約させます。

契約といっても簡単な審査があるだけで、名義の追加を行うぐらいなのでそこまで手間もかかりませんし、断られるということはほぼないと考えて良いでしょう。例え同居人がフリーター等でも審査は簡単に通ります。

その後、同居人を契約者とすればいいだけです。

この形であれば再契約とはみなされないので事務手数料、保証会社利用料だけで済むのでオトクです。

一人暮らしで後から同居人が増えるのはあり?

スポンサードリンク

名義変更する際に確認して欲しいこと

単純に契約者の名義の変更と考えると簡単なことのように思えますが、名義変更するとなると現在契約している全ての名義を変える必要が出てきます。

  • 賃貸契約者
  • 火災保険名義
  • 保証会社利用者名義
  • 電気
  • ガス
  • 水道

意外と忘れがちなのが電気ガス水道の光熱費部分ですね。

こちらも名義の変更をしなければならないのでいちいち電話して変更の旨を伝える必要があります。

振り込みならそのままの名義でもなんら問題ありませんが、自営業者が経費扱いにしたいという場合や口座引き落としにしたい場合は名義と引き落とし口座が異なるとダメなので注意が必要です。

最後の

名義の変更は大抵少なからずお金がかかります。

事務手数料等の安い料金で済ませてくれる不動産もあれば、初期費用とまではいかずとも敷金礼金を請求してくることもあります。

この辺はやはり不動産次第なので名義変更を実際にするかどうかはともかく、一度電話等で確認してみるのがベストです。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す