同棲する際の適切な家賃の目安はいくら?別れた後のことも考えるべし


お互いお金を出し合って同棲をする場合、一人暮らしの時よりも広くて良い物件に住めることは間違いありませんが、だからといって一人暮らしの時の2倍が適正家賃とは限りません。

同棲のメリットをしっかりと理解し、もしものリスクを考えて部屋を借りないと悲惨なことになる場合もあるので注意しましょう。

では早速同棲する際の適正家賃について、同棲のメリットやリスクとともに解説していきます。

スポンサードリンク

同棲のメリットとリスクとは

同棲することで恋人と一緒にいる時間が長くなることはもちろんのこと、それ以外にも大きなメリットがあります。

まず一つは一人暮らしの時よりも好条件の物件に住めるということです。

家賃を一人で負担するなら話は別ですが、折半する場合は単純に一人あたりの負担が減ります。

1LDKや2DKの物件は1Kよりも数万円高いですが倍の値段がかかるわけではないですからね。

もう一つは貯金がしやすい環境になること。

一人の時よりも家賃、光熱費、食費、雑費等の負担が軽くなるのでだいぶ楽になります。

だから単純に一人暮らしの時の2倍の家賃に住もうというのは間違いというわけです。

リスクについては冒頭でも挙げましたが、別れた時のことも考える必要が出てきます。

もし仮に別れてしまって恋人が出て行った時に果たしてその物件の家賃を自分で全額負担して生活を維持することが出来るか考えなければなりません。

それが無理という場合は引っ越す他選択肢がありませんが、引っ越すにしても引っ越し代や初期費用がまたかかってしまうのでどちらにしてもある程度の貯蓄はしておかないといけないということですね。

同棲は余裕のある家賃帯の物件を選び、もしもの時にそなえて貯金しておくべきです。

同棲の適正家賃はいくら?

「家賃は収入の3分の1」と昔はよく言われていましたが、今の時代には合いませんし、同棲する場合はまた別です。

結論から言うと二人の手取り収入のおよそ5分の1から4分の1程度が理想です。

例えば2人の手取りが20万円なら8万円~高くても10万円程度でそれ以上は背伸びし過ぎです。

実際に私が同棲していた時の内訳を例にしていきます。

  • 家賃:80,000円
  • 光熱費:15,000円前後
  • ネット代:4,000円
  • 食費+雑費:30,000円
  • 合計・・・129,000円(1人あたり月65,000円前後)

これに携帯代や交際費などを含めて多い月でも大体100,000円ほどなので、仮に手取りが20万円の人だと月10万円ほどは貯金できる計算になります。

もちろん夏場と冬場で光熱費は変動しますし、私の場合はかなり食費を抑えていたほうなので実際はもう少しかかる方もいると思いますが貯金するにはかなり余裕のある生活でした。

もし仮に手取り20万円のカップルが家賃を収入の3分の1に設定すると13万円ほど。

となると貯金できても毎月5万円程度です。まぁこの状態が維持できればの話ですが。

何かのきっかけで恋人が急に出て行ってしまったり、病気等で働けなくなった場合はこの家賃がすべてあなたにのしかかると考えるとかなり厳しくなります。

3分の1の設定では赤字ですし、4分の1でもぎりぎりと言ったところ。

同棲には必ずリスクがあることを考えておくべきです。

スポンサードリンク

都内周辺だと同棲でも厳しい?

カップルの手取り収入がどのぐらいかによって適正家賃は変わりますが、仮に先ほどの手取り20万円で計算した場合の適正家賃(8~10万円)だと都内に住むのは少し厳しいかもしれません。

家賃相場 山の手

参考:https://www.homes.co.jp/chintai/tokyo/yamanote-line/price/

ホームズの家賃相場で調べてみた結果の一部です。

山手線周りとかはかなり家賃相場が高いので条件をだいぶ妥協しないといけません。

かといってカップルでワンルームや1Kというのは相当相性が良くない限り必ずケンカすることになりますし、別れるきっかけにもなるのでやめておいた方が良いです。

適正家賃を考えて物件を決めるか、それとも少し無理をしてでも別れない前提で部屋を借りるかは慎重に考えてください。

条件に合った物件を見つけるには

物件の探し方は直接店舗に行って営業マンに条件を伝えて探してもらうパターンと自分でネットで探す2通りあります。

もし好条件の物件を探したいのであれば直接店舗に行って探してもらうのはだけはやめておきましょう。

店舗に直接行くとその不動産が扱っている物件しかないので取扱物件数が少なく、効率も悪いです。

最初はネットでとりあえず検索して問い合せをした方がまだ効率的です。

最も効率的なのは以前Facebookで話題になったイエプラ等のサービスを利用して物件を探してもらう方法です。

イエプラというのはチャットで専門のスタッフに条件を伝えたら後は自動的に部屋を探してもらうことができるのですが、取扱物件数が多くて新着物件をすぐに紹介してくれるのがめちゃくちゃありがたいです。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

ネットで自分で探すとどうしてもおとり物件だったり、リアルタイムとのラグがあるので問い合わせてもすでに埋まっているなんてことがあるのがネックです。

こういう無料で利用できるサービスはどんどん使った方がオトクです。

イエプラのホームページへ

参考までにどうぞ。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す