一人暮らしの部屋の退去の準備はいつからすべき?片付けが予定通り進まない理由とは


人それぞれと言われればそれまでですが、一人暮らしをしていた人が退去するためにはそれなりに時間がかかるので、のほほんとしているとあっという間に退去日になって焦る羽目になります。

今回は退去の準備ってどんなことをすればいいのか私の経験を元にその準備期間やちょっとしたアドバイスをしていきたいと思います。

初めてアパートを引き払う際にお役立ていただけると幸いです。

スポンサードリンク

部屋を引き払うまでにすべきこと

退去といっても色々すべきことがあるので、まずはその全容をなんとなく把握しておきましょう。

  1. 管理会社に退去の連絡(1ヶ月前ぐらい)
  2. 電気・ガス・水道会社に連絡
  3. ネット等の解約
  4. 部屋の片づけ
  5. ガスの立ち合い(プロパンガス限定)
  6. 退去日に立ち合い(部屋によってある場合とない場合がある)

流れとしてはこんな感じです。

まず、退去の連絡に関しては最低でも退去する日の1ヶ月前以上に連絡をしておく必要があります。

これは賃貸借契約書にも記載されているので引っ越すのが確実なら早めに連絡しておいた方が良いでしょう。

一人暮らしの退去の連絡のタイミングはいつ?

一人暮らしって光熱費系に関してよくわからないことが多いですが、管理人への連絡とは別にそれぞれ個別で「退去するので○○日で解約します」と連絡する必要があります。これは大抵退去の2週間前まででOKですが日付が決まっているなら管理会社への連絡と同時に行って問題ありません。

余談ですが電気会社は込み合っていてなかなか電話がつながらないことも。

忘れがちなものにはネットの解約も含まれているので覚えておきましょう。引っ越し先でも同じプロバイダを利用できることがあるのでその辺は連絡して聞いてみましょう。

で、部屋を片付けて退去日、もしくは退去日の少し前に部屋の傷等を確かめる立ち合いがあります。これによって退去費用の見積もりを出してくれます。

フローリングのやへこみの修繕費用はいくらかかる?

なんとなく退去の流れはご理解いただけたでしょうか?

連絡は電話一本ですぐ済むのでまだいいですが、問題は部屋の片づけですね。余裕ぶっているとほんとに時間がなくて焦ります。

部屋の片づけは何日前からすべき?

荷物の量によっても変わりますし一概に言えることではありませんが、私のこれまでの経験をもとに言えば最低でも2週間前から取り掛かるようにしましょう。

急な予定が入って片付けが思い通りにいかない場合もありますし、予定よりも時間がかかる場合が多いので余裕を持って片付けをしないと本当に時間がなくなります。

片付けるためにまず段ボールを手に入れて(段ボールはどこでもらえるの?)、退去日まで使わないものを詰め込んでいったりする作業はもちろん、大変なのが大型家電や家具系。

引っ越し先で使わないような家具や家電は捨てるか売るかするしかありません。今ではリサイクルショップが出張買取をしてくれますが、引っ越しシーズン(1月~3月)だとリサイクル業者もかなり忙しいみたいで予約が取れないことがあります。

意外と手間がかかるので早めにレンタカーなり自転車なりで最寄りのリサイクルショップに持って行って売るか処分しておきましょう。

ちなみにこういった中古品はメルカリやジモティ、ヤフオク等のネットの方が高く売ることができますが、売れるかどうかが分からないので現実的には厳しいかなと思います。

退去日まで売れなくて困ることになる可能性があるので。この辺も経験済みです。

本気でネットで売りたいなら半年前ぐらいからやらないと厳しいような気がします。

スポンサードリンク

部屋の片づけが思うように進まない理由

部屋の片づけをやろうと思ってもなかなか片付かないのには理由があります。

退去日が分かっていても、前日ギリギリまで使うものとそうでないものを分ける必要があり、自分にとって何が必要なのか考えたり逆算して片づけなければならないので通常の片づけよりも圧倒的に時間がかかってしまうのです。

例えばドライヤーとか布団、洋服って退去日ギリギリまで使う可能性があるので片付けられない、みたいな感じです。

仕方のないことですが、着る服はある程度すでに決めてしまって他は片づける、といった風に出来る限り最終日の手間を省いておかないと慌ただしい引っ越しになるので注意しましょう。

それと私はいつも引っ越し業者に頼まずに自力で荷物運びをするタイプですが、正直あまりおすすめしません。

金銭的に余裕がある方は引っ越し業者にお願いした方がいいかなと思います。自力でやるにしても友人等に頼まないとかなりキツイです。

一人暮らしの引っ越しで一番安い業者はどこ?

以上、少しでも参考になれば幸いです。

一人暮らしに役立つ知識

スポンサードリンク

トップページへ

コメントを残す