賃貸物件の内見時の注意点や絶対に見るべき15のチェックポイント


部屋を借りる時は必ずといっていいほど内見しますが、実際内見に行ってみるとどこをチェックするべきなのかわからず、全体の雰囲気を確かめるだけで終わってしまうことがよくあります。

私もこれまで何十件も内見してきましたが、見るべき個所というのはたいてい決まっています。

そこで今回は内見時のチェック項目について簡潔にまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

内見の基本

内見時に何を持っていけば良いのか、どうやって物件まで行くのかなど不安になる方もいると思いますが、基本的に準備しなくても問題ありません。

内見に行く場合、不動産側が車を出してくれるか、もしくは現地集合の2択で、たいていは前者です。

持ち物はスマホあれば十分です。必要な人はメジャーがあると捗ります。

賃貸物件の内見時に持っていくべきものとは?

では具体的なチェック項目についてご紹介していきます。

内見時にチェックすべき項目

何も考えずに内見をしてしまうと、見るべき場所が分からずあまり意味がなくなってしまいます。ただ、条件に完璧な物件というのもほぼ存在しないので内見してどこまで妥協できるかが重要となってきます。

わからない部分があれば営業マンに直接聞いても問題ありません。また、スマホで写真を撮ることは基本的にOKなので、バンバンとっておきましょう。

チェック1.日当たり

日当たりは間取りや写真だけでは判断できない上に、生活する上でかなり重要なので内見時にチェックしておきましょう。

ただ、内見の時間が夜になってしまうと残念ながら確認のしようがありません。

もし、昼の内見ができない場合は別の日に再度物件近くに行ってみてその物件の日当たりを外からチェックしましょう。

日当たりの良い部屋と悪い部屋の実際の住み心地の違い

チェック2.収納の大きさ

具体的には「クローゼット」「キッチン」の収納です。

【収納あり】と書いていても大きさまではわかりませんし、写真ではどのぐらいの大きさかわかりずらいのでぜひ見ておくべきです。場合によってはメジャーを持っていって測っても良いと思います。

収納場所は少なくて引っ越したいと思う人は多いので、意外と一人暮らしには重要です。

チェック3.コンセントの数や位置

コンセントはどの部屋にもついていますが、位置によって家具を置ける場所が決まってきますし、少ないよりは多い方が使い勝手が良いので念のためチェックしてみてください。

コンセントが少なくてもたこ足配線をすればいいだけの話ですが、そうすると部屋が配線だらけになるのでごちゃごちゃした部屋になってしまいます。

ついでにテレビチューナーやWIFIの設置位置等も確認しておきましょう。

チェック4.靴箱

物件によっては靴箱自体がないという部屋もありますが、靴箱がないと玄関部分が汚くなります。

また、仮に靴箱があってもどのぐらい入るのかはチェックしておきましょう。

過去に私が住んだ物件で、靴箱はあるのにいざ靴を入れてみると上手く閉まらないというなんとも欠陥な造りになっていたことがあります。

入居後に知っても文句は言えませんので、内見時に自分の靴を入れてみるなりして確認しておくと良いでしょう。

チェック5.カビや汚れ

賃貸物件は貸す時に綺麗な状態にしなければならないというルールがありますが、意外と汚れている部屋って多いです。

よく確認せずに入居してしまうと退去時にその汚れや傷に対してクリーニング代を請求される可能性があるので注意してください。

また、日当たりが一見良い部屋に見えてもカビが生えていることもあるのでクローゼットの中とか洗面台付近は確認するようにしましょう。

ちなみに汚れを見つけた場合は写真を撮るなりして保存しておく(日付がわかるもの)と退去時に役立ちます。

チェック6.キッチンの広さ

これは写真があれば一発でわかりますが、まな板がおけないレベルの部屋は一人暮らし用の物件で多く存在します。

確かに賃料も安くて、自炊しない人ならいいですが少しでも自炊しようと思っている人はキッチンが狭いとやる気がなくなるので気にするべき部分の一つです。

狭いキッチンのまな板の置き場所や便利グッズまとめ

チェック7.雨戸があるかどうか

雨戸自体が付いていない物件って多いですが、雨戸があると冬の部屋の暖かさが段違いです。

あったらいいな程度で確認しておくと良いでしょう。部屋の写真で雨戸の有無は確認できませんからね。

雨戸やシャッターは必要?

チェック8.電波の強弱

その物件、というかその場所がどのぐらいの電波なのかスマホを見れば一発でわかります。

電波が弱いと色々と生活しずらいのでこれもチェックしておくべき項目の一つ。

あまりにも電波が入らないような部屋は避けるべきです。

普段からネットを使うような人は特に気を付けましょう。

チェック9.外からの騒音

その物件の民度にもよりますし、内見時に住人が部屋にいるとは限らないのでどのぐらい隣人がうるさいのかは確認しようがありません。

騒音は内部だけではなく外からの騒音も生活に影響を与えます。

例えばその物件が大通りに面している場合、交通量によって騒音が耐えられるレベルか判断できます。

交通量に関してはGoogle Mapでも確認することができるので念のためチェックしておきましょう。

車の騒音が気になる賃貸物件の防音対策方法とは?

チェック10.照明が備え付けかどうか

物件の照明に関しては備え付けの場合と、新たに自分で購入する必要がある場合がありますが結構見落としがちな部分なのでぜひチェックしてみてください。

部屋に何もついていないようであれば自分で購入してください。最初からついている場合はそのままその照明を使うことができます。

ちなみに照明の値段は5,000円~です。

一人暮らしで天井に照明器具がついていない方へ!

チェック11.ドアなどの建て付け

物件よっては綺麗に見えても収納やドア、窓の建て付けが悪い状態になっている可能性があるのでチェックしてみましょう。

私が以前借りた物件はキッチンの収納部の建て付けが悪く、入居後に判明したので自力で直しました。

入居前であれば貸す側は入居して欲しいので言えば直してくれることが多いですが、入居後だと対応してくれないこともあるので注意しましょう。

チェック12.ポスト

ポストを見ることで住んでいる住民の民度を知ることができます。

チラシや広告がたまりにたまっていて汚いようであれば、住んでいる住民の生活がだらしないと言えるので夜に騒いだりする可能性があります。

また、ポストが雨風に晒されるような位置にあると雨の日に郵便物がよれよれになってしまうので注意しましょう。

チェック13.ゴミ捨て場

どこにゴミを捨てるのかということも見ておきたい部分ではありますが、これもポストと同じように民度を知ることができます。

ゴミ捨て場が荒れている場合は管理会社がしっかりと管理していない可能性もあるので、トラブル時に対応してくれない可能性が出てきます。

ちなみにゴミを捨てるのって日にちを考えないといけなくて面倒なので、出来れば24時間捨てられるような物件が好ましいですね。

チェック14.ベランダスペース

ベランダがどのぐらいの広さなのか、1階の場合は隣りとの仕切りがあるかどうかはチェックしておきましょう。

また、物干し竿の位置も物件によって違いがあるので見ておくと良いでしょう。

ちなみに物干し竿は備え付けられていない物件が多く、自分で購入する必要があるので覚えておきましょう。

ベランダやバルコニーがない部屋は要注意?

チェック15.壁や床の防音性

その物件がどの程度の壁の厚さかをチェックするためには壁を「コンコン」と叩いてみるのが手っ取り早いです。

空洞があり、音が壁全体に伝わるようなら防音性が低いので隣人の生活音が聞こえてくる可能性があります。

一般的に防音性の高さは【鉄筋コンクリートマンション】>>>【鉄骨マンション】>【軽量鉄骨アパート】>【木造アパート】の順ですが、壁の厚さは一概に構造だけでは図れない部分なのでチェックしておきましょう。

床はその場でジャンプしてみるとわかりやすいです。響きやすい床なら振動音が床面全体に伝わります。私が住んでいたマンションはジャンプすると窓が揺れるレベルでした。できればこういった物件は避けるべきです。

一人暮らしの部屋探しに役立つ壁の厚さランキング

効率的な部屋の探し方

条件に合う物件というのはなかなか探すのが難しく、最終的に何かを妥協することになります。

もし物件を探すのであればまずはスーモホームズで自分で検索することをおすすめします。

最初から店舗に行っても取扱物件数がネットよりも少ないですし、不動産側にとって利益率の高い物件を優先して進めてくるので条件に合う物件を見つけるは難しいです。

関東や関西で一人暮らしする場合はイエプラなどのお部屋探されサイトがおすすめです。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

イエプラというのはチャットで条件を伝えると専門スタッフが後は勝手に部屋を探してくれるというものですが、取扱物件数が多く、新着物件をいち早く教えてくれます。

こういった無料で使えるサービスは積極的に使っていくと効率的。

イエプラのホームページへ

ネットで自力で探すと条件に合う物件は見つかりやすいですが、その物件がすでに成約済みということが多々あるので注意してください。

少しでも参考になれば幸いです。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す