部屋探しでいきなり不動産に行くのは間違い?予約する必要はあるの?


「部屋探し」といっても不動産に行って営業マンに頼り部屋を探してもらうのと、ネットで自分なりに条件を絞って探すやり方がありますが、面倒臭がりや、初めてでよくわからないという人は大抵不動産に行ってしまうと思います。

今回はいきなり不動産にいっていいのものか、予約の必要はあるのかなど、これまでに20店舗以上訪れた私の経験を踏まえてご紹介していきます。

スポンサードリンク

いきなり不動産を訪れても問題なし

何の予約もせずに不動産に行っていいものかわからない方も多いと思いますが、実際準備なしでも不動産側は大歓迎してくれます。

不動産には請け負っているエリアというものがあり、他のエリアは管轄外となるので住みたい地域の最寄り不動産に行ってみましょう。

管轄外でも探せることには探せますが、問い合せの確認などでいちいち営業マンの方が連絡を取り合う必要があり、また管轄外なのでその物件がどういうものなのかをほとんど知りません。

店舗に行くと大抵、個人情報や物件の条件を書く用紙を渡され記入します。

記入している最中にお茶を用意してくれて、その後は条件に合う物件を不動産側が探すという流れになります。

これはどの不動産でも流れは同じなので安心してください。

条件に合いそうな物件をいくつか「不動産側」がピックアップしてくれて、最終的には自分の目でその物件が良さそうかどうか判断することになります。「ちょっと違うな」と思ったらダメな理由をはっきりと伝えておきましょう。

たいていは物件を見ているうちに自分の条件が厳しすぎることがほとんどで、家賃だったり駅からの距離等を改めて妥協する必要が出てきてしまいます。

良いと思った物件があればその日のうちに内見することも可能ですが、物件によっては大家と連絡がつかず、後日に回される場合もあるので注意してください。

予約が必要になる場合とは?

構造別

基本的には予約の必要はありませんが、もしネット等で自分で探してみたい物件が見つかった場合は予約をしておく必要があります。

「その物件を内見したい」という予約を入れておけば、スムーズに内見することができますからね。

ただ、予約した時点で空き室だった物件が当日、成約済みになってしまうこともあるので注意してください。

実際私もこれでかなり時間を取られました。

不動産は店舗に足を運ばせるために、空き室物件が埋まってしまってもこちらに連絡しないことがあります。

また、稀にすでに成約済み物件なのに取りあえず空き室と言い張り、店舗に訪れた際に「実はあの物件埋まってしまって」と言い訳をしてくることもあります。こちらでは真実を掴みようがないのでおとり物件なのかどうかさえわかりません。

ネットで部屋探しは危険?問い合わせ時の空室は嘘?

最初から不動産で探してもらえばこういった手間はかかりませんが、なにせ自分で探せないので時間がかかります。

不動産店舗で探してもらうのは一見楽そうに思えますが、効率的ではないことを知っておきましょう。

スポンサードリンク

効率的に好条件の物件を探すには

不動産店舗で探してもらうと時間効率が悪かったり、取扱物件数が少ないので自分の条件に合う物件に巡り合うことが少ないです。

ネットで探すと確かに物件数は多いですが、不動産店舗よりも情報スピードが遅いので人気のある好条件物件はすぐに埋まってしまったり、先ほど言ったようにおとり物件というのも存在するので難しいところです。

どっちにもデメリットはありますが、個人的にはまずネットで探してからが良いと思います。不動産は正直時間効率が悪すぎて最初から行くのはおすすめしません。

仮に良い物件があったとしてもそれが自分に紹介されるとは限りませんからね。

もっと効率的に探したいのであればイエプラなどのお部屋探されサイトを使うのがおすすめです。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

イエプラというのはネットで探すタイプのサイトですが、チャット上で条件を伝ると後は専門スタッフが条件に合う物件を探してくれるサービスです。

細かい条件もチャットでやり取りできるので簡単に伝わりますし、顏を見ずに相談できる点も良い部分ですね。

イエプラだと取扱物件数がスーモとホームズと同じぐらいで、なおかつ情報が新鮮なので効率的に部屋を探すにはかなり使い勝手が良いです。全て無料で使えるサイトとしてはかなり有用です。

イエプラのホームページへ

ただ、関東と関西以外で引っ越しを考えている人は使えないので注意してください。

少しでも参考になれば幸いです。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す