一人暮らし必見!寒い冬や花粉症の季節の春に必要なものをまとめてみた


実家暮らしと違って一人暮らしだと必要なものが家にないため、必要になるたびに買い足していかなくてはなりません。

特に冬場は何の準備もしないと寒すぎて家に籠るにはきつすぎます。

ということで今回は長年一人暮らしを続けている私の経験から一人暮らしの冬や春先に必要な暖房機器についてまとめてみましたので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

一人暮らしは電気代との闘い

冬場の電気代

一人暮らしの敵は電気代です。

夏場のクーラーはそれほど電気代を消費しないので、実際夏場を経験した人は「なんだ、この程度」かと思いますが、冬場は消費電力が跳ね上がるので注意してください。

私の体感だと、普通に生活していて2.5倍前後は違うような気がします。

夏場が3,000円程度の電気代なら冬場は7,500前後はかかります。人によっては10,000円を超えることがあるかもしれませんね。

私は初めての一人暮らしで、電気代を気にせずとことん暖房機器を使用した結果、15,000円の請求をされたことがあります。

私の二の舞にならないように電気代には十分気を付けましょう。

一人暮らしの冬に必要なものをまとめてみた

必需品とまではいいませんが、あったほうが確実に過ごしやすい!便利なものをまとめてみました。

1.コスパ最強の暖房器具「コタツ」

 

山善(YAMAZEN) カジュアルこたつ(75cm正方形) ブラック ESK-755(B)

新品価格
¥6,780から
(2018/2/21 18:44時点)


一人暮らし、冬の強い味方と言えばコタツです!

コタツは他の暖房機器に比べて圧倒的に電気代が安いのが魅力で、割と短時間で暖まるので非常に使い勝手が良いです。

エネチェンジによると1時間の電気代は約2円~5円ほど。

エアコンの暖房は温度にもよりますが1日使い続けて約150円前後と言われていますからその圧倒的安さがうかがえるかと思います。

暖房系の電化製品の電気代をまとめてみた

コタツと言っても種類が色々ありますが、自分が良いと思ったものを選ぶと良いでしょう。違いなんてほとんどありませんからね。

ただ、コタツ布団はなるべく良いものの方が快適です。私はマイクロファイバのものを使っていますが、触り心地抜群でめっちゃ暖かいです。

Niceday ( ナイスデイ ) こたつ布団 マイクロファイバー 省スペース ( 抗菌綿入り ) 正方形 80×80cm ブラウン 14755106

新品価格
¥5,121から
(2018/2/21 18:42時点)

2.湿度で体感温度UP「加湿器」

超音波式アロマ加湿器 ハッピードロップ 抗菌カートリッジで衛生的 連続13時間 超音波加湿器 浄水フィルター付タンク大容量3.8L  抗菌カートリッジで雑菌の繁殖を抑制・アロマオイル/ハッピードロップ Happydrop (ホワイト)

新品価格
¥2,680から
(2018/2/21 18:45時点)


意外とバカにできないのが加湿器。

いくら暖房を使っても部屋が暖まらないという方は加湿器を利用してみてください。体感温度がまるで変わります。

一般的に湿度が10%上がると体感温度は1℃上がると言われています。

湿度が高くなるとその分、身体の熱が逃げにくくなります。外に出ようとする熱を湿度が防ぐためです。サウナスーツとかもこの理論と同じです。

冬ってかなり乾燥しますし、カサカサして背中ニキビなんかが増えたり、顏がヒドイ状態になるので加湿器はそういった意味でも必需品です。

加湿器には大きく分けて4種類ありますが、それぞれ性能が異なるので自分にあったものを選んでみてください。

「値段・電気代・見た目」で選ぶ一人暮らしにおすすめの加湿器

3.窓からの冷たい空気をシャットアウト「プチプチ」

ニトムズ 窓ガラス断熱シートフォーム 4m E1582

新品価格
¥1,080から
(2018/2/21 18:47時点)


以前「暖房を使わずに冬の寒さを乗り越える対策方法」でも紹介しましたが、窓からの冷気にはプチプチが大活躍します。

カーテンをしていても足元からの冷気を防げない窓からくる風ですが、プチプチを貼りだけで断熱効果は約50%ほどとも入れている優れもの。

しかも、せっかく暖房とかで部屋を暖めても切った瞬間にすぐ寒くなることも防ぐことができるのでまさにうってつけのアイテムと言えます。

意外とやっている人は少ないですが、たいてい寒さって窓か換気扇からくるのでこれを防げるだけで冬場は快適に過ごすことができます。

値段も手ごろですし、なんなら100円均一とかにも売っているレベルなのでぜひためしてみてください。

4.花粉対策もばっちり「空気清浄機」

シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター ~13畳/空気清浄 ~23畳 ホワイト KC-F50-W

新品価格
¥16,280から
(2018/2/21 18:48時点)


冬の時期と共にやってくるのが花粉症です。先ほど紹介した加湿器でもある程度は症状を抑えることが可能ですが、やっぱり空気清浄機には敵いません。

今売っている3万円台の空気清浄機なら加湿機能が備わっているのでどれを選んでも機能面的には優れていますが、個人的にはやっぱり空調機器メーカーであるダイキンが好きですね。

ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 空清~31畳 加湿~18畳 MCK70T-W ホワイト

新品価格
¥36,800から
(2018/2/21 18:48時点)

空気清浄機に関してだけはケチらないほうがいいです。ほんと10年単位で使えるものですし、安いものだと機能がしょぼくて使い物になりません。

花粉症対策に最強の空気清浄機はどれ?

花粉症でなくとも風邪とかインフルエンザ対策にもなるので、ぜひ持っておくと良いでしょう。

5.軽さと厚さの二段構え「羽毛布団」

タンスのゲン 羽毛布団 シングルロング ホワイトダックダウン90% 日本製 7年長期保証 350dp(かさ高145mm)以上 消臭抗菌 国内パワーアップ加工 CILシルバーラベル ベージュ 10119001 16

新品価格
¥9,980から
(2018/2/21 18:49時点)


「熟睡したいのに寒くて起きてしまう」という人や「布団が重すぎて寝返りが打てない」という人には羽毛布団がおすすめ。

羽毛布団の性質は軽くて熱を逃がさないので冬場には持って来いのアイテムです。少々値段が高いので一人暮らしだと手が出しにくいかもしれませんが睡眠の質がガラリと変わるので買って損はありません。

【羽毛の約2倍の保温力 ふわっふわ肌触りマイクロファイバー掛け布団】(シングルサイズ) 快適睡眠 人気の3Mシンサレート 超極柔あったか布団 (ベージュ色)

新品価格
¥2,990から
(2018/2/21 18:50時点)

こっちは羽毛布団ではないですが、かなり暖かそうで、しかも安くて評判が良いので一応載せておきます。

私も重くてぺちゃんこのニトリかどっかで購入した掛け布団を使っていましたが、いかんせん重くて寝苦しいですし、寒くて起きてしまっていたので思い切って購入しました。

ほんと睡眠って何よりも重要だと思います。余談ですが枕が合わないという方もちょっとお高いものに変えるだけで首こりとか肩こりが改善しますよー。

最後に

今回ご紹介したアイテムを全て取り入れる必要はありませんが、個人的に一人暮らしで買った中で良かったものばかりです。

冬場って寒くて起きれなかったり、電気代がバカにならないので、だったら思い切って購入した方が結果的に安く済むこともあります。

少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す