3月に部屋探しは遅い?繁忙期に条件のいい部屋を見つける探し方や気を付けるべきこと


不動産業界には繁忙期、閑散期というものがあり、新生活を送る4月までの引っ越しを見越して1月~3月に部屋探しをする人が圧倒的に多くなります。

そんな繁忙期の中、いい部屋を探すことは可能なのか。今回は繁忙期に効率的に条件の良い部屋を探す方法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

不動産業界の3月の特徴

1年の中で1月~3月は最も物件数が多く、なおかつ入居者が多い繁忙期です。

もっと言えば2月10日~3月15日あたりがピークです。

繁忙期の理由は高校を卒業し、大学生になる人や社会人になる人、転職する人等の引っ越しの時期が重なっているため。

物件数が多くなるのはちょうど退去の時期(卒業など)に当たるためです。退去する場合は退去予定日の1ヶ月前以上に連絡をしなければならないので1月、2月頃は空き室物件が非常に多く出回ります。

その分部屋を探している人も多いのでまさに早い者勝ち状態と言えます。

需要が大きい分、不動産側も強気ですし、家賃交渉がかなりしにくいです。この時期の家賃交渉はほぼ不可能だと思っておいた方が良いと思います。

3月の下旬になると一転して部屋探しをする人が少なくなります。すでに入居準備が完了しているからですね。

物件数は少なくなり、ピーク時に契約されなかった「売れ残り物件」が多くなるので、部屋を借りようとしている人にとってあまり条件の良くない物件が多くなります。

家賃交渉の具体的なやり方

3月の部屋探しの注意点

繁忙期なので一見、部屋探しには不向きな時期にも思えますが出回る物件数もかなり増えるので行動的で即決できるような人にとってはかなり狙い目な時期と言えます。

しかし、慎重派ですぐに部屋を決められないタイプの人にとってはかなり苦しい展開になることがあります。

内見してみて悩み、帰って検討していると他に部屋探しをしている人が大勢いるので先を越されて契約されてしまいます。いつまでも決めかねていると良い物件というのはどんどん埋まっていくので割と早く決断する必要があります。

一応物件を「仮押さえ」することもできますが、物件によっては仮押さえ金が必要だったり、繁忙期に仮押さえをNGとしている不動産も多いです。

もし本気で悩んでいて他の人に取られたくないというのであれば「仮押さえできますか?」と相談してみてください。数日程度なら待ってくれるでしょう。

賃貸物件の仮押さえのあれこれ

3月の部屋の探し方手順

基本的には通常の部屋探しの仕方と同じですが、繁忙期なのでちょっと注意点も交えながらご紹介していきます。

1.住みたい地域の相場を調べる

まずは住みたい地域、住みたい駅周辺の家賃価格についてある程度把握しておきましょう。

何も知らずに不動産にいくと相場が分からないので決めあぐねたときに困りますからね。

普通にスーモホームズ等のサイトで条件付けで検索してみると物件が一覧で表示されるのでわかりやすいと思います。

家賃相場

ホームズは駅ごとの家賃相場が一覧で見られるので、どの駅にするかすら悩んでいる場合はチェックしてみると良いでしょう。基本的に各駅しか止まらない駅は割安で、急行が止まったり、使える線が多い駅というのは高い傾向があります。

2.不動産に行ってみる

いつもの部屋探しであれば圧倒的にネットで探して問い合せを行った方が条件の良い物件を見つけることが出来ますが、時期が時期だけにネットの掲載情報にはラグがあるので例え良い物件を見つけても「すでに成約済み」の可能性がいつも以上に高いです。

ネットで部屋探しは危険?

繁忙期ですのでこの辺は仕方ありませんが、いつまでもそんなことをしていると入居したい時期を逃す可能性があります。

だったらいっそのこと不動産に駆け込んで部屋を探してもらった方が効率的というわけです。

不動産に行ったときに目星をつけていた物件が内見可能か聞いて見たり、それを元に条件を伝えると良いでしょう。

どの不動産に行くか困ると思いますが、何を重要視するかにもよりますね。

【例】

  1. レオパレス・・・仲介手数料は0円。ただ家賃が高め
  2. エイブル・・・仲介手数料半額。物件数はちょっと少なめ
  3. いい部屋ネット・・・仲介手数料0円~半額。
  4. アパマンショップ・・・仲介手数料は家賃1ヶ月分だけど取扱物件数が多い

それぞれこんな感じの特徴となっています。仲介手数料というのは初期費用に含まれており、基本的には家賃1ヶ月分かかりますが、物件や不動産によって設定金額が異なります。もちろん0円に越したことはありません。

この辺は「初期費用についてまとめてみた」を参考にしていただけるとわかりやすいかと思います。

個人的におすすめなのはエイブルいい部屋ネットあたりですね。

物件に目星がついたら内見して、良ければ契約という流れです。必要な書類を揃えて不動産の指示に従えば簡単にできます

スポンサードリンク

もっと効率的に部屋を探すには

上記でご紹介した方法は一般的な3月の部屋の探し方です。ネットで探して問い合せが非効率的なため、不動産に行くという選択肢を取っています。

ただ、最新の情報を得られつつ、膨大な物件数の中から探すことも可能です。イエプラやイエッティ等がそれに当たります。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

いわゆるお部屋探されサイトというものですが、条件を設定しておくと後は専門のスタッフが新着物件を探してきてくれるというサービスですが、チャットで細かい条件を伝えられたり、相談ごとなんかも気軽にできるのでおすすめ。

イエプラのホームページへ

無料で利用できますが会員登録が必要な点や関東、関西に引っ越し予定の人しか利用できないのでかなり使える人は限られてしまいます。

もし地方から関東・関西に引っ越す予定の人はかなり効率的に部屋探しが出来るのでぜひ利用してみてください。

チャットで家賃交渉を行うことも可能です。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す