一人暮らしの生活費を月10万円でやっていく家賃や食費はいくらまで?


一人暮らしは家賃や光熱費などの確実にかかってしまうお金や、自分で全て賄わなければならない食費があるため、実家に比べると相当お金がかかってしまいます。

今回は仮に月10万円の生活費で賄うとどのぐらいの家賃が適正となるのか、そしてどのぐらい食費や光熱費等がかかるのか実際に計算してみましたので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

それぞれの項目の月額費用

適正の家賃を算出する前にまず、光熱費や食費等の料金をご紹介します。あくまで一般的な一人暮らしの料金です。

1.電気代:3,000円

電気代は夏場と冬場でかなり差がありますが、平均すると3,000円前後です。

冬場の場合は5,000~6,000円程度かかることが多いですが、社会人なのか学生なのかによって家にいる時間の長さが異なるので難しいところです。

夏場はクーラーを利用してもそれほど電気代はかかりません。暖房の方が圧倒的に電気代は高いです。社会人なら2,000円程度も珍しくはありません。

2.ガス代:3000円前後

ガスは大きく分けて「プロパンガス」と「都市ガス」があり、ざっくりですがプロパンガスは都市ガスに比べて2倍近く高いです。

プロパンガスの場合は4,000円程度で都市ガスは2,000~2,500円ほどが一人暮らしの平均です。ガスと聞くと料理に使っているイメージが強いですが、実際はシャワーを浴びる時のお湯に変えるのに一番エネルギーを使用しています。

長風呂気味な人はこの辺を変えるだけでもかなりガス代を抑えることができます。

3.水道代:2,000円

水道料金は電気やガスと異なり2ヶ月に1度の請求となります。

一回あたりの請求が高くても4,000円程度なので1ヶ月あたり約2,000円です。

一人暮らしレベルだとそれほど水道料金が高くなることはないので節水を心がけたとしてもそれほど節約にはなりません。

一番使うのはシャワーと洗濯の時です。

4.食費:20000円

外食ばかりなのか、それとも自炊するかによって大きくことなりますが、私が平均的に外食を含めて使うお金は月に20,000円程度です。

外食ばかりだともっと高くなりますし、逆に自炊ばかりで節約すれば実際10,000円以内も意外と簡単だったりします。

3食とも自炊をする方は1万5000円、3食とも外食をする方は5万円が1ヶ月の平均です。

参照元:macaroni

 

アンケートに答えていただいた100人の1ヶ月の平均食費は22,650円でした。1日あたりの食費は730円~755円くらいになります。

参照元:Rooch

他サイトでの調査も大体似たような金額になっています。

5.インターネット代:4,000円

アパートやマンションを借りている場合、たいていインターネットを引いているはずです。

私はいつもだいたい4,000円程度かかっています。調べてみたところ色んな通信サービスがありますがどこも4,000円が目安になっているみたいです。

6.スマホ代:5,000円前後

スマホ代は人によって異なりますが、キャリアスマホで5,000円~10,000円ほど、格安スマホなら2,000~3,000円が相場です。

私も以前まではソフトバンクのiPhoneを持っていましたが、格安スマホがあまりにも安いので乗り換えて今では本体別で月々1,600円程度になりました。

今までは毎月10,000円ほどかかっていたので乗り換えることでかなり安くすることができます。ただ、格安スマホはキャリアメールが使えないのと通信がキャリアに比べて劣るのが難点です。

7.その他の雑費

上記の項目以外にも生活する上で必要となってくるもの(シャンプーやリンス、ティッシュ)などがあります。友達と遊ぶ時にもお金はかかりますからね。

人によってどのぐらい交際費や交通費を使うかはかなり異なりますが、節約しても20,000円程度は月々かかってしまいます。

全く人と遊ばない、お酒も飲まないというのであれば10,000円以内で収まると思いますが、さすがにそんな人は少ないでしょう。

スポンサードリンク

家賃:42,000円以内

  1. 電気代:3,000円
  2. ガス代:4,000円
  3. 水道代:2,000円
  4. 食費:20,000円
  5. インターネット代:4,000円
  6. スマホ代:約5,000円
  7. その他の雑費:20,000円

合計すると58,000円。月10万円で生活するのであれば適正家賃は42,000円ということになります。

都内で生活するにはちょっと古めのワンルームでも60,000円ほどかかりますから、月10万円の生活がどれほど厳しいかお分かりいただけるかと思います。

40,000円程度の物件となるとアパートは確実ですし、都内だったら風呂トイレなしレベルになってくるでしょうね。

仮に雑費や食費、光熱費をとことん抑えても家賃は60,000円ほどが限界です。

都内近郊の家賃相場を調べてみた

まずは都内の家賃を見てみましょう。

【山手線】

家賃相場

山手線内の一部です。実際はもう少し安く借りることはできますがそれでもこの家賃だと駅から相当離れていて、なおかつ4畳半程度の物件しかありません。

続いて埼玉県よりの埼京線の家賃価格です。

【埼京線】

埼京線の家賃相場

47,000円だと都内からかなり離れてた距離になりますね。6万円なら割と都内から近くの物件が見つかりますが、本気で10万円以内にしようとすると6万円はかなり厳しいです。

【京王線】

京王線

新宿から遠ければ遠いほど家賃は低くなる傾向があります。急行が止まるか、乗り換えが便利かどうかでも家賃は変わってきます。

住みたい駅の家賃相場はホームズで簡単に調べることが出来ます。

家賃を徹底的に抑える方法

どうしても住みたい地域があり、なおかつ家賃を抑えるにはある程度の条件を妥協する必要が出てきます。

【例】

  1. 駅から離れた物件
  2. 急行が止まらない駅
  3. マンションよりアパート
  4. 日当たりの悪い物件
  5. 収納の少ない部屋
  6. 事故物件
  7. 築年数の古い物件

どれも妥協できない点ではありますが、マンションはアパートよりも格段に家賃が高いですし、日当たりが悪かったり大通り、線路付近の物件などの訳あり物件は人気が低く、家賃は安いです。

条件以外にも家賃を抑える方法はあります。

  1. 家賃が下がりやすい時期に引っ越す
  2. 家賃交渉を行う

1月~3月だといわゆる繁忙期となり、家賃交渉をするのは困難ですがそれを過ぎると閑散期に入ります。

繁忙期に条件のいい部屋を見つける探し方

この1月~3月までに成約できなかった物件というのはいわゆる「売れ残り物件」となるため、少しでも早く入居者が来るように家賃を下げることがあります。

また、閑散期だと確実に家賃交渉がしやすくなるのも魅力の一つです。

もし仮に家賃交渉ができなくても、礼金や仲介手数料の交渉を行うことは可能です。

仲介手数料が一番安い賃貸不動産はどこ?

具体的な部屋の探し方

家賃を抑えてなるべく良い条件の部屋に住むためには不動産に直接行くよりもネットで探す方が良いでしょう。

店舗では取扱物件数が少ない上、営業マンの口車に乗せられてしまうというデメリットがあるので急ぎない限りは最終手段にしておきましょう。

ホームズやスーモなどの有名どころは取扱物件数も多いのでとりあえずはこの辺から検索するのがおすすめです。

関東や関西限定になりますがイエプラなどのサイトを利用するのも一つの手段です。

イエプラというのはネット上で部屋を探すサイトですが、自分で探すのではなく専門スタッフに探してもらえるので非常に手間が省けて楽です。基本的にチャットのやり取りなので顏を見なくて済みますし、家賃交渉なども気軽に相談できます。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

イエプラのホームページへ

取扱物件数はスーモ並をかなり膨大ですが、関東と関西の物件しか取り扱っていないのがデメリットですね。地方に住む方には使えません。

ちなみに初期費用の中に仲介手数料というものがあり、これは通常家賃の1ヶ月分かかりますがエイブルミニミニで探すと仲介手数料が全物件半額なのでおすすめです。

少しでも参考になれば幸いです。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す