賃貸アパートの契約でよくある前家賃って何?いくらかかるの?


初期費用には敷金や礼金、仲介手数料等色々ありますがどれも割とわかりやすく、言葉の意味を理解しやすいので問題ありませんが、初期費用には前家賃というものも含まれています。

「前家賃って普通の家賃とどう違うの?」と疑問に感じますし、どのぐらいかかるのか少しわかりにくいので初期費用を事前に把握する人にとってはこのページを見ていただけると理解できると思います。

では早速説明していきます!

スポンサードリンク

前家賃っていったい何?

前家賃というのは簡単に説明すると入居月、もしくは入居翌月までの家賃のことです。

「前」とついているのは「前もって支払う」という意味ですので、家賃といえば家賃ですね。

通常の家賃と何が違うのかと言うと例えばあなたが3月5日に入居したとしましょう。

にも関わらず3月分の家賃を全て支払うのってどう考えてもおかしいですよね?

なのでこの場合は3月5日~3月31日までの家賃を総家賃から「日割り計算」します。

例えば家賃6万円の場合ざっと計算して50,323円が前家賃となるということです。

問題なのはここから。前家賃は入居日によっては翌月の家賃も同時に初期費用として支払わなければならない場合があります。

■例:入居日が3月20日だった場合

入居してもすぐに4月分の家賃を請求されることになりますから、だったら4月分もまとめて最初に払った方がいいじゃん!ということです。

この場合だと3月20日~3月31日までの日割り家賃+4月分の家賃=前家賃となるわけです。

翌月の家賃が前家賃に含まれるかどうやって見極めるの?

入居日によって翌月分を前もって払ったり払わなかったりするわけですが、これは基本的に管理会社次第なところもあるのであくまで参考までに。

通常だと1日~14日までの入居までならその月の家賃だけが前家賃になります。

15日~31日まで(中旬~下旬)の入居の場合はその月の家賃+翌月の家賃が前家賃と考えて良いでしょう。

要は次の家賃を支払うまでにまだ日にちがあるかどうかってところです。私の経験上だと15日がラインになっています。

つまり、前家賃の最大は15日+翌月1ヶ月分ってことになります。

家賃6万円なら3万+6万円=前家賃は9万円です。

フリーレント物件の場合はどうなるの?

最近増えているフリーレント物件。フリーレントというのは「1ヶ月分(もしくは2ヶ月分)の家賃が無料になりますよー」というもの。

これまた管理会社によって方法は異なるので一概には言えない部分ですが、良心的なところはフリーレントにしてくれるのは入居月の翌月です。

例えば3月の中途半端な日にちに入居したとすると4月分の家賃が無料になります。

前家賃は3月分ということになりますね。例えば3月15日の入居だったとしても翌月は無料なので実際の前家賃は3月15日~31日までの日割り計算されたものが前家賃にあたります。

訳あり物件?フリーレント物件に実際に住んでみた感想まとめ

スポンサードリンク

前家賃の計算方法

ちょっと説明ではわかりにくいと思うのでここに計算方法を載せておきます。

■1日~14日までの入居の場合

家賃÷その月の日数×(その月の日数-入居日+1)=前家賃

例えば家賃が6万円で入居日が3月7日なら・・・

60,000万÷31日×(31日-7日+1日)=44516円

■15日以降の入居の場合

家賃+家賃÷その月の日数×(その月の日数-入居日+1)=前家賃

ちょっとわかりずらいかもしれませんが、これでほぼ正確な前家賃を割り出すことができます。

前家賃が2ヶ月以上取られることはあるの?

ないとは言い切れませんが、基本的に前家賃の最大値は家賃+15日分の家賃となるので2ヶ月分以上請求されることは99%ありません。

ただ、この前家賃というのは大家次第な部分があり、定義の物件を管理している会社によって多少違いはあるので注意してください。

仮に2ヶ月請求されたところで結局は払うことになるお金なので損をすることはありませんが、貯金額に不安がある人は問題でしょう。

ざっと計算するのであれば前家賃=家賃と思って大丈夫なので6万円の家賃なら6万と仮定して計算すればいいと思います。

ご不明な点がありましたらコメントいただければと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す