4月の部屋探しは掘り出し物件が多い?ゴールデンウィークまでに入居すべき理由


1~3月までに新生活の準備をして入居する人は非常に多いですが、4月から一人暮らしを始める方も多いと思います。

4月の部屋探しは難しいのか、物件数や家賃交渉など細かい部分も気になるところです。

今回は繁忙期が終わった4月の部屋探しの特徴や具体的な探し方などをご紹介していきます。

スポンサードリンク

4月の部屋探しの特徴

不動産業界の繁忙期というのは1~3月です。4月から新しい生活をする人が余裕を持って3月までに入居したいと考えるため必然的に3月は特に入居者が多くなります。

3月下旬になると部屋を探す人は下降気味になり、4月に入るとすでに新生活を送る人が大半なので以前として部屋探しを行っている人は少ない傾向があります。

とはいえ、1年を通して言えば閑散期と呼べるほど少なくはないですね。4月の上旬は少し多いぐらいです。

出回っている物件数:やや少なめ

物件数も1~3月に比べると少ないです。条件の良い物件はたいてい3月までに入居者が決まっていて4月ではいわゆる「売れ残り物件」が多くなると言われていますが、これは半分正解で半分不正解。

確かに多くの物件は売れ残りとなるので条件が良くないことが多いですが、4月に新たに出回る物件もあります。

例えば前の入居者が3月の下旬に退去したとしましょう。この物件は退去の1ヶ月前ほどからネット上に次の入居者の募集がかけられますが内見はできません。3月下旬まで住んでいるので内見するのは不可能ですからね。

内見できない物件=ちょっと不安なイメージがあるのでこういった物件は避けられます。

実際は条件が良くても内見できなければ入居者が決まらないのは当たり前。つまり4月の物件というのは「掘り出し物件」があるということです。

家賃交渉のしやすさ:普通

家賃交渉のしやすさで言うと普通です。

繁忙期である1~3月までに売れ残った物件は来年まで入居者が集まりにくいため家賃交渉はしやすそうに思えますが、4月という時点ではまだ諦めていない大家も多いです。

「取りあえゴールデンウィークまでは粘ろう」と考えるため。

逆に3月までに決まらなかったので焦りを感じて、なんとしても入居者を募集したいと考える大家もいるのでそういった物件なら家賃交渉も簡単に行えます

4月に部屋探しをするならゴールデンウィークまでに決めるべし

もし4月に部屋探しをするのであればいくつか注意点があります。

いつまでに入居したいかにもよりますが、部屋探しから入居までは平均で1ヶ月程度かかります。良い物件を見つけられなければそれ以上かかる場合も。

ただ、ゴールデンウィークに入ってしまうと一時的ですが物件を探す人がかなり増えます。わかりやすく言えばライバルが増えるわけです。

物件というのは条件の良いものからなくなってきてしまうので部屋探しの期限はゴールデンウィークまでにしておいた方が良いでしょう。

また、繁忙期では家賃交渉すら取り合ってくれない場合が多く、相談したところで軽くあしらわれますが4月の物件なら積極的に行うべきです。

大家側としては「来シーズンまで入居者がいないかも」という焦燥感があるので多少の交渉事は行えるはずです。この辺は物件にもよりますし営業マンのやる気でも左右されます。

仮に家賃交渉がダメだったとしても「エアコンをつけてもらう」「温水洗浄にしてもらう」など他の部分で交渉することもできます。

家賃交渉以外に交渉できることまとめ

4月までに入居を考えているなら早めに行動

4月中ではなく「遅くても4月までに入居したい」と考えているなら3月上旬にはある程度目星をつけておく必要があります。

ただ、3月というのは入居者と退去者の入れ替わりが激しく、ゆっくり物件を探している暇はありません。候補を決めたところで次の日には成約済みに・・・ってことも珍しくないので。

3月の部屋探しは即断即決が肝です。

新着情報をいち早く知るには

もし条件の良い物件を見つけたいのであればネットで探すのはあまりおすすめしません。

取りあえず最初にネットで家賃の相場などを知るために調べるのは良いですが、ネットに掲載されている物件情報というのはリアル情報と少し差があります。

すでに成約済みの物件も平気で掲載されていますし、おとり物件もあります。

新着物件を知りたいのであれば不動産に足を運ぶのがベストです。不動産会社だけがアクセスできるサイトがあり、これを参考に営業マンは物件を紹介しています。

このサイトの情報を元にネットに掲載して募集をかけるのでネットで探す方が情報が古いというわけです。

足を運ばなくても最近では”お部屋探されサイト”というサービスも増えているので面倒な方は積極的に利用してみると良いでしょう。イエプラ等がその類ですね。

イエプラはチャットで条件を伝えるとスタッフが半自動的に新着物件情報を教えてくれるサイトで利用は無料です。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

似たようなサービスとしてイエッティやノマドなどもありますが、実際に私が調べたところレスポンススピードが一番早いのはイエプラです。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

探し方というのは人それぞれなので自分が良いと思ったものを使うのが良いでしょう。スーモホームズなどのサイトで自力で探すのも決して間違いではありません。

少しでも参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す