賃貸契約時に入居日を待ってもらって家賃発生を遅らせる具体的方法


借りたい部屋は見つかったけど、実際に入居したい日にちはもっと先・・・なんてことは部屋探しでもよくあることです。

慎重に部屋探しを行っている人は入居したい日よりもかなり前から準備をしていて、思ったよりも早く条件に沿う物件が見つかるとこのように困った事態に陥ることもあります。

そこで今回は入居日を待ってもらうことは可能か、遅らせることは出来るのかについてご説明していきます。

スポンサードリンク

入居日は基本的にこちらで決められる

入居日というのは=鍵の引き渡し日で家賃が発生するのもこの日からです。

例えば3月10日が入居日となっていれば10日~31日までの家賃を払うことになります。「本当は4月までに間に合えばよかったので、出来れば3月下旬に入居したい」のであれば3月10日から家賃が発生するのかなり勿体ないです。

そこで入居日の交渉を行います。

基本的に入居日というのはこちらで自由に指定することができます。しかし、自由と言っても限度があり基本的には審査が決まって入居可能な日にちから最大で2週間ほどとなっている場合が多いです。

大家の立場になってみれば出来るだけ早く入居してもらって家賃収入を得たいと考えているわけですから待つと言っても限度があります。

入居日を引き延ばす具体的方法

入居予定日を遅くするには大きく分けて2つあります。

ひとつは物件の申し込みをした段階(審査がまだ通っていない)時点で仮押さえをしてしまう方法。

仮押さえというのは「他にも物件をみたいけど、そうすると他の人に取られてしまう可能性があるから押さえておく」ことです。

こうすることによって契約をせずに他の人にも取られずに済みます。また、仮押さえの段階では入居日を決める必要はないので実質的に入居日を遅らせることも可能です。

仮押さえが出来るかどうかは物件次第な部分もあります。人気の高い物件なら仮押さえされると不動産側は困るので拒否してくることも。

また、仮押さえ時には「仮押さえ金」と言っていくらか先払いする必要があります。ちなみにこの仮押さえ金は後で返却されるので安心してください。

私が以前物件を押さえた時は仮押さえ金として3,000円要求されました。相場は1万円前後が多いみたいです。

仮押さえできる期間は約2週間ほどです。

2つ目は審査後の入居日を決める段階で交渉する方法です。

入居予定日というのは申し込み時点で紙に書く必要がありますが、あくまでこれは予定日なので交渉次第で遅らせることも可能です。

審査が通っていれば後はあなたの意向ですぐにでも入居が可能なので、この段階だと交渉しやすいです。

ただ、いくら交渉できると言っても伸ばせる期間は2週間ほどですね。

入居日を待ってもらえる期間は最大で1ヶ月

上記のような方法を使えば1ヶ月程度入居日を遅らせることは可能です。物件を押さえつつ割とすんなり入居予定日をずらすことができます。

普通に交渉した場合は2週間~頑張っても1ヶ月程度なので、2ヶ月以上待ってもらうというのは実質的に不可能です。

大家にとってみれば2ヶ月間確実に家賃収入がないということになりますので、いくらなんでもそこまで寛容ではないでしょう。

スポンサードリンク

契約前の交渉は強気に出ても問題なし

入居日の交渉を行う際は多少強気に出ても問題ありません。

例えすでに審査を通して契約直前段階だろうと契約さえしていなければキャンセルすることが可能だからです。

たまに「審査後のキャンセルは不可」と勝手に定めている不動産もいますが、これは違法行為です。

賃貸物件の契約は契約書を取り交わして初めて成立するものなので、申込金を支払っているけど契約書にまだサインをしていないという段階ならキャンセルしても違法にはあたりません。

参照元:いえらぶコラム

賃貸契約してしまった部屋を入居前にキャンセルすることは可能?

契約段階になれば不動産・大家側はなんとしても入居したいので多少の融通は通してくれます。もしそれでも希望が叶わないようならキャンセルするのも自由ですからね。

参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す