家賃6万円の物件で一人暮らしするなら手取りはいくら必要?


物件を探す時にはまず家賃を決めてからその他の条件を考えるのが通常の部屋探しのやり方です。

一人暮らし用物件を探す時に家賃6万円を目安にする人は多いと思いますが、実際家賃6万円だと仮定するとどのぐらいの収入が必要なのか計算してみましたのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

家賃6万円の初期費用の目安

まずは部屋を借りる時に必ずかかる「初期費用」から。初期費用は家賃をベースに大きく変動します。

例えば敷金礼金1ヶ月と記載されている物件。家賃が3万円なら敷金も礼金も3万円ずつ、合計6万円で済みますが家賃6万円なら敷金礼金合わせて12万円もかかります。

もちろん物件によっては敷金や礼金が0円だったり、仲介手数料が半額だったりするのであくまで参考程度に。

【家賃6万円の初期費用内訳】

前家賃 60,000円
敷金 60,000円
礼金 60,000円
仲介手数料 64,800円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 15,000円
事務手数料 5,000円
合計 279,800円

前家賃というのは住み始める期間によって変動しますが大体1ヶ月~最大2ヶ月分の家賃がかかります。

賃貸アパートの契約でよくある前家賃って何?

また、保証会社を利用している場合、家賃の50%ほど(この場合は3万円)がかかります。

保証会社利用料ってどのぐらいかかるの?

敷金や礼金がかからない物件の場合は20万円以下に抑えることもできそうですね。

家賃6万円と仮定した場合の初期費用は20万円~30万円ほどと考えましょう。

家賃6万円の場合の1ヶ月のコスト

続いて生活費もろもろ含め、1ヶ月にどのぐらいかかるか計算していきます。

【一般的な社会人の生活費】

家賃 60,000円
電気代 4,000円
ガス代 3,000円
水道代 3,000円
ネット代 4,000円
食費 20,000円
雑費 10,000円
交際費 20,000円
スマホ代 5,000円
合計 134,000円

生活費は人によってかなり違いが出る部分なのであくまで目安です。

普段は仕事をしている社会人の場合、光熱費が1万円を超えることは滅多にありません。

ただ、飲み会が多いと交際費はもっとかさむと思われます。

こうして計算してみると家賃6万円の人がかかる生活費は13万円ほど。

年収300万なら年間貯金100万円も可能

1ヶ月13万円かかるとすると1年間で13×12=156万円出費することになります。

最低限、1年間の手取りがこの金額を超えるなら生活すること自体は可能です。

ただ、そんなギリギリな生活をする人は少ないですし、出来ることならある程度貯金を残しつつ余裕を持った生活をしたいところ。

年間で100万円貯金したいなら手取りは256万円、つまり年収300万円ぐらいなら割と安定した生活を送れると思います。

スポンサードリンク

都内だと家賃6万円は厳しい

地方に住む予定の人なら家賃6万円でも十分条件の良い物件を探すことは可能です。

しかし、都内に住みたいという方は正直家賃6万円だとかなり条件の悪い物件しかありません。

家賃を下げるには何かを妥協する必要があります。

【例】

  1. 駅から遠い物件を選ぶ
  2. マンションよりアパートを選ぶ
  3. 「収納が少ない」のようなちょっとした訳あり物件を選ぶ
  4. 人気が低い物件を選ぶ
  5. 最寄り駅を変える

物件自体にあまり妥協したくないのであれば、住みたい駅から1駅か2駅となりの場所にすると急に家賃相場が低くなったりすることがよくあるのでおすすめです。

あとはちょっとした訳あり物件、人気の低い物件というのは家賃が安めです。

ちょっと予算オーバーの物件でも家賃交渉で下げることが可能なのでダメ元で交渉してみるのも一つの手です。

初期費用を抑えるのも重要

生活費は家賃や光熱費、交際費である程度抑えることが出来ますが、それでも年間にするとかなりの金額です。

そこに多額の入居費用がかかると負担がとても大きく、貯金がなくて引っ越したくても引っ越せないような状況になる人もいます。

初期費用を抑えるには敷金、礼金、仲介手数料に注目しましょう。

敷金に関してはクリーニング代として充てられるため、最初に払うか退去する時に払うかの問題ですが礼金と仲介手数料は全くのムダ金です。

仲介手数料は基本的に家賃1ヶ月分かかりますが、仲介業者を選べば無料や半額で済ますことも可能です。

【仲介手数料が安い不動産】

ただ、取扱物件数が少ないので自分の条件に合う物件が見つかるかが問題です。

個人的に部屋探しをするのであればイエプラのようなサイトを利用するのがおすすめです。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

チャットで専門スタッフとやり取り可能なサイトで、取扱物件数がスーモやホームズと同じレベル、しかも無料で使えます。

イエプラのホームページへ

例えば「仲介手数料が安い物件を探してほしい」と伝えればいいので余計な手間がかからず、取り扱っている不動産が異なる物件を一件一見問い合わせるという必要もなくて済みます。

少しでも参考になれば幸いです。

イエプラを実際に使ってみた結果

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す