部屋の退去時に立ち合い・掃除も不要!定額補修費だと退去金が0に


部屋の退去時に立ち合い・掃除も不要!定額補修費だと退去金が0に

一人暮らしをしている人にとって、やはり部屋の退去の費用、クリーニング代というのは気になって仕方ないですよね。

私自身も引っ越しの時期が近づくと「退去にいくらかかかるのか」を気にし始めてしまいます(笑)

で、今回はそんな退去費用が0で済むという噂の定額補修費についてどんなものなのかまとめてみました!

スポンサードリンク

定額補修費ってなんだ?

部屋の退去時に立ち合い・掃除も不要!定額補修費だと退去金が0に

名前的には補修費が定額だからそれ以上払う必要がない・・・ってな感じなんでしょうけど、実際これってどうなんだ?と思っている人も多いはず。

 

まぁこの解釈はおおよそ合っていて、入居時にこのプランに加入している方は退去時のクリーニング代を払う必要がないそうです。

別名では修繕補修分担費定額補修分担金などとも言われています。

 

実際、私も退去時までこれについて全く認識しておらず、退去する時期に改めて賃貸借契約書を見ていてこの項目でお金を払っていることに初めて気づいたぐらいです(笑)

 

本当にそれ以上のお金は払う必要がないのか?」と思ってしまいますよね。

定額補修費とは、クリーニング費や経年劣化の際の修繕費として、入居時にご負担頂くものです。退去時の返金はありませんが、故意・過失による汚損・破損がなければ、追加費用は発生しません!敷金・保証金から実費精算される一般的な方法よりも、分かりやすくて安心です。

 

つまり、壁に大きな穴を開けてしまったり、窓ガラス等故障の部分がない限りは追加でお金を払う必要がないということです。

 

よくある壁やフローリングの傷は範囲内なので追加料金を取られる心配はありません。

 

しかし、この定額補修費というのはなんとも曖昧な線引きなので、管理会社によって実際は違ってくるそうです。

 

基本的に追加でお金を払う必要がないと覚えておいてください。

なお忘れている方も多いですが、この定額補修費は入居の時に支払っている場合が多いため、退去時に払うお金は0円で済みます!!

 

退去のお金がない!!!」と心配な方でも問題ないようです!

敷金との違いとは?

私もこれ、かなり気になりました!

「結局敷金と同じことなんじゃないの?」「もし敷金を取られている上に定額補修費プランだったらどうなるのか」こんな疑問は当然浮かびます。

敷金と定額補修費プランの違い

まず最初に敷金と定額補修費の違いについてですが、これって実は明確な違いはありません。

イメージとしてはよっぽどのことがない限り退去費を追加で取られることがない定額補修費は敷金の強化バージョンだと思ってください。

私の場合はカーテンレールを壊してしまいましたが、それでも追加で請求されることはありませんでした。家賃44,000円の物件です。

余った分は返金されるのはどちらも一緒です。

定額補修費プランは敷金も取られる?

定額補修費がついている部屋の場合、敷金を取ることはありません。

しかし、中には敷金がついている上に定額補修費もついているというのが例外的に存在するようです。

この場合、最初の敷金というのは退去時に返ってきます。

もし、あまりにも部屋が汚い状態だった場合は定額補修費と別に敷金から減らすこともあるようですが、これは本当に例外です。

もしこういう物件に住んでいて、敷金が返ってこないことがあればしっかりと抗議してください。

補修費用はそれほどかかっていないのに敷金を着服している恐れがあるようですから!

スポンサードリンク

立ち合いは不要?

 

一般的に部屋を退去する際は、修繕費用の見積もりを出すために一度立ち合いというのをしなければなりません。

しかし、定額補修費プランの場合は基本的に立ち合いは不要とのこと。

私も立ち合いは常識とばかり思っていたので、管理会社の方に聞いてみたら「立ち合いは不要です」とあっさり回答されました。

 

ぽかんって感じですが、なんだか退去の面倒がなくなってラッキーでした(笑)

もちろんこれは仲介業者によるものなので普通に立ち合いをする必要があるところも多いと思います。

退去の際にこれは確認してみてください。

最終結論

結局のところ定額補修費プランは余計な心配をしない分、かなりオトクに感じました。

私が過去に住んだ物件で1件目は敷金があったのに追加で5万円請求されました。

2件目は定額補修費プランに加入していたためか、追加で請求されることはなく約7千円の返金がありました。

やはりイメージでしかないですが、見積もりも細かくぼったくられないのが定額補修費なのかなという印象です。

少しでも参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す