退去の立会いって何するの?かかる時間や用意するべきものまとめ


部屋を退去する際、引っ越しの荷物のことばかりに気を取られがちですが、退去のための連絡や立会いも必要となってきます。

「立会いってよく聞くけど何するの?」と気になる方のためにかかる時間や用意すべきもの、注意点等をまとめてみましたので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

立会いは2種類ある

賃貸アパートやマンションの退去時によく使われる「立会い」という言葉ですが、大きく分けて2種類あります。

1つは部屋を退去するための立会い。目的は部屋がどれだけ汚れているかを一緒に見て、家主負担か借主負担かを決めます。

例えば「この床の傷は借主負担ですね」とかそんな感じです。立会いをする理由は勝手に大家側が決めてしまうと後々トラブルになりやすいからです。立ち会って説明されれば納得しやすいですし、その場でどのぐらいの金額になるかある程度目安を教えてくれたりするので手っ取り早いという面もあります。

早い話が大家側のためのトラブル回避。立会いをした=合意しているってことになりますから。

もう1つはガスの立会い。

電気と水道は立会いの必要がありませんが、ガスだけは必ず入居時も退去時も立会いが必要になります。危ないからね。

立会い時に必要なもの

ガスの立会いか部屋の立会いかで必要なものは変わってきます。

部屋の立会いの場合

  1. 部屋の鍵(スペアキーも含め)
  2. 契約書類(念のため)
  3. 録音機器(トラブル回避のため)
  4. 認印(サインでも可)

立会い日は退去日当日となることが多いですが、立会いの際に部屋の鍵を返却することが多いので用意しておきましょう。

おそらく入居時にマスターキーを2本渡されていると思いますが、どちらか1本でも無くしてしまうと違約金がかかるので注意してください。

契約書類や録音機器、メモなどはあればいい程度なので別になくても構いません。

スポンサードリンク

ガスの立会いの場合

ガスは都市ガスとプロパンガスの2種類がありますが、都市ガスの人は何も必要ありません。

プロパンガスの場合は入居時に保証金を支払っているので、保証書を用意しておいてください。

入居時に預けた金額から最終月のガス代が引かれ、その場で返金されます。

立会いってどのぐらいかかる?

ガスの立会いに関しては5分以内で終わります。ほんと一瞬です。

部屋の立会いはどのぐらい部屋が汚れているかにもよりますが、目安としては15分~30分程度です。

立会い日は都合の良い日、時間帯をこちらが指定できることもありますし、最初から「退去日当日」と決まっている場合もあります。どちらの場合も時間に関しては指定できるので自分の都合の良い時間帯を指定しておきましょう。

立会いが急に無理になったら?

基本的に立会いというのは契約者本人しか認められていませんが、急に予定が入ってしまったりで立会いが出来なくなることもあると思います。

そうした場合は取りあえず連絡。時間の変更程度なら可能だと思いますが、退去日当日に立会いが決まっている場合は日にちの変更が出来ません。

代理人を立てて代わりに立ち会ってもらうという選択もありますが、これは管理会社次第なので相談が必要です。

どうしても立会いが出来ない場合、立会いなしで退去費が決まることになりますが、出来ればこれは避けた方が良いでしょう。

立会いをしないと余計な金額が上乗せされていたり、トラブルの原因になりますからね。

参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す