テラスハウスのメリットやデメリット!メゾネットとの違いとは?


テレビ番組の影響で名前がかなり有名になった「テラスハウス」ですが、どういう構造の物件をテラスハウスと呼ぶのか理解していない方は多いでしょう。

また、似たような意味合いを持つメゾネットという言葉がありますが、このタイプとの違いを出来るだけわかりやすくまとめてみました。

そもそもテラスハウスに住むメリットやデメリットについても合わせてご紹介していきます。

スポンサードリンク

テラスハウスって何ぞ?

賃貸テラスハウス

テラスハウスというのは2階建ての連棟式住宅のことを言います。「テラス」という名がついている通り、専用の庭が設けられているのが一般的です。

イメージとしては一軒家に近いですね。一軒家の横壁が隣りの家と共有してくっついているような感じです。

室内はアパートやマンションとは異なり、一軒家と同じメゾネット構造で、内部に階段があります。

賃貸物件として借りる場合は1階だけでなく2階も自分の住居となるので寝室と生活空間を分けたい人や同棲向けとなっています。

似た名前にシェアハウスがありますが、シェアハウスはこういった物件を「シェア」するので複数人で借りるのが一般的。

テレビの影響かテラスハウス=みんなで暮らすってイメージがついていますがそういうわけではないので間違えないように。

メゾネットタイプとの違いは何?

不動産用語では「メゾネット構造」や「メゾネットタイプ」と言われています。

メゾネットタイプとは2階建て以上の建物で内部が2階層に分かれている物件のことを言います。わかりやすく言えばマンションのような建物のことです。

テラスハウスは戸建てが連結している物件ですが、メゾネットタイプはマンションの部屋内部に階段があるというイメージです。

例えば5階に玄関があって室内で6階にも繋がっていればメゾネットタイプです。

正直、テラスハウスとほとんど構造上の違いはありませんので同義と言っても差し支えないレベルです。しいて挙げるなら庭があるかどうかとかそんなところです。

例えばネットでメゾネットタイプの物件を検索しても一緒にテラスハウス物件が出てくることもありますし、逆にメゾネットの物件が一緒に出てくることもあります。

メゾネットタイプの部屋のメリット・デメリット

テラスハウスのメリット

1.専用庭がある

物件によってバルコニーレベルの広さから、本当に庭と呼べるレベルの広さまでさまざまですが通常の賃貸物件には庭がついていないのでメリットと言えます。

自分の好きなように植物を育てたりできますし、大工をしたりまぁ色々と使い道はあるでしょう。

2.一軒家のような感覚で住める

隣りとの壁は繋がっていますが、内部が1階と2階に分かれている物件はかなり珍しいです。

まるで一軒家を買ったような感覚で住むことができるので、今まで何度も一人暮らしをしてきた人でも新鮮な感覚で生活することができます。

3.戸建ての賃貸物件より家賃が安い

テラスハウスは隣りとの壁を共有することで建設費用を抑えています。建設費用がかからない分、当然普通の戸建て物件よりも家賃は安めに設定されています。

賃貸物件は家賃が安い方が月々の負担も少なくていいのは当たり前。安さを考えるならテラスハウス、メゾネットタイプは戸建てより優れています。

4.上下階の音を気にしなくて済む

普通の物件なら上の人の足音が気になったりとか、朝早くに急に掃除機をかけだしてイライラしたりなんてこともありますが、テラスハウスなら1階も2階も自分の部屋なので全く気にしなくて良くなります。

隣りとの壁は共有ですが、上下を気にしなくて良いというのは結構なメリットだと思います。

スポンサードリンク

テラスハウスのデメリット

1.掃除が大変

この問題はメゾネットも同じですが、内部に階段があることによって掃除が通常の物件の数倍面倒に感じます。

わざわざ掃除機を上まで運んで~とか想像するだけでも面倒です。

2.意外と狭い

1階と2階があるんだからめっちゃ広そうに感じますが、実際は1階部分に部屋が1つで2階は寝室のみとかそんな感じの物件が多いです。

室内に階段があることによって有効面積が減ってしまっているってのも一つの原因だと思います。

3.昇り降りが面倒

慣れればあまり苦を感じないかもしれませんが、生活空間を曖昧にしてしまうと1日に何度も昇り降りする羽目になるので面倒に感じます。

例えば生活空間は2階なのにトイレは1階とかお風呂は1階とか、これだけでも階段を昇り降りすることになりますからね。

テラスハウス物件の探し方

今のところ賃貸テラスハウスの専門サイトというのは存在しないようです。賃貸サイトの特集や検索ページの「テラスハウス」で探すか、なければ「戸建て」や「メゾネット物件」で検索するしかありません。

実際探してみるとわかりますが、物件数がかなり限られているので自分の条件を探すのは相当大変です。

あとは少し前にFacebook等で話題になったイエプラのようなサービスを使って探してみるのも一つの手です。

イエプラというのは条件を伝えると専門スタッフが新着物件を提示してくれるサイトですが、取扱物件数が多く、自分で探す手間がないのでおすすめです。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

チャットでやり取りが出来るので「テラスハウス物件を探して欲しい」と伝えるのが最も効率的です。

イエプラのホームページへ

不動産に直接行って探してもらうのも一つの手ではありますが、一つの不動産に絞ってしまうと取扱物件数が少ないのでテラスハウス物件自体が見つからない可能性もあるので注意してください。

実際問題、探す際はテラスハウス物件のみに絞り込むよりは「メゾネットタイプの物件」で検索した方が良いと思います。

テレビのようなテラスハウスに住みたいならシェアハウスを探すべし

テレビであったようなテラスハウスに住みたいならテラスハウス物件を探すのは間違いです。

あれはどちらかというとシェアハウス=男女が同じ物件に住んでいる状態です。

シェアハウス物件は色々ありますが基本的に自分の部屋があり、鍵がついているのが基本ですし、リビングが共有になっているので人と話したいときは自分の部屋から出てリビングに行くと他の住人と話ができます。

シェアハウスのメリット・デメリット

女性限定のシェアハウスもあれば男女が住んでいるシェアハウスもあります。

まとめ

正直、あえてテラスハウス物件に絞る必要はないと思います。マンションのメゾネットタイプの物件でも同じようなメリットやデメリットがありますし、テラスハウス物件だけで探そうとすると物件数がかなり少ないので条件うんぬんを言えるレベルではありません。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す