一人暮らしのキッチンはIHとガスコンロどっちが得?電気代や利便性で比較してみた


一人暮らしのキッチンはIHとガスコンロどっちが得?電気代や利便性で比較してみた

一人暮らしのキッチンは最近だとIHクッキングヒーターを設備しているところも増えてきています。

ガスコンロとIHって違いはわかるけど、結局生活する上でどっちの方が便利なのか、電気代はどっちの方が安いのか気になる方も多いと思います!

といいうことで今回は私自身の経験を踏まえ、IHとガスコンロ結局どっちが得なのかご紹介していきます!

スポンサードリンク

電気代で比較

 

まずは料金的にどっちの方が得かを比較していきましょう。

ガスコンロの大きさやIHの種類によっても違いがあるので一概には言えませんがあくまで平均として

  • 都市ガスコンロ・・・1時間あたり約10円
  • プロパンガスコンロ・・・1時間あたり約32円
  • IHクッキングヒーター・・・1時間あたり約28円

 

大体でこのぐらい。

サイトによってプロパンガスのコンロを使用するよりもIHを使った方が高いというところもありますが、要はプロパンとIHの電気代はほとんど変わらないということです。

 

電気代の安さの順番は

都市ガスコンロ>>IH>プロパンガスコンロ

 

となります。

都市ガスを使用している部屋だったら完全にIHじゃなくガスコンロを使用した方がオトクです!!

気になる方は都市ガスとプロパンガスの1ヶ月の料金比較を見てみてください!

 

使い勝手で比較

 

私は実際にIHの部屋にもガスコンロの部屋にも住んだことがあるので参考までに。

一人暮らしのキッチンはIHとガスコンロどっちが得?電気代や利便性で比較してみた

【ガスコンロのメリット】

  • ブレーカーが落ちにくい
  • フライパンを振れる

【ガスコンロのデメリット】

  • 火の通りに偏りがある
  • 掃除が大変

 

ガスコンロはその名の通りガスを使用しています。

一人暮らしの部屋って結構電気のアンペア制限が低いので簡単にブレーカーが落ちてしまいます。

その点ガスコンロはガスを使用しているので電子レンジを使いながら炒め物をするということもできるのです。

私が感じた最大のメリットはやはりフライパンを振ることができるという点。

 

IHだとフライパンと常に接していないといけないので出来ないこともないですが、色々と不便。

 

まぁガスなので火の通りに偏りがあったりしますがこれも私は一つの良さかな、と(笑)

一人暮らしのキッチンはIHとガスコンロどっちが得?電気代や利便性で比較してみた

【IHのメリット】

  • 温度を微調整することができる
  • 掃除が楽

【IHのデメリット】

  • 料理してる感じがしない
  • ブレーカーが落ちる

 

IHの最大のメリットは温度を微調整できるという点。

 

当然ガスコンロでもやろうと思えばできるのですが、IHは何段階にも温度調整ができるので少しだけ温めたい時にも重宝します。

ガスコンロを使うとついつい焦げてしまうということもありますが、IHだとその可能性が低くなります。

それと掃除が楽なのも良い!

表面が平面なので簡単にふき取ることができます。

 

ブレーカーについては先ほどの述べたので省略。

で、IHって使っていて思ったんですけど、なんか料理している感じがしないんですよね。

というのも火力を微調整する楽しさ、フライパンを振る楽しさ・・・などなど料理の面白いところ、ある意味で無駄な部分がそぎ落とされてしまっているのです。

 

料理好きな方はIHを使っても満足しないと思います。

それと例えば友人の家で料理することになった時に、その部屋がガスコンロだと火力の調節ができずに失敗してしまう可能性もあります。

こういうのって感覚ですからIHに慣れてしまうとちょっときついかも。

スポンサードリンク


まとめ

 

結局どっちが使い勝手が良いのか、これは人それぞれなんですが私の実体験的には

ガスコンロの方が圧倒的に使い勝手は良いと思います!

 

電気代はほとんど変わらないですから、それを踏まえると

ガスコンロは料理する人向け、IHはあまり料理しない人向け

という印象です。

 

いかがでしたか?

部屋を決める際にはぜひ参考にしてみてください!

一人暮らしコラム

一人暮らしの部屋への知らない人訪問ランキング!

部屋のタバコのヤニによる退去費用は平均いくら?

簡単音漏れ防音対策方法まとめ

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す