一人暮らしの部屋への知らない人訪問ランキング!突然のチャイムは無視すべき?


NHK受信料を拒否する方法

一人暮らしをして少し経つと、知らない人が次々に訪問してきます。

新しい入居者が入ったことを知って勧誘しまくってくる人達のことですね!騙されやすさというのは性格ではなく知識の量によって変わります。

てなわけで今回は騙されやすさと追い払いやすさ・断りにくさを基準に知らない人訪問にランキングを作成してみました。

初めて一人暮らしをする方は必見です。

スポンサードリンク

知らない人訪問ランキング

営業訪問は知識があれば簡単に追い返すことができますが、かなり口が上手いので騙されて、いつの間にか契約させられてしまう可能性があります。

基本的には予約のない訪問は無視が一番ですが、宅配便の可能性もあり、うっかり出てしまうので完璧に無視することが難しいのが厄介なところ。

第1位・・・インターネット系

賃貸不動産おすすめ

  • 騙されやすさ:
  • 断りにくさ:

個人的に一番危うかったのがインターネット系の営業訪問。インターネット系というのは具体的にはフレッツ光やジェイコムなどの営業訪問です。

厄介なのがその手口。

「現在インターネットの工事をしていて他の住居の方にもしてもらっているのですが・・・」てな感じで始まり、まるで契約しなければインターネットが使えなくなるような話をされます。

 

それに加え工事をすると回線が早くなるし今より安くなるといったことを説明され、こちらには何もデメリットがないかのような感じで勧誘してきます。

 

もちろんこれは全て相手の交渉術、なんなら詐欺といっても過言ではありません。今の契約を変えたからといって必ずしも回線が早くなるとは限りませんし、第一手間でしかありません。

 

もし、こういう勧誘の人が来たら「結構です」としっかり断ってください。

私は契約直前まで言って、なんか途中で面倒くさくなってやめたので事なきを得ましたがたぶん訪問系では一番断りにくく、騙されやすいでしょう。

ネット回線は「自分も工事してもらわなければやばい」みたいな雰囲気で押しかけてくるので注意してください。

第2位・・・NHK受信料

  • 騙されやすさ:
  • 断りにくさ:

知らないとかなりの確率で騙されてしまいますが、知識として知っておくだけで未然に防ぐことができます。

 

NHK受信料は新しい入居者がいると必ず訪問に来ます。どっかに引っ越した情報が漏れているんじゃないかってぐらい早いです。

実際、NHKは仲介業者と提携していることもあり、集金人が持っている「ナビタン」と呼ばれる端末で情報を共有しているので新たに入居者が入ると把握されてしまいます。

手口としては「電波の受信の確認をしているのですがテレビは持っていますか」という感じで聞かれます。

テレビやワンセグを所持していない場合は契約する必要は一切ありません。少しでも不審に思ったらその場では絶対に契約せずに友人や家族に相談するなり、ネットで調べてください。

NHK受信料については全国でもかなり問題になっていて、恐喝まがいな徴収の仕方や詐欺まがいな契約のさせ方をしている集金人もいます。

いきなり訪問してきてその場でお金払えってこと自体おかしいことですからね。

 

NHK受信料の断り方については別記事で詳しく解説していますのでそちらを参照してください。

すでに払ってしまった方はNHK受信料の解約手順をご覧ください。

https://twitter.com/MSoul16/status/1024572999192608768

https://twitter.com/pyorosu/status/1024249880691142656

「テレビはない」と言うとびっくりするぐらいすぐに帰ってくれます。

第3位・・・宗教の勧誘

一人暮らしの部屋への知らない人訪問ランキング!インターホンは無視すべき?

  • 騙されやすさ:
  • 断りにくさ:

一人暮らしあるあると言っても過言ではない宗教の勧誘。

ですが「あれ?これ宗教の勧誘じゃね?」ってのがすぐにわかるので断りやすいのが特徴。それと訪問で来るのは女性が大半です。

 

私の実体験の話をします。

ある日インターホンが鳴ったので何も考えずに出てみると30代ぐらいの母親っぽい人が登場!

そしていきなり「○○さんだよね?」なんて感じで慣れ慣れしく玄関入口に踏み込んできました。この○○さんというのは私とは全く関係ない名前。

で、「違いますよ!」といったらあれ?間違えちゃったと言っていきなり宗教の話を始めました。

その方の後ろを見てみるとおばあちゃんぐらいの年寄りと小学生ぐらいの娘さんが・・・

多分この3人は本当の親子ではないんでしょうけど、親子の設定で宗教の勧誘をしているんでしょうね。

 

後は「神社はよくない」とかわけわかない話をされたので丁寧にお断りしました。

 

騙そうとしている感じではないので断るのは簡単です。

逆にちょっと面白い体験でしたが中には勧誘に引っかかってしまう人もいるのでこうやって営業訪問しているんでしょうね。

騙されやすくはないですが、しつこさで言ったら他の営業訪問と引けを取らないレベルなので相手にするとある意味で厄介かも。

まじめに相手をしているとすごい面倒なので極論を言って撃退する方がいいでしょうね。

第4位・・・新聞の勧誘

一人暮らしの部屋への知らない人訪問ランキング!インターホンは無視すべき?

  • 騙されやすさ:
  • 断りにくさ:

新聞の勧誘もまた同じように「新聞なんですけど・・・」と説明されるので断るのも容易です。

新聞勧誘の場合は契約したときの特典をエサに契約させようとしてきます。柔軟剤とかビールとかが契約したときに貰える仕組みになっていて「1か月契約して解約すれば得だから」とかそんな感じで推してきます。

一度契約すると解約するのが手間なので、いらないと思ったらしっかりと断りましょう。学生の場合は特に新聞なんて必要ないでしょうし、今の時代は新聞を取らなくてもネットでニュースが見れる時代ですからね。

正直あまりしつこくはありません。何度か言えばすぐに帰ってくれるのでまだ良心的かも。

人によってはかなり悪質な手で勧誘してくるようです。撃退法も色々とあって面白いですね。

第5位・・・隣人

 

ちょっと番外編な感じですが、アポイントメントがなく、なおかつ夜遅くにインターホンが鳴る場合はたいてい隣人です。

引っ越しの挨拶をしにきたり、騒がしいから注意しにきたり、おすそ分けだったり・・・色々とありますが訪問してくる確率はかなり低いと思います。

一目みても隣人なのか不審者なのかはわからないので、特に女性の場合は出るにしてもチェーンロックをしたままにしておきましょう。

「要件は何か」を最初にはっきりさせておくべきです。

もし、騒いでいたりして自覚があるなら出るべきでしょうね。

スポンサードリンク

インターホンが鳴った時の対処方法

 

一番良いのは居留守を使うこと。ある程度すると帰ってくれるので営業訪問に居留守は最強です。

ただ、居留守を使っているのはたいていばれています。夜の訪問だったら部屋の明かりや電気メーターの動きで中に人がいるかどうか判断できます。しかし、それを知っていても出てくれなければ営業にとって意味がありません。

宅配便を頼んでいる場合は出る前に魚眼レンズで確認するようにしてください。モニターがない物件でも魚眼レンズは必ずついているはずです。

宅配便の風貌は独特なのでそれ以外なら居留守を使う、これでほぼ完ぺきに対応できます。

 

もし仮に出てしまった場合は「今忙しいので」と言ったり「無職なので」と言ったり、変人のふりをしたりして追い返すとよいでしょう。

下手に良い顔をしてしまうと再訪問されるので注意してください。

少しでも参考になれば幸いです。

一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

2件のコメント

  • 只野

    ネットの勧誘で電話でADSLが廃止になったので光に変えませんかと
    言ってきたけどホーム
    ページにその旨書いてないけどって指摘したら
    いきなり電話を切られた
    まぁ、この手の詐欺は
    ある程度情報を掴んでいれば判るけど、やり方が
    フザケ過ぎて腹立たしい

  • 富山範秀

    放送受信契約のご案内と放送受信契約書が郵便受けに投函されて7月5日までに返送するように書かれていました。無視しても大丈夫ですか?

コメントを残す