2人入居可なのにルームシェア不可?2つの違いはいったい何?


2人入居可なのにルームシェア不可

恋人や友達と一緒に住むために部屋を探している方は「2人入居可」物件や「ルームシェア可」物件を探すと思いますが、実はこの2つには違いがあります。

稀に「2人入居可」となっているのになぜか「ルームシェア不可」と記載がある物件も存在するので今回はこの2つの違いについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

ルームシェアと2人入居可のそれぞれの意味

ルームシェアとは

ルームシェアというのはその名の通り、一つの部屋、あるいは物件は誰かとシェアするものです。

似たようなものにシェアハウスというものがありますが、あれは最初から物件を複数人でシェアする専用の家なので一人ひとりの専用部屋が設けていて主要な設備は共用して利用する形態です。

ルームシェアの相手は基本的には友達です。恋人関係でも大きくいえばルームシェアですが他に「同棲」という言い方があるのでわざわざ「恋人とルームシェア」とは言いませんよね。

ただ、ニュアンスとしては友達、恋人と共同生活することはルームシェアです。

物件の条件に「同棲可」なんて表記はまず見ないですからね。

2人入居可とは

2人入居可というのは基本的に家族限定、もしくは身内と2人ならOKという意味です。

ニュアンス的な部分も多く難しいですが、2人入居可と記載されている物件は契約上友人や恋人を認めていないところも多いのが現状。

この2人というのは「家族」という意味です。

2人入居可でルームシェア不可物件の意味

わかりやすく言うと「家族や身内ならいいけど、友達とか恋人と一緒に住むことはダメな物件」ということになります。

不動産会社に勤めています。

この場合の2人入居は家族なら可ですね。(夫婦・親子・兄弟など)
ルームシェアは友人同士の事です。

参照元:知恵袋

2人入居可だけだと勘違いする人も多いですし、実際そのままの意味で考えると2人=同棲も大丈夫ととらえられるのでわざわざ「ルームシェア不可」と記載しているのでしょう。

2人入居可でルームシェア不可

こういった物件は多くはありませんが、一定数存在します。

ちなみに物件情報に「2人入居可」としてるだけの物件はルームシェア自体も可能だったりするので、これもまたややこしい部分です。

友人や恋人と一緒に住もうと考えている場合は「2人入居不可」や「ルームシェア不可」と書かれていない物件を探しましょう。

スポンサードリンク

家族はいいのに友人や恋人がダメな理由とは

一見同じことのようにも思えますが貸している側としては家賃をちゃんと払ってもらえるかどうかが一番心配な部分です。

仮に友達とルームシェアをしたとしてある日急に友達が出て行ってしまって家賃が払えないってことになると困るのは大家。これは恋人関係でも同じことが言えますね。

別れたらどちらかが出ていく可能性が高く、その時に家賃払えないでは困るので最初からルームシェア不可にしてしまおうという考えです。

逆に家族であればこういったリスクはかなり低く、どちらか一方が急に出ていったとしても身内なので責任逃れは出来ないわけです。

これが2人入居可でもルームシェア不可にしている真相です。

交渉次第でなんとかなることも

2人入居可でルームシェア不可となっていると通常は同棲できない物件ということですが、こういう部分も交渉次第で案外なんとかなることも多いです。

もともと1人限定アパートなら話は別ですが、2人で住むことが想定されている物件なら大家にとって心配事は部屋が汚くなることやうるさくなることではなく家賃の問題。

同棲と伝えると嫌な顏をされることも多いですが「結婚する予定で交際している」と伝えるとすんなりOKが出ることも。

恋人なのか夫婦なのかは契約上の問題なので別れる可能性が低いことを伝えることで交渉は通りやすくなります。

そもそも明確な決まりはない

物件に記載されている情報なんてのは意外と適当だったりします。

物件ごとに定義が異なるので「カップルならOK」ってパターンもあるようです。

そもそもアパートとマンションの違いについて明確な定義はありませんし、あくまでニュアンスの問題なので、それこそ2人入居可=ルームシェアもOKも珍しくないようです。

この辺は管理会社や大家次第なので「○○だから~」と言って諦める必要はありません。

営業マンに相談してみて交渉を持ちかけたりするとダメなことでも覆るので簡単に諦めるのはもったいないですね。

参考になれば幸いです。

同棲に関する記事

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す