部屋の中にキッチンがある物件のメリット・デメリットをまとめてみた


部屋の中にキッチンがある部屋

ワンルームや1K、1LDKなど部屋の間取りにはさまざまな種類がありますが、その間取りの中でも違いがあります。

ワンルームといえば廊下+キッチンで居間があるような物件をイメージしますが、部屋の中にキッチンが設置されていて寝室もキッチンもリビングも同じ空間になっているような物件もあります。

今回は寝室、リビング、キッチンが一体型になっているような物件のメリットとデメリットについてご紹介していくので部屋決めの際に参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク

ワンルームは2種類ある

よくあるワンルームの形がこちら。

ワンルーム

玄関を入って廊下があり、廊下にキッチンがあってその先にリビングがある物件です。典型的なワンルームですね。

 

もう1つのパターンがこちら。

ワンルームキッチン

廊下は存在せず、部屋の中にキッチンがあり、生活空間とキッチンが一体型になっているタイプです。こういった物件もワンルームです。

あまり違いはないように見えてこの2つは大きく異なります。

例えば前者なら部屋とキッチンの間にのれん等を設置することで簡易的ですが空間を分けることができますが後者ではそれはできません。

部屋内部にキッチンがある物件のメリット

一見生活しずらそうに見えますがこういった物件も表裏一体なのでメリットはあります。

1.家賃が安い

ワンルーム自体家賃が安いですが、こういった一体型の物件はその中でも特に安い傾向があります。

廊下ありのワンルームは大丈夫でも一体型を嫌う人は多いと思います。需要が伴わなければその分家賃価格は下がるので「とにかく安い物件に住みたい」という人にとっては理想の物件です。

2.デッドスペースが少ない

廊下がないことによってその分の面積を部屋に回すことができるのでその分部屋が広いのが強みです。廊下は生活の同線として重要ではありますが、物が置けないただの通路でしかないのでデッドスペースともいえるでしょう。

その分の部屋が広くなると考えると自由に使える面積が触れるわけですから部屋の広さを優先したい人にとってはいいのかもしれません。

3.部屋の温度が均一化する

ワンルームは仕切りがない分1Kよりもエアコンの通りが良いですが、部屋よりも若干温度が高くなったり低くなったりするのも事実。

その点、キッチンが部屋内部にあれば完全に均一化することができるので料理をするときに温度によるストレスを感じにくいですね。

例えば夏場にキッチンで火を使う料理していて「暑い」と思ったらエアコンをつければすぐに涼しくすることができます。廊下があるワンルームの方が少し時間がかかります。

4.ちょっとキッチンに用があるときに楽

例えば「ちょっと手を洗いたいとき」とか「電気ケトルを使いたいとき」等に部屋からキッチンに移動する手間がほぼないので楽です。

微妙な距離かもしれませんが、生活しているとキッチンに移動するのって割とわずらわしさを感じますからね。

手の届く距離に水道があるのはかなり便利です。

スポンサードリンク

デメリット

1.料理をしたときの臭いが気になる

一番のデメリットはこれ。廊下があるワンルームは仕切りを設けることで臭いを緩和したりすることもできますが、一体型物件の場合にこれはできません。

料理の臭い、油の臭いは直で部屋全体に伝わってしまいます。

特別臭いの強くない料理でも簡単に部屋が臭くなるのはかなりのマイナス点です。そのうち部屋が臭くなるのがいやで料理をしなくなる人は多いでしょう。

2.部屋が生ごみ臭くなりやすい

これも料理による弊害の一つ。生ごみが出たときにそれをどうするか考えておかないと地獄です。

独立したキッチンなら部屋にまで臭いが来ることはあまりありませんが、キッチンが部屋にあると臭いはすべて直で届くので「部屋が生ごみ臭くて寝れない」なんてこともあり得ます。

キッチンで寝るのと同じ状態なのでその嫌悪感からこういった物件自体選ばない方も多いと思います。

3.虫が発生しやすい

ちょっと語弊がありますが、水回りというのは何かと菌や虫が発生しやすい傾向があるので、この辺をよく考えてないといけません。

キッチンは少し油断するとすぐコバエが飛んだり悲惨な状態になりますが、部屋が分かれているならまだマシ。キッチンで対処すればいいだけですし1Kとかなら扉を閉めておけば部屋に入ってくることもあまりありません。

しかし、一体型だとキッチンの虫=寝室の虫なので対処のしようがありません。発生しないように常に清潔に保つことが重要です。

それとゴキブリが発生しやすいのもキッチンなので、この辺も注意が必要です。

キッチンと部屋の一体型物件に向いている人

【例】

  • 料理を全くしない人
  • あまり家に帰らない社会人
  • 細かいことは気にしない人
  • 虫が平気な人
  • 部屋を綺麗に保つことができる人

こういった人にとっては家賃が安いですし、たいしたデメリットに感じないと思います。

間違いなく料理をする人向けの物件ではないので、自炊を頑張ろうと考えている人はせめて廊下にキッチンがあるワンルームにした方が良いと思います。料理をする人はできれば1Kがいいです。

キッチンにごみを置く人が多いと思いますが、そのごみ箱の臭いも部屋に来てしまうことを忘れないようにしてください。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す