UR賃貸住宅の特徴やメリット・デメリット!仲介手数料や評判・口コミってどうなの?


UR賃貸住宅の特徴やメリット・デメリット!仲介手数料や口コミ・評判ってどうなの?

話題と言えるほど話題にもなっていないですが最近ちょくちょくCMを打ち出しているUR賃貸住宅。

しかも噂では借りるにあたってかなりメリットが多いというから気になります!

ということで今回はUR賃貸住宅の特徴やメリット・デメリット、さらに仲介手数料やネットでの口コミ、評判についてまとめてみました!

スポンサードリンク

メリット・デメリット

UR賃貸住宅の特徴やメリット・デメリット!仲介手数料や口コミ・評判ってどうなの?

UR賃貸住宅のホームページへ

【メリット】

  • 礼金不要
  • 仲介手数料不要
  • 更新料不要
  • 保証人不要
  • クリーニング代の内訳が明確
  • 専有面積が広い
  • 家賃の前払いで割引される

このメリットについてはUR賃貸住宅のホームページに堂々と記載されているものです。

UR賃貸住宅の特徴やメリット・デメリット!仲介手数料や口コミ・評判ってどうなの?

なんというか今までの不動産仲介業者のあり方を変えたような画期的なシステムが勢ぞろい。

例えば初期費用で地味に痛い、礼金や仲介手数料がUR賃貸住宅だと0!

 

さらに長く済んだ場合、通常2年に一度更新費というものを取られるのですがそれも0!

 

びっくりしたのは保証人が基本的に不要であること。

部屋を借りる時に保証人が必要であるというのは今までの常識で、もしいなければ代理の保険業者に手数料を支払わなければなりませんでした。

しかし、UR賃貸住宅ならそれらの一切の手間が省かれ、フリーターでも所得証明書や住民票の写しがあれば入居が可能です!

 

さらにその専有面積の広さもUR賃貸住宅の特徴の一つ!

1Rでさえ最低30平米(普通の1Rは約20平米)あるそうです。

これはUR賃貸住宅が管理している物件が全て団地であることと何か関係しているのでしょう。

 

クリーニング代についても入居時に書類を渡され、その書類に染みや凹みを記入することができるので退去の時にトラブルになる心配がありません。

 

しかも退去時は何にいくらかかるのかを細かく書かれた請求書が渡されます。

普通はクリーニング代にいくらかかったのかを明確にされていないのでトラブルになることも多いのですが、これなら納得できますよね!

ちなみにUR賃貸住宅の退去時のクリーニング代の平均は2万6000円だそうです。

これは不動産全体で見ると若干安い!!

クリーニング代を徹底的に安くする裏ワザ

 

フリーレント物件もありますし、春のキャンペーンなどで家賃が最大3か月無料になる場合もあるそうです。

まぁこれは稀でしょうけど。

フリーレント物件の意外な落とし穴とは

 

もう一つびっくりしたのは入居時に家賃を前払いすることができ、しかもその前払いした家賃額から割引がされるというもの。

つまり、ちょっと貯蓄がある人は前払いをしておけば、結果的に通常よりも安く住むことができてしまうということです。

この辺の特徴はウィキペディアにも記載されていて、わかりやすいので興味のある方は見てみてください。

UR賃貸住宅のウィキペディア

なんだかイイことばかりな気がしますがデメリットももちろんあります。

【デメリット】

  • 物件数が少ない
  • 家賃が高い
  • 物件が全て団地
  • 年収による入居審査がある
  • 入居期間に家賃が変動する場合がある

まず第一に物件数が他の不動産仲介業者と比較すると少ないこと。

これはいい物件にめぐり会える可能性が低くなるということですよね。

そして、専有面積が広いので相対的に家賃も高い!

共益費込みで計算すると一概には言えませんが大体通常の物件より10,000円ほど高い気がします。

まぁ礼金や仲介手数料を0にしている時点でおかしいとは思っていましたが、家賃を高くすることにより収益を賄っているようです。

 

色々物件探しをした方がUR賃貸住宅で部屋を探したら間違いなく「高い」と思うと思いますよ!

 

そして先ほど挙げた保証人不要のメリットにも落とし穴が。

というのも保証人は確かに不要なのですが、家賃がしっかりと払えるのかを確認するために年収、つまり所得証明書の提示が必要。

その所得が家賃と比較して入居の審査に使用されます。

おそらく家賃の何倍かじゃないと入居できないというシステムなのでしょう。

 

そもそもUR賃貸住宅の物件は単身向けではなく、ファミリー向けなのでフリーターの一人暮らしには向かないと思います。

 

それと注意点ですが、入居してから家賃が変動することがあります。

これは物件にキャンペーン価格と表示されていて例えば「6年目以降は62000円」などと書かれているので見落とすことはないと思いますが、一応。

長く住むと損をする物件が存在するということを頭に入れておいてください。

あと、これはウィキペディアにも記載されていたことですが、最近は利用層の高齢化が進んでいたり、外国人のコミュニティが形成されている団地もあるそうです。

普通に職に就いていれば外国人でも簡単に入居しやすいので、入居したら団地で「yo-yo」騒がしい!なんてこともあるかもしれませんね。

それはそれで面白そうですが(笑)

スポンサードリンク


口コミ・評判

 

現在URに住んでいます。
欠点を探すのは結構大変ですね。基本的にメリットのほうが多いですが。
住んだ感想として

・団地に管理事務所みたいなところがありますが、役に立たない。
→ペット禁止でペット飼っている人に何も言わない。
→事務手続き的なことは一切出来ない。まあ、廊下の電気が切れたとかの伝達係り程度。
→住民同士のトラブルは関知せず。
この人役割なんなの?と日々感じる。

・セールスが多い。比較的周辺住民より所得水準が高いと思われているため。また、うちの場合、電子ロックとかでもないのでチラシが多い。
→宗教系勧誘が頻繁。新聞勧誘もしょっちゅう。
→出前ピザのチラシだけでちり紙交換できる。

・共益費大丈夫?
→現在、築12年程度のURに5年住んでいます。確実に共益費の年間収支が悪化している。このままでは共益費の引き上げが必至の状態。
これは築年が進むにつれ、空室率が上昇しているのでしょう。よって初期の収支計算の見積もりが甘かったのか?現在空室率は公表されていないが感覚的に8~10%程度か?

・住民構成が多様
→保証人不要の裏返し。中国系、韓国系、インドネシア系などさまざま。良し悪し有り。
普通の方は水準が高く、別になんともないんですが、私の場合、韓国系の若い人が数人で部屋をシェアしているらしく、この方たちは、たまたま夜遅くまでマナーが悪い。周辺の人は日本人でもなく、日本語もわからないため声をかけられず、不安がっている。
逆に仲良くなれば、いろいろ親切にしてもらえる。
国籍と関係あるのかわかりませんが、習慣など違うため、仲良くなれない場合、不気味に感じます。仲良くなれば問題ないです。

・家賃が周辺比割高
→但し、更新料不要のはず。私の場合、計算すると、周辺の同一条件比5千円/月だと同じ結果になりました。URは共益スペースが大きく、これらの活用を考えるとむしろ割安(公園など共益スペースは住民以外でも使えますが…)。

こんな感じでしょうか。

基本的には満足してます。

参照元:教えて!goo

 

以前URに住んでいました。

家賃がURの新築物件と同金額なのに老朽しており色々あったので、早く転居しました。管理は新築の管理事務所が担当でした。
1)住民同士のトラブルには基本的にノータッチ。一般で言う管理費ではなく共益費を支払います。
2)新しい管理事務所だと新しい事務員が対応するのでたまに段取りが悪い。きちんと話を聞いて確認を取って下さい。必要な書類がその事務所に置いていない場合がある。自分は他のURまで約1時間かけて取りに行かされました。本来事務所に置いてあるはずの書類でしたが。
3)管理事務所がない場合、お金をもらって住民が窓口になっているURもありますが、その場合住民によってはひどい人もいる。←新築だと事務所があるので平気でしょう。
4)審査が他の賃貸よりもやや厳しい
年収などによってたまに断られる場合もあります。ただ保証人なども不要なのでその分きっちりしているのでしょう。
5)他の賃貸に比べ用意するものが多い場合がある。部屋の灯りやエアコンはありませんでした。網戸はほぼ無い。
自分は動く浴槽・水が出なくなる洗面台などがありましたが、新築だし入居時に即確認すれば大丈夫でしょう。不備があれば早急に言って下さい。新築に見学に行ったこともありますが綺麗で良いですね。
逆にURのいい所:保証人不要・礼金不要・更新料不要・敷金は退去時に綺麗に部屋を使えば戻る金額も高い・木造等に比べ防音性が高い
長く住むにはURとてもいいと思います。自分の様なタイプは珍しいとは思います。あえて注意するなら事務員さんの対応がおかしい時はよく確認なさって下さい。

参照元:教えて!goo

 

URに8年7ヶ月住み、まもなく転居します。
こちらは1棟300世帯以上、全10棟のマンモス団地です。

悪いところ・・・しいて言うなら隣人の騒音でした。
ですが、管理事務所に伝えたら、手紙で注意をしてくれました。
あとは勧誘が多い、くらいかな。

参照元:知恵袋

 

先ほど、転居にあたり敷金の査定に来られました。
壁はタバコのヤニでまっ茶、お風呂も一部カビ、湿気で壁紙が一部剥がれてましたが問題ありませんでした。
破損のみが対象で、壁や襖の汚れや剥がれは対象になりません、と言われ負担は¥0で敷金が全て戻ることになりました。
転居前に水周りを軽く掃除してくださいね!表面に付いた汚れ取るくらいで、ゴシゴシしなくて良いですよ、とのこと。

今月分の家賃を日割りにして、敷金から引いた分が振り込まれるとのことでした。

なので、私にはいいことずくめのURに思います。
たまたまいい建物にあたったのかも知れませんが!

参照元:ヤフージャパン不動産

 

10年住んでいます。いい時と悪いときがあります。それは、隣人が数年単位で変わるところでしょうか?後、家賃が高いです。部屋によっては騒音もあります。将来民営化されるとか。家賃が上がるかもしれないそうです。管理事務所の方は、良心的です。比較的長く住んでいる方も多いです。住みやすいUR もあると思います。

参照元:知恵袋

 

実際住んでいる人の評判を見てみるとやはり家賃が少々高いことと、入居の審査が厳しいこと、さらに隣人トラブルに対してしっかりと対処してくれないことがわかります。

全てを踏まえた上で考えると

UR賃貸住宅はファミリー向けで初期費用を抑えたい方向け

ということがわかります。

逆に言えばフリーターの方や単身者にはあまり向かないように思えます。

 

とはいえ、総合的に見れば圧倒的にメリットが多いのも確か。

ここまで良い部分が多い不動産仲介業者も少ないので条件の合う物件が見つかるようなら契約していいと思いますよ!

部屋探しで少しでも参考になれば幸いです!

ちなみに私のおすすめする仲介業者は「不動産仲介業者のおすすめTOP10」に記載しているので参考にしてみてください。

その他の口コミ・評判

アパマンショップ

大東建託(いい部屋ネット)

ピタットハウス

スマイティ

エイブル

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す