敷金・礼金・仲介手数料無料の物件は大丈夫?0円でもデメリットは存在するのか


敷金・礼金・仲介手数料無料の物件は大丈夫?0円でもデメリットは存在するのか

部屋を探している方ならご存知だとは思いますが、最近は敷金礼金0、さらに仲介手数料さえも0といううたい文句が流行ってるような気がします。

部屋を借りる側としては初期費用を抑えることができるので大変助かりますが、なぜ0にしているのかその裏を考えたことはありますか?

今回はそんな不動産仲介業者の裏側、敷金・礼金・仲介手数料0のデメリットについてまとめてみました!

スポンサードリンク

敷金・礼金・仲介手数料0のデメリット

【メリット】

  • 初期費用を抑えることができる

言うまでもないですが、敷金、礼金、仲介手数料が0なら初期費用をぐんと抑えることができます。

引っ越しの資金があまりないという方にとってもこれは助かります。

 

では、デメリットとはあるのか。

【デメリット】

  • 人気がない物件
  • 家賃が割高
  • クリーニング代を多く請求される

まず、敷金礼金というお金についてですが、敷金=預り金なので通常だと退去時の修繕費用(クリーニング代)に充てられます。

それが0ということは当然、退去時にがっつりとお金を請求されてしまうということ。

全国のデータによると退去のクリーニング代は平均2万~3万円となっていますが敷金0の場合はこれに家賃が上乗せされる可能性があると思っておいたほうが良いでしょう。

 

退去時にお金に余裕があるとは限らないのでデメリットと言えるでしょう。

まぁどっちにしてもお金は払うのでプラマイ0なんですけどね。

 

礼金に関してはこちらが払っても何も得しないお金なので0はありがたい。

仲介手数料も同様で、仲介手数料によって不動産仲介業者は利益を得ているのです。

「じゃあ仲介手数料0って業者に利益なくね?」とお気づきの方!

 

ここが厄介なところで、仲介手数料0物件というのはその分家賃を引き上げることにより利益を得るのです。

もちろん、初期費用に含まれるハウスクリーニングや鍵交換などからも多少の利益は得ているのですが、家賃からも数%仲介業者の懐にお金が入る仕組みになっています。

 

つまり、仲介手数料0物件は他の物件に比べてほんの少し家賃が高い!!

といっても月3000円ほどの値上がりになるので物件を選ぶ側にとったら値上がりしていることにも気づきにくい仕様になっています。

スポンサードリンク

ネットでの口コミ・評判

 

デメリット:敷金は家賃滞納時の保証金として預ける物ですが、退去時の修繕費用を引いて戻ってくる物でも有ります。
敷礼の有無で退去時の費用が変わることは有りませんが、敷金が無い分退去時の修繕費用を確保しておく必要があるでしょう。

基本的には大きなデメリットはないと思っていいですね。

 

○メリット:初期費用が安くなるイメージがある(実際は他の料金で変わる)。

○デメリット:退去時に礼金敷金相当の補修費用などが掛かることがあり、転居先の礼金敷金とブッキングすると、出費が大きくなる。

 

毎月の家賃に上乗せされてると聞いたことある。

 

敷金礼金ゼロのマンションに4年半住んで先月引っ越しました。普通の物件で敷金払って入居したマンションと何も変わらず特にデメリットなかったですよ。退去費も絶対多めに取られると思ってたけどゼロでした。

 

メリットは初期費用が安く済むことです。
必要な費用は、仲介手数料、前家賃、家賃保証料、
火災保険などでしょう。
デメリットは、安く入居できるので、
不良入居者が集まり易くなって、物件が荒れる
場合があることです。

 

実際に住んでいる人の中には退去費用も0だったという話もあります。

ですが、多くは退去費用のデメリットが挙げられています。

 

まとめると

敷金礼金0物件は人気がない物件で、仲介手数料0物件は家賃が少し高めに設定されている

ということです。

 

とはいえ初期費用が抑えられることには変わりませんし、そこまで大したデメリットも感じないように私は思います。

部屋を探す時はぜひ参考にしてみてくださいね!

その他の一人暮らしコラム

いい部屋を効率的に探し出す方法

引っ越し前に隣の住人を知る方法

共益費・管理費の平均相場

家賃が安すぎる理由

初期費用を10万円以下に抑える方法

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す