大学生の一人暮らし!親からの生活費の仕送り額は平均いくら?


大学生の一人暮らし!親からの生活費の仕送り額は平均いくら?

大学生から一人暮らしを始める方は非常に多いと思いますが、実際学生の本分は勉学なので親から仕送りをしてもらって生活している人がほとんど。

では、その仕送り額はいったいどれぐらいなのか!

今、大学生で一人暮らしをしている方も親的にもこの辺は気になると思うので仕送り額の平均を調べてみました!

スポンサードリンク

仕送り額の平均

おとり物件は存在する?その特徴や見分け方のコツをまとめてみた

スーモの調査によると全国の仕送り平均額は家賃を除いて4万円~5万円が最も多いようです。

これが多いか少ないかはさておき、家賃と合わせると合計で約10万円ほどかかることになります。

 

学費を自分で捻出している方は少ないので、学費+家賃+生活費・・・これって親にとってはかなりの負担ですよね。

 

年間の学費が約100万円×4年間+(家賃6万円+仕送り4万円)×12ヶ月×4年間で計算するとざっと4年間で880万円。

これが理系となるとそれだけで1000万円ほどかかってしまうわけです。

 

考えただけでも凄まじい金額!!

 

親の負担を少しでも減らすためには大学の奨学金制度を活用し、なおかつ自分でアルバイトをすることが重要です。

 

これだけでも親的には相当助かるんじゃないかな。

実際生活費はどのぐらいかかる?

スポンサードリンク


大学生の一人暮らしの生活費はどのぐらいかかるのか。

 

仮に家賃6万円の場所に住むとしたら光熱費を入れると一ヶ月で約8万円ほど。

これに・・・

  • 携帯代:6000円
  • 食費:20,000円
  • 交際費:20,000円
  • 交通費:8,000円
  • 雑費:20,000円

※いえらぶ×CAMPASデータ

 

一人暮らしの平均額としてこれだけかかります。

 

一ヶ月生活するのに必要の額は家賃を除いて74,000円必要。

 

つまり先ほど挙げた仕送り額の平均4万円~5万円じゃ賄えないわけです。

 

そこでアルバイトをすることで足りない分を補っていく形になります。

 

もしアルバイトをしないのであれば仕送り額を増やしてもらわないと生活がきついかもしれませんね。

 

いかがでしたでしょうか?

仕送り額がどうしても足りないようならこのデータを参考に親に交渉してみることをおすすめします。

なるべく足りない分はアルバイトで補っていく方が良いのですがどうしてもしたくない、諸事情により出来ないという場合は「学業を優先したい」という言い訳が有効でしょう。

その他の一人暮らしコラム

一人暮らしに反対する親を説得させる方法!

電化製品や家具など一人暮らしに必要なものチェックシート!

おとり物件は存在する?その特徴や見分け方のコツをまとめてみた

スポンサードリンク

トップページへ

コメントを残す