おとり物件は存在する?その特徴や見分け方のコツをまとめてみた


おとり物件は存在する?その特徴や見分け方のコツをまとめてみた

いい物件を見つけて、いざ店舗に行ってみると「すいません!その部屋はもう成約してしまったんです」と言われて、やるせない気持ちになったことはありませんか?

これがいわゆるおとり物件というやつですが、最近ではあまり聞かなくなってきたような気もします。

実際おとり物件は今でも存在するのか?その物件の特徴や見分け方についてまとめてみました!

スポンサードリンク

おとり物件の特徴

おとり物件は存在する?その特徴や見分け方のコツをまとめてみた

そもそもおとり物件とは何のためにあるのか。

一言で言うと成約率を上げるため、これにつきます。

冒頭でも説明したように、実際にはすでに成約してしまっているような物件をネット上にアップし、店舗に来店させて似たような物件を契約させようとするのがおとり物件の役目です。

 

店舗に足を運んでしまったからにはすぐ帰るわけにもいかず、なんだかんだで口車に乗せて契約してしまうわけですね!

 

確かに成約率も上がりますし、トラブルにはなるでしょうけど会社の売り上げは伸びるので現在も存在しているのでしょう。

 

では、おとり物件の特徴とは。

他の物件と比較すると・・・

  • 家賃がかなり安い
  • 敷金や礼金が0である
  • 駅から近い

 

おとり物件は部屋を探している人から見ると本当に理想的な物件で文句の付けどころがないような部屋がほとんどです。

 

家賃は相場よりも安く、駅からも近い、それでいて部屋が広かったり敷金・礼金も0だったり・・・。

このような部屋は注意が必要です。

おそらく好条件の物件を時間をかけて探している方なら一目でわかると思います!

 

おとり物件の見分け方

 

おとり物件の特徴は上記の通りですが、実際にはちょっとわかりにくいですよね。

 

もし好条件の物件を見つけて、おとり物件に引っかかりたくないのであればインターネットを使ってその物件の情報で再度検索をかけてみてください。

 

例えば、アパート名が「ヒトグラ」で○○住所と書かれていた場合、住所+アパート名(ヒトグラ)で検索をかけます。

すると扱っている業者がいくつか出てくるので家賃や条件が他と同じかどうか判別ができます。

 

それと掲載されている期間にも注目してみてください。

 

もし掲載期間が過ぎているのにもかかわらずそのまま載せている場合、それはおとり物件の可能性が高いです。

 

それと部屋を検索して最初に出てくる新着物件の広告はおとり物件の可能性があるので注意してください。

 

問い合わせた時に、とにかく来店させようとするのも、おとり物件である可能性が高いです。

スポンサードリンク


おとり物件を載せている不動産仲介業者とは

 

おとり物件に引っかからないためには鼻からおとり物件を載せている不動産仲介業者を選ばなければよいのかもしれません。

しかし実際には・・・

  • スーモ(suumo)
  • ホームズ
  • CHINTAI
  • いい部屋ネット
  • アパマンショップ
  • レオパレス
  • エイブル
  • ミニミニ

これらの有名企業のほとんどがおとり物件を扱っていると思われます。

おとり物件は存在する?その特徴や見分け方のコツをまとめてみた

例えば学生利用者数ナンバー1でお馴染みのスーモ(suumo)ですらおとり物件を掲載しているという噂があり、実際に確かめてみた方もいるようです。

おとり物件調査をした方の記事がこちら

 

それとエイブルは2008年に景品表示法違反で排除命令を受けています。

エイブルのおとり物件摘発記事はこちら

 

この2件からもわかるように、実際におとり物件を掲載していても公になっていない不動産が多いと推測されます。

 

まとめると・・・

  • おとり物件はかなり好条件で、掲載期間を過ぎても新着物件としてアピールしている
  • 住所+アパートorマンション名で他の部屋と条件を比較することで対策できる

ことがわかりました。

 

まぁ、仮に引っかかってしまったとしても損するのは労力と時間なのでそんなに慎重にならなくても良いというのが個人的な感想です。

もし実際足を運んだ時に「成約してしまった」と言われたらその場で帰ればいいだけの話ですし!

部屋を探す時はぜひ参考にしてみてくださいね!

その他の一人暮らしコラム

一人暮らしの共益費・管理費の平均相場はいくら?

部屋探しでのチェック項目と注意点!

一人暮らしの部屋は1Kとワンルームどっちが良い?

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す