一人暮らしは一ヶ月いくら貯金できる?その平均と節約方法まとめ


一人暮らしは一ヶ月いくら貯金できる?平均と節約方法まとめ

一人暮らしというのは自立できたり、家に異性を呼ぶことができたりとメリットも大きいですが、やはりネックなのがお金の問題。

一人暮らしは貯金ができないというのは良く言われることですが、実際世間的にはどのぐらい貯金できているのか気になりませんか?

そこで今回は一人暮らしが一ヶ月に貯金できる額や世間の平均額、さらに節約方法についてまとめてみました!

スポンサードリンク

貯金額の平均

 

ひとえに貯金額の平均と言っても、学生や社会人、はたまたフリーターなど職業や年齢によって大きく異なるのでカテゴリー別に分けてみていきます。

  • 学生

マイナビの調査の結果、10万円未満と回答した人が最も多く、その次に高かったのが10万円~30万円未満。

平均はおよそ15万円ぐらい。

学生の場合、家賃を親に支払ってもらっている人がかなり多く、仕送りをもらっている人も少なくありません。

また、学生は時間が多いのでその分バイト代も遊びに使ってしまうのでしょうね!

 

  • 社会人

ここでは新卒~3年目(年収300万円未満)を対象に見ていきます。

平均額は101万円となっていて、実は0円と回答された方も全体の11%います。

社会人は暇な時間が少なく、ボーナスもあるので一人暮らしをしていると言えど貯金を持っている方が多いようです。

 

  • フリーター

ナリナリドットコムの調査によると貯金額の平均は44万円。

あれ?意外と多いような・・・。

しかし、これは全体の平均で20代で一人暮らしの貯金額の平均は18万円でした。

やはり、フリーターだと親から援助もしてもらえず、生活はカツカツな方が多い模様。

 

一ヶ月にいくら貯金可能なのか

 

世間の貯金額はさておき、実際一ヶ月にどのぐらいのお金を貯めることができるのか。

もちろん住んでいる場所、家賃、出費によって大きく左右されてしまいますが、東京都内の一人暮らしを例に出してみます。

 

都内の一人暮らしの家賃の平均はおよそ7万円。

家賃や光熱費、諸々を入れて計算すると月々かかるお金は約13万円ほど。

一人暮らしにかかるお金一覧については一人暮らしの生活費用まとめを参照してください!

 

大学卒の社会人は初任給が手取り20万円ほどなので月に貯金できるお金は7万円となります。

 

もちろん仕事上の付き合いがあるでしょうから、なんだかんだで5万円ぐらいになってしまうと思います。

しかし、年間を通じて考えればボーナス等があるのでもっと増えるでしょうね!

 

最低限の生活で良いのであれば一ヶ月に7万円は貯金できることがわかりました!

 

一人暮らしが年間で貯金できる額は12×7=84万円ほど。

ボーナスを含めれば100万円ぐらいは一人暮らしでも十分貯金できると思います!

スポンサードリンク


節約方法まとめ

 

貯金するための節約方法ってネットや本でいくらでも見れると思いますが、その大概はすごく小さなことをコツコツとやっていくというもの。

 

しかし、実際そんなことをしなくても貯金は可能です。

  • 遊びの回数を減らす
  • 飲みに行く回数を減らす
  • 趣味に使うお金を減らす

 

この3つを抑えるだけである程度の収入がある方なら簡単に貯金できてしまいます。

例えば、飲みに行く回数を月に1回でも減らせばそれだけで3000円は浮きます。

タバコやお酒が好きな人はそれを抑えるだけでかなりの額になるでしょう。

 

外食が多い人なら自炊を毎日でなくとも、なるべくするようにする。

 

コツコツと貯金するのではなく、消費を減らすことを考えるだけで一ヶ月で数万円も貯金できると思いますよ!

 

ちなみにそれでも不安という方は口座を二つ以上に分けて、毎月貯金用口座に入れるようにしてみてください。

私はこれを実践して、お金が貯まるようになりましたので!

お金がなければ減りようがないですから、貯金用の口座には絶対に手を付けないようにしましょう。

 

いかがでしたか?

自分が世間の貯金額より低いか高いかを知るだけでも、貯金のモチベーションに繋がると思います。

一人暮らしをしているからと言って決して貯金が出来ないという事はないので、頑張ってみてくださいね!

その他の一人暮らしコラム

一人暮らしで買って後悔したもの

一人暮らしの退去時のクリーニング代はいくらかかる?

一人暮らしで得られる経験や身に着くこと・メリット

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す