一人暮らしの近距離な引っ越し代を徹底的に安くさせる方法と手順


一人暮らし、あるいは同棲、または退去時など引っ越しの際はかなりお金がかかります。引っ越しするときに引っ越し業者に頼むとかなり楽に引っ越しができますが、一人暮らしといっても結構なお金がかかってしまいます。

そこで今回は引っ越し業者に頼まずに徹底的に引っ越し代を安く済ませる方法についてまとめてみました。

近距離限定となりますが、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

引っ越し代を徹底的に安く済ませる方法

私の場合は引っ越し業者に頼まずに基本的に自力で引っ越しをしています。車で1時間ぐらいの距離であればそれほど苦労せずに引っ越しすることができます。

今回ご紹介するのは驚くべきような方法ではありませんが誰でもできるのでご紹介していきます。

1.自分で運ぶ

 

近距離の引っ越しの場合、手間はかかりますが、自分で車を運転して荷物を運んだ方が圧倒的に安く済みます。

かかるものはガソリン代と高速に乗るなら高速料金ぐらいです。

2.レンタカーを借りる

 

もし、実家に車がない、自分自身も車を持っていないという場合はレンタカーを借りてみてください。

荷物の大きさによって借りる車は違うでしょうけど、やはり大きい車の方が良いです!

普通車で大体1日借りるのに相場は8000円ぐらいです。

ニコニコレンタカーやTIME’s carが個人的にはおすすめ。

レンタカーを借りる時に必要なものは2つ。

  1. 運転免許証
  2. 住所がわかるもの

ネットで予約する場合は別にクレジットカードが必要になるので準備しておいてください。

3.親や友人に頼む

 

自分自身が運転免許を持っていないという場合は親や友人に頼んでみるのも一つの手です。

友人に手伝ってもらうのは気が引けるという場合は協力費としていくらか払ったり、食事をおごると手を貸してくれる人が多いです。

大きな荷物を運ぶ場合にやはり自分ひとりでは辛いので友人に手伝ってもらうと一石二鳥です。

4.どうしても運べないものだけ引っ越し業者に依頼する

 

レンタカーを借りたくないけど自分の車に入りそうもない荷物がある・・・と言う場合は大きい荷物は引っ越し業者に任せて、小さな荷物を自分で運ぶのも効率的です。

【例】

  1. 冷蔵庫
  2. 洗濯機
  3. ベッド

このあたりのものは運ぶのが大変ですし、車によっては大きすぎて入らないこともあります。

運んでもらうのは大きい荷物だけなのでコストを最小限に抑えることが出来ます。

スポンサードリンク


引っ越しの手順

手順1:いらないものは徹底的に捨てる

もし、現在一人暮らしをしていて退去するという場合は、引っ越す際に要らないものを徹底的に捨ててしまいましょう。

例えば、引っ越してきてから1年以上着ていない服というのはこれからも着る機会はほとんどありません。

いるかわからないけど取っておくというのは引っ越しの手間となります。

迷ったら捨てる!これを意識して仕分けしてください。

 

私の場合は引っ越す際に大きいものが邪魔だったので本棚やタンスを売ってしまいました。捨てるのが忍びない・・・と言う場合は、近場のリサイクルショップで売ってしまうことをおすすめします。

まだ時間があるのであれば、ヤフオクやメルカリといったアプリを使用した方が高値で売れます。

引っ越し先でダンボールから出さずにそのままになっている人も多いみたいなのでいっそ断捨離気分で行いましょう。

手順2:荷物を分ける

まず最初にやってほしいのが家具や家電など大きい荷物と食器や本など小さな荷物を分けてください。

小物は段ボール等に入れて運びやすくしておいてください。

段ボールの入手方法についてもまとめているので参考にしてみてください。

手順3:車を用意する

実家に車があるというのであればそれを使うのがベスト。

ない、もしくは実家の車が軽だと大きな荷物は運べないので上記でご紹介したようにレンタカーを借りるか友人に頼んでください。

深夜に引っ越しをするとかなり効率的

あまりものがないと言っている人でも引っ越し時にまとめてみると結構な量になります。

【例】

  1. テレビ
  2. 本棚
  3. タンス
  4. 自転車
  5. 洗濯機
  6. 冷蔵庫
  7. 小物

少し考えただけでも大きい荷物がこれだけあります。一人暮らしの場合は普通の車でも3往復ほどする必要があります。大きな荷物はそれだけ運ぶのが大変です。

必然的に数回に分けて運ぶ必要がありますが、もし渋滞に巻き込まれたりしたらそれだけでかなりの時間を使ってしまいます。

自力で引っ越しする場合は夜に、できれば深夜帯に荷物運びをするとかなりスムーズです。

私の場合引っ越し先が1時間程度かかる距離でしたが、深夜に運んでみたら30~40分で済んだのでかなり楽に感じました。

もちろん深夜に運ぶと運び入れが近所迷惑になるので大きな音がしてしまうものは無理ですが、ダンボールに収まる程度の荷物ならかなり効率的です。

短距離の引っ越し業者は「赤帽」が安い

自力での引っ越しが面倒なら赤帽という引っ越し業者が安いのでおすすめです。

引っ越し距離が20キロ以内で2時間程度の利用に限られますが約15,000円ほどで引っ越すことができます。

荷物運びは運転手のおじいちゃんと自分も動かなければならないというデメリットもありますが、安く済ませたい人はありだと思います。

大きな荷物だけ赤帽に頼むというやり方もありでしょう。

普通の引っ越し業者だと3万~5万ほどするのでかなりもったいないです。

赤帽VSレンタカーVS引っ越し業者!料金比較してみた

よければ参考にしてみてください。

赤帽の公式ページへ

一人暮らしコラム

 

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す