一人暮らしなら合鍵は作るべき?作れる場所・お店や値段をまとめてみた


一人暮らしなら合鍵は作るべき?作れる場所や値段をまとめてみた

一人暮らしを始めると当然鍵を貰えますが、現在その鍵だけで生活していますか?

実はこの鍵をなくしてしまうとお金がかかってしまいます。

鍵は割とすぐに無くしてしまいがちなアイテムですし、作っておいて損はありません。

そこで今回はその合鍵の作り方、作れる場所やかかる値段についてまとめてみましたのでまだ作っていない方は参考にしてみてください!

スポンサードリンク

鍵を無くすといくらかかる?

もしあなたの過失によりマスターキー(最初に貰った鍵)を無くしてしまっても、その時点でお金を払うとは限りません。

その部屋から引っ越す時に基本的には鍵を返却しなくてはなりませんが、その時に鍵がない場合は鍵交換代として請求されます。

もし、鍵が1本もなくて家に入れない、もしくは出れないという場合はすぐに錠自体を交換しなければならないのですぐに料金が請求される可能性もあります。

鍵をなくしたときにかかる金額は10,000円~20,000円程度。私がなくしたときは15,000円でした。

鍵の種類や管理会社によって金額はまちまちです。

 

鍵を無くすとノブの方も全て変える必要があるため、高額になってしまいます。

新しい入居者が入るたびに鍵は交換しているはずなので、明確にはなぜ鍵を返却しなくてはならないのかちょっと謎ですけどね。

 

ちなみに鍵の紛失についての値段が知りたい場合は契約の時に貰った契約書類に必ず書いてあります。

自分で調べるのが面倒な場合は管理会社に問い合わせると早いですが、だいたい15000円取られることを覚えておいてください。

もちろん鍵の紛失が1本でも2本でも変わりません。

スポンサードリンク


合鍵(スペアキー)はいくらで作れる?

鍵の種類によって金額は異なります。基本的にセキュリティーが強固(複製が難しいもの)な鍵ほど時間も金額も大きくなります。

賃貸物件の場合、大きく分けて2つの鍵が存在します。

1.ディスシリンダー錠

31GC6QtMiuL

  • 料金:500円~1,000円
  • 時間:10分~15分

木造アパートからマンションまで幅広く使われている最も一般的な鍵の構造。

ギザギザしているのが特徴です。

「合鍵作ります」と謳っているお店なら基本的にどこでも簡単にその場で作成でき、値段も手ごろで時間もかかりません。

安く作れるので2本以上作っても大したコストがかからないのが魅力です。

ちなみに持ち手が丸みを帯びている「ピンタンブラー錠」も同様の値段で作成が可能です。

2.ディンプルシリンダー錠

211-3

  • 料金:3,000円~5,000円
  • 時間:30分~1週間(取り寄せだと時間がかかる)

オートロック物件などセキュリティが比較的厳重な物件ではこのタイプの鍵が採用されています。

鍵の表面にいくつか丸い凹みがついていて、複製しづらいのが特徴。

 

この鍵の複製には専用の機械が必要になるので、ホームセンターや合鍵専門店でも取り寄せになってしまうことが多く、時間も手間もかかります。

値段も高いので作るのを諦める人も多いですが、鍵の引き渡し時に1本しか貰えないことが多く、マスターキーを無くした時点でエントランスにすら入れなくなるので最低でも1本はスペアーキーを作るべきです。

私が合鍵屋で頼んだ時は作成4,000円+取り寄せ代で4,800円かかると言われました。

今まで使用していた鍵は簡単に複製できるディスシリンダー錠だったので詐欺かと思ったぐらいです。

合鍵はどこで作れる?

合鍵を作った方が良いのは当たり前ですが、実際どこで合鍵が作れるのか少しわかりづらく、普段行かないお店だけに入りずらかったりします。

1.ホームセンター

カインズホームとか大型のショッピングセンターならレジ近くのカウンターに「合鍵作れます」と表記されていることが多いです。

引っ越しをすると色々物入りなので買い物をする人が多いこともあってか併設されています。

ただ、値段の高いディンプルシリンダー錠は取り寄せになる可能性が高いので注意。

2.合鍵専門店

店構えが少し古い感じで小さいのでついつい見逃してしまいがちですが、住んでいる地域の近くにも1件ぐらいはあることが多いです。

専門店ならディンプルシリンダー錠でもその場で作ってもらえる可能性が高いです。

グーグルマップ検索でも引っかからないぐらい小規模なので見つけるのは大変かも。

3.ショッピングモール内

大型ショッピングモールであればほぼ100%どこかに併設されています。

イオンとか近くに家の近くなら行ってみる価値はあります。

4.ネットで作成してもらう

今の時代なら正直ネットが一番手っ取り早いです。料金も安価で、自宅にいながら作成依頼できるのでわざわざ鍵屋を探す必要がないですからね。

鍵の社名と鍵番号、もしくは鍵の写真を取って送るだけで作成してくれるところもあります。

マスターキーじゃないと合鍵は作れない

超初歩的な話ですが、実際私は以前スペアキーを2本作ってもらって1本無くしたのでスペアキーを元に作ってもらおうとしたら断られたことがあります。

合鍵はマスターキーのみでしか作成することはできません。例えば初めての一人暮らしで親にマスターキーを預けてしまうと、自分が持っているスペアキーから合鍵を作ることができなくなります。

 

合鍵を作っておけば、恋人が出来た時にも便利ですし、マスターキーを無くすリスクを減らすことが出来るので一人暮らしを始めたらなるべくすぐに作っておきましょう。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

コメントを残す