一人暮らしの女性向け?オートロック付き物件のメリット・デメリットまとめ


一人暮らしにオートロックは必要?そのマンションのメリットやデメリットとは

女性に人気が高いオートロック付きマンション。

一人暮らしを始めるときに女性の方なら「オートロックは必須」と考えている方も多いのではないでしょうか。

確かに安心・安全のイメージがありますが実際はどうなのか。

ということで今回はオートロックマンションのメリットやデメリットをまとめてみましたので参考にしてみてください!

スポンサードリンク

オートロック物件のメリット

一人暮らしにオートロックは必要?そのマンションのメリットやデメリットとは

【メリット】

  1. 建物がしっかりしている
  2. セールスマンとの接触回数が減る
  3. 不審者の出没率が低い・空き巣に狙われにくい

1.建物がしっかりしている

オートロック物件は鉄骨造、もしくは鉄筋コンクリートマンションが多く、アパートに比べてしっかりとした造りになっている特徴があります。

 

鉄筋コンクリートマンションは耐火性が高く、地震などの災害時にも強いのでもしもの心配をする人にとってはかなり安全です。

賃貸トラブルと言えば「隣人の生活音がうるさい」等の音関係ですが、鉄筋コンクリートは防音性も高いので住み心地が良い傾向があります。

正直、オートロック物件のメリットというより鉄筋コンクリートのメリットですが、オートロック物件を選べば必然的にこういった物件に住むことになるのでメリットですね。

2.セールスマンとの接触回数が減る

一人暮らししていて嫌なのが突然のセールス訪問。新聞やNHK受信料、インターネット、宗教の勧誘など色んな人が訪ねてきます。

気の強い人なら拒否すればいいだけの話ですが、口がうまく、知識がないと何もわからずに契約してしまうことも多く、よくあるトラブルの原因となっています。

その点、オートロック物件ならセールスマンも部屋の前に来る前にエントランスで止めることができるので、直接会う必要がなく、断りやすくなります。

私の友人の営業マンによると「オートロック物件は断られることが多いからいかない」と言っているぐらいなので、通常の物件よりも訪問回数は少ないのもメリットです。

営業マンはオートロック越しに会話をするしかないので、無理やりそれを超えることが出来ません。押しに弱い女性でも断れますし、びくびくすることもかなり減ると思います。

うっかりドアを開けたらNHK受信料の徴収人だった!なんてことはまずないですからね!

3.不審者の出没率が低い・空き巣に狙われにくい

特に空き巣やストーカー対策としては十分です。オートロック物件でも工夫すれば中に入ることはできますが、そこまでしてまでオートロック物件を狙うメリットは少なく、不審者にも「防犯を意識している人が住んでいる」という印象を与えているので狙う人が少ないです。

オートロックのマンション内には管理人がいることも多いので、もし仮に変質者が現れてもしっかりと対処してくれるの魅力。困ったときに助けてもらえますからね。

スポンサードリンク

オートロック物件のデメリット

【デメリット】

  1. 意外と防犯面は脆い
  2. 部屋に入るまでが手間
  3. 家賃や共益費が高い
  4. 鍵を忘れたときに困る

1.意外と防犯面は諸井

オートロックと聞くと、なんだか防犯性にとても優れているような気がしてしまいますが実際はそこまで防犯性が向上するということはありません。

例えばあなたを狙っているストーカーがいたとしましょう。

マンションに本気で入ろうと思ったらマンション内に住んでいる人とタイミングを合わせてしまえばドアは開きますよね。

また、某不動産会社の話では「オートロックは裏からの侵入が簡単にできてしまう建物が多い」と打ち明ける方も。

思い返してみれば、小学校の時に友人が住むオートロックマンションで遊んでいたことがあるのですが、外からは駐輪場方面の策を飛び越えれば簡単に侵入できた気がします。

侵入しようと思えば小学生でも簡単に出来てしまうのです。

アパートや普通のマンションに比べたら防犯性は優れていますが、完璧ではないということです。

2.部屋に入るまでが手間

オートロック物件は通常の物件と異なり、いわゆる2重ロックなので鍵を開けるのも2回必要。

例えばお出かけをしようとしたときに、外に出てから忘れ物をしたらエントランスで解除、家の前で解除しなくてはならないのでかなり面倒です。

急いでいるときなんかは特にデメリットに感じます。

3.家賃や共益費が高い

オートロック物件は他の物件よりも家賃が高い傾向があります。オートロックにするためにコストがかかるので、その分家賃を値上げしなければなりませんからね。

家賃に上乗せされていない場合は共益費が高くなっているので見逃さないように。

余談ですが家賃に上乗せされているよりも共益費に上乗せされていた方がトータルコストは安くなります。

礼金1か月や更新料1か月は「家賃1か月分」となるので共益費は含まれません。

4.鍵を忘れたときに困る

うっかりさんには向かない物件です。

オートロック物件には鍵や暗証番号を必要とし、それらを忘れてしまうと締め出しを食らいます。

忘れ物が多い人とかはうっかり鍵を忘れてしまうこともあると思うので、本当に注意しておかないとかなり面倒です。

オートロック物件に対するネットの口コミを集めてみた

エントランスで不審者は防げるからちょっとの外出程度なら鍵を閉めない人もいるみたいですね。確かにメリットにも思えますが他の住人が入るという可能性もあるような。

個人的にはこれが一番のメリットな気がします。営業訪問ほんと怖い。

本気を出せば入れてしまうというザル物件ですが、オートロックという威圧感と管理人がいるかもしれないと思わせられるので結局防犯性は上がります。

 

こうしてみるとなくても良いけどあると少し嬉しい程度という意見が実際に住んでいる方の話では多いようです。オートロックで逆に失敗したという話もあまり聞きません。

オートロック物件は女性におすすめ

オートロック物件に住んだからと言って防犯面が最強になるわけではないですが、予防法として優れているのは確かですし、実際にオートロック物件を狙う不審者は少ないそうです。

あとは営業訪問が怖い、押しに弱いという人向きかなぁという印象。

家賃があがるデメリットがあるので、万人向けではないです。女性向けであることは間違いありません。

内見時にチェックしておくべきこと

1つ挙げるとすれば「どこかから簡単に侵入できてしまわないか」確認してください。

塀が低いのは見てわかりますが、駐輪場付近は意外と簡単に侵入できる構造になっていることもあります。

防犯面を気にするのであれば侵入しにくい造りになっていなければ意味がないですからね。オートロック物件といっても塀がほとんどなく、ベランダから簡単に侵入できてしまうような物件も存在するので注意してください。

あとは「管理人が常駐かどうか」も確認しましょう。

部屋内部のチェックポイントは「一人暮らしのための内見で確認すべき15箇所のチェックリスト」でまとめているので参考にしてみてください。

オートロック付き物件の探し方

スーモやホームズで普通に探してもオートロック付き物件は見つかりますが、ネットで探す場合、情報にラグがあるので良い物件を見つけてもすでに成約済みになってしまっていることが多々あるので注意してください。

店舗の場合は情報が早いですが、その分時間がかかり、紹介してくれる物件数も少ないのがネックです。

個人的におすすめなのはイエプラ等のお部屋探されサイト。

イエプラ

無料で使えるサイトで、条件を設定すると半自動的に最新の物件を紹介してくれて、さらにチャットで細かい条件を伝えることができるので非常に効率的です。

物件数はかなり多いですが関東と関西しか取り扱っていないので利用できる人は限られますが、かなり使い勝手が良いのでおすすめ。

イエプラの公式ページへ

参考までにどうぞ。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す