一人暮らし大学生の節約術!食費や電気代は節約しやすい?

一人暮らしは何もせずに暮らしているだけで家賃や光熱費など高いお金がかかります。

それに加え、普通の生活をするとなると食費や交際費、交通費などもかかり、貯金する余裕はほとんどなくなってしまいます。

今回は一人暮らしの大学生向けに誰でもできる節約術について紹介していきます!

一人暮らしでかかる1ヶ月の生活費

まずは一人暮らしが1ヶ月で必要な生活費について平均をまとめてみました。

どのぐらいかかっているのか、自分は平均より上なのか下なのかを把握しておくことが大切です。

一人暮らしの平均家賃は約6.5万円と言われていますが、学生に限定すると光熱費込みで5.3万円が家賃平均となっています。

社会人に比べて学生は初めての一人暮らしということで圧倒的にアパートが多く、また大学近くの物件は相場よりも安い傾向があるので平均家賃も低くなっています。

【学生が1か月でかかる費用】

項目金額(月あたり)
家賃光熱費約53,000円
食費約25,000円
交通費約3,500円
教養娯楽費約11,000円
書籍費約2,000円
勉学費約2,000円
日常費約7,000円
スマホ代約3,500円
その他約2,000円
合計約109,000円

家賃光熱費込みで約11万円、家賃と光熱費を抜くと生活に必要なお金は約5.6万円ほどです。

無駄遣いを減らす節約方法

一人暮らしにかかる生活費には節約しやすいものと節約しにくいものがあります。

わかりやすく表にまとめてみました。

節約のしやすさ

いくら頑張って節約しようとしてもたいして効果が出なければ意味がありません。

具体的な無駄遣いを減らす節約方法について項目ごとにまとめてみました。

食費代

実家暮らし月10,540円
一人暮らし月24,680円

全国大学協同組合連合会の調査結果によれば一人暮らしの大学生の食費平均は約2.5万円となっています。

食費は最も人によって差が出る部分です。

自炊がメインか外食がメインかによっても1ヶ月にかかる費用はかなり変わってきますし、自炊する上でも節約方法は無限にあります。

健康に関わってくる部分なので顕著に食事を制限する必要はありません。

◆なるべく自炊する

1回あたりの外食が1,000円だと仮定すると1日2回×30日で6万円もの食費になってしまいます。

自炊の場合は1回あたりの食費は高くても500円程度ですし節約しようと思えば1食あたり200円以下に抑えることも十分可能です。

自炊をメインにすれば1ヶ月あたり1.5万円程度までは十分に抑えることが可能です。

◆肉料理を減らす

自炊しても何も気にせずに料理をしてしまうと高くつく場合があります。特に肉料理は単価が高いので高頻度で買っていると外食とそこまで差がつきません。

僕は一時期肉料理を減らすようにしたら圧倒的に食費を減らすことができました。

もちろんゼロにすれば健康に影響が出る場合もあるので、そういった場合は肉の中でも安い胸肉を使用した料理を作りましょう。

胸肉は低カロリー高たんぱくなので健康的です。唐揚げや胸肉のネギ塩焼き、照り焼きなどもも肉の代用としても使用することが可能です。

◆冷凍をうまく利用する

一人暮らしだと作っても量が多くて余ってしまう可能性があります。こういった時はこまめに冷凍保存したりするだけで無駄にならずに次に作る手間もなくすことができます。

僕は学生時代にあまり冷凍保存しておらず、腐らせてしまうことがよくありました。同じものを食べていると飽きてくるので冷凍は大事。

一人暮らしにおすすめの必須調味料!使いきれない調味料とは?

電気代

電気代平均は4,000円~5,000円前後と言われています。

総務省統計局の家計調査(2020年)によると単身者の電気料金平均はこんな感じ。

季節料金平均
1月~3月5,616円
4月~6月5,284円
7月~9月4,624円
10月~12月4,387円

夏場と冬場では電気代もかなり違いますし、意識していないと一人暮らしでも高額になりがちな部分です。

◆電気代が安い暖房機器に切り替える

電化製品消費電力(W)電気代(1時間当たり)
電子レンジ50013円
エアコン600~180015.6円~46.8円
ホットカーペット400~60010.4円~15.6円
コタツ100~2002.6円~5.2円
ハロゲンヒーター500~100013円~26円
電気ストーブ100026円

電気代で特に問題になるのが冬場です。暖かいからと自由に使っているとかなり電気代が高くなるので節約したいのであれば電気代が安いものを使用することをおすすめします。

個人的におすすめはコタツ。他の暖房機器に比べてかなり電気代が安いので節約したい人にはもってこいのアイテム。

一人暮らしの冬の電気代平均はいくら?8,000円や1万円は高すぎる?

◆エアコンの温度を考える

エアコンは起動から設定温度になるまでの時間というのが最も電気代がかかると言われています。1℃下げるだけで10%の電気代削減ができるのでおすすめです。

また「ちょっとコンビニに行く」とか短時間外出の場合はわざわざエアコンを切ってしまうほうが電気代がかかる可能性があるのでこまめに電源を消す必要はありません。

ガス代

ガスというのはプロパンガスと都市ガスの2つあります。プロパンガスは都市ガスに比べて1.5倍~2倍ほど料金が高くなってしまいます。

2021年9月の東京ガス都市ガス料金単価と一般社団法人プロパンガス消費者協会によるプロパンガスの料金単価について比較してみました。(東京都の場合)

項目都市ガスプロパンガス
基本料金約759円約1,500円
1㎥あたり約145円約208円
20㎥使用時約2,900円約4,160円
1ヶ月の目安合計約3,659円約5,660円

切り替えたくても部屋ごとに契約するガスの種類は決まっているので変更することはできません。

◆シャワーの時間を短くする

シャワー10分毎都市ガスプロパンガス
ガス代約26円約49円
水道代約20円約20円
合計約46円約69円

シャワーを10分間浴びるだけでもこれだけの料金がかかります。

1回あたりは小さいかもしれませんが、シャワーは毎日浴びるものなので1ヶ月スパンで考えるとかなり高くつくこともあります。

ちなみに冬場は冷たい水を設定温度まで温めるのにガス消費量も多くなるのでそれだけ料金も高くなります。

頭や身体を洗っている時は流し続けないようにしたり、なるべく早く済ませるだけでもかなりの節約になります。

◆煮込み料理を避ける

普通の料理ならそこまで長くガスを使うこともないので問題ありませんが、煮込み料理等の時間のかかる料理はそれだけガス代がかかります。

たまに作る程度ならいいと思いますが、ガス代を節約したいならパパっとできるような料理を選ぶようにしましょう。

水道代

水道代は2ヶ月に1回の請求で1ヶ月あたりの平均は2,000円前後と言われています。

総務省統計局の家計調査(2020年)によると単身者の水道料金平均はこんな感じ。

季節1ヶ月の水道料金
1月~3月1,608円
4月~6月1,920円
7月~9月1,618円
10月~12月1,727円

表にも示した通り、水道代は意識してもしなくてもたいして料金は変わらないので節約優先度としては低め。

◆トイレの節水

トイレの水はタンクから流れ出るものですが、何もしなければ自分で量を変更することができません。

方法としてはタンクにペットボトルを入れて貯水量を減らし、1回あたりの水の量を減らすか節水リング等を内部に取り付けてレバーを引く間だけ水を流れるようにするかです。

◆洗い物の節水

水道代が高い場合は洗い物する時に水をずっと流し続けている可能性があります。

すぐに洗い流しやすい状態につけておくか、もしくは洗う時と流す時で分けて水道を使うようにするだけで節水できます。

◆シャワーの節水

シャワーはかなり水道代がかかってしまう部分なので、どうしても長風呂したいとかいう人はシャワーヘッドそのものを交換してしまうやり方がおすすめです。

賃貸物件でもシャワーヘッドは交換できますし、素人でも簡単に交換できます。(一応元のシャワーヘッドは取っておきましょう)

シャワーヘッドには色々タイプがありますが、出来ればワンプッシュで水が止められるものを購入した方が節水も簡単にできますし、おすすめです。

一人暮らしでもお湯に浸かりたい!お風呂に入ると一回いくらかかるのか

交際費

大学生の交際費は平均で2万円ほど。

友人と遊びに行けば当然お金がかかりますし、恋人がいれば会うたびにお金がかかってしまいます。

人によって差のでる部分で節約したくても結構難しいので、よほど浪費していなければ無理に絞る必要はありません。

◆飲み会の量を減らす

今はコロナ等で飲み会自体も減っていますが、1回あたり3,000円という額は安いようで高いです。

月に1回減らせるだけでも年間ではかなりの節約になります。

一人暮らしなら宅飲みという手もありますし、そっちのほうが気楽で安く済ませることができます。

◆家デートをメインにする

恋人がいるのであれば毎回外でデートするだけでかなりの交際費がかかってしまいます。

家デートの場合は無駄にデート代がかからずに一緒にゆったりと過ごすことができる上、一緒に料理を作ったりネットフリックス等で映画やドラマも見れるので意外と快適に過ごせます。

家デートは本当に安く済むのでおすすめです。

スマホ代

スマホ代はキャリアを使っていると結構な額がかかってしまいます。また、固定費で節約する方法もほとんどないのが厄介な点。

◆格安スマホに変更する

僕はこれだけで月々8,000円かかっていたスマホ代を1,600円に抑えることができるようになりました。

固定費を安くするのはかなり難しいですが、乗り換えることによって年間76,800円も節約できました。

格安スマホはキャリアのアドレスが使えなかったり、LINEの年齢認証に困ったりなど必ずしも良いとは限りませんが節約したい人にはおすすめです。

通信費

インターネット代は工事ありで月々4,000円前後が平均と言われています。

一度工事をしてしまうと固定費として必ずかかるお金ですし、割とWi-Fiは普段から必要になってくるので節約候補としてはおすすめできません。

◆置き型Wi-Fiを使用する

置き型のWi-Fiは工事が不要になるので初期費用が安くなったり、月額費用も2,000円~と安いのが魅力です。

どうしても固定費を抑えたいけどWi-Fiは欲しいという人向けのものです。

一方、速度はやっぱり工事しているものにはかなわないので動画編集やFPSなどのゲームをやる人はおすすめできません。

スポンサードリンク

本気で無駄遣いを減らしたいなら

本気で節約をしたいという方には2つほど僕が実践した方法をご紹介します。

貯金口座を作る

一人暮らしの無駄遣いを圧倒的に減らす節約術!これで生活費がかなり浮く!

まず初めに毎月使う金額を設定してください。

そして、自分の持っている銀行口座とは別に新たに口座を開設してください。

そして設定した金額は家に貯金し、その他は新たに開設した口座に預けてしまうのです。

例えば毎月10万円で生活したいと思い、収入や仕送りが12万円だったら2万円は作った口座に預けてしまうのです。

手元のお金で1ヶ月やりくりする、これをすることで無駄遣いが減り、計画的にお金を使うことが出来ます。

家計簿をつける

面倒臭くてやっていない人も多いですが、自分が何にどのぐらいお金を使っているのか把握するのは大事です。

食費が思っているより高かったり、遊びにほとんどのお金を使っていたりと家計簿をつけてみると意外なことにお金を使っていることが発見できることもあります。

また、家計簿をつけることによって無駄遣いの意識化ができるようになってきます。

例えば自販機で飲み物を買おうとした時にも頭の中で「これは無駄遣い」と思えるようになってきます。

無駄遣いって自分が意識していないところで出費してしまっているケースが多いので家計簿をつけるのは大事。

とりあえず1ヶ月間だけでもつけてみて、自分が何にどの程度お金を使っているか正確に把握してみましょう。

貯金箱を使う

一人暮らしの無駄遣いを圧倒的に減らす節約術!これで生活費がかなり浮く!

それでも「お金がなくなったら降ろしちゃうぜ☆」という方は貯金箱を使用してみてください。

もちろん貯金箱は蓋がないやつで、かんぬきがないと開けられないやつです!

上記と同様、設定金額以外はすべてこの貯金箱の中へ。

おそらく最初は不安を感じると思いますが、不安=無駄遣いの証です。

家にはかんぬきは置かずにしておくと開ける時に手間がかかるのでなおさら貯金箱を開けようとは思えなくなってきます。

まとめ

MEMO
  • 大学生の一人暮らしだと月約11万円ほど必要
  • 節約しやすい項目は【食費】と【電気代】
  • 生活できているなら無理をしてまで節約する必要はない
  • 学生時代にしかできないこともあるので貯金の優先度は低い

節約したいのであれば食費と電気代に注目してみましょう。

交際費も節約しやすい項目の1つですが、社会人になるとお金はあっても時間がなくて遊べなくなってしまうのでこの部分を節約するのは人生において損です。

生活が成り立たないなら節約する必要はありますが、そうでなければ二の次に考えておきましょう。

大学生の仕送り平均額は?家賃抜きでいくらあれば生活できる? 実家から通えるのに大学生で一人暮らしする意味はある?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です