一人暮らしは年収いくらあれば生活できる?始められる貯金額とは

一人暮らしをすると実家暮らしとは違い家賃や光熱費などの生活費等がかかってしまうのでかなりのお金を出費します。

一人暮らしするなら月収や年収がいくらぐらいあれば生活できるのかについて細かく調べてみたのでこれから一人暮らししようと思っている人は参考にしてみてください!

一人暮らしは月収16万円・年収240万円以上あれば生活できる

結論から言うと東京近郊で一人暮らしをしたいのであれば最低月収約16万円、年収240万円(手取り192万)ほどあれば生活することができます。

必要額手取り額面
月収約16万円約20万円
年収約192万~約240~280万円

ボーナスがある場合はそのボーナス分をまるまる貯金することができますし、ない場合でもギリギリ生活することが可能。

総務省家計局のデータを元に1か月にかかる生活費をまとめてみました。

【1か月の出費】

家賃60,000円
電気代4,000円
ガス代4,000円
水道代3,000円
ネット代4,000円
食費40,000円
雑費10,000円
交際費20,000円
交通費10,000円
スマホ代5,000円
合計160,000円

手取り月収が16万円でちょうどプラスマイナスゼロになる計算です。

もっとも家賃を抑えたり、生活費をかなり節約すればもっと安い月収でも生活していくことは可能ですが、平均的な暮らしを考えるのであれば最低限このぐらい必要です。

東京都内の家賃相場は7.5万円~9.3万円

ホームズに掲載されている東京23区の家賃相場をまとめてみました。

23区アパートマンション
千代田区8.92万円11.37万円
中央区8.70万円10.58万円
港区9.73万円12.20万円
新宿区7.58万円10.03万円
文京区8.19万円9.44万円
台東区7.58万円9.83万円
墨田区6.86万円9.40万円
江東区7.39万円9.77万円
品川区7.99万円9.65万円
目黒区8.63万円11.12万円
大田区7.36万円8.47万円
世田谷区7.69万円9.31万円
渋谷区8.16万円11.51万円
中野区6.96万円9.18万円
杉並区7.01万円8.64万円
豊島区7.58万円9.10万円
北区6.79万円8.47万円
荒川区6.84万円8.21万円
板橋区6.48万円7.95万円
練馬区6.71万円7.66万円
足立区6.22万円7.26万円
葛飾区6.32万円7.26万円
江戸川区6.34万円7.15万円
平均7.48万円9.29万円

高い地区では一人暮らし用物件で10万円を超えるところもあります。

特に港区や千代田区、中央区、新宿区、渋谷区あたりは高い家賃となっているので栄えている駅は高額な家賃を支払う羽目になります。

平均はアパートで約7.5万円、マンションだと約9.3万円ほどとなっています。

実際に探してみると風呂なしアパートなら家賃4万円以下もざらにありますが、必要最低限の設備が備わっているアパートはだいたい家賃6万円ほどです。

つまり「最低いくら出せばいいのか」という部分について回答を出すなら家賃6万円以上ということになります。

審査に通る必要年収額

審査基準は手取りではなく年収を元に計算されます。だいたい家賃×36か月分が目安と言われているので家賃6万円なら最低でも216万円以上必要になってきます。

家賃審査に通る年収目安
4万円144万円
5万円180万円
6万円216万円
7万円252万円
8万円288万円
9万円324万円

審査の基準というのは管理会社、保証会社によって異なりますし、担当してくれる営業マンの腕次第によっては自分の適正家賃以上の物件を借りられることもあります。

また、人気の高い物件かどうかによっても審査基準は変わります。

年収200万円でギリギリ家賃6万円の物件を借りられるかどうかというレベルです。

東京都内で一人暮らしをしたい場合は最低でも年収200万円ほどないとそもそも審査にすら通らないということになってしまいます。

年収が満たない場合はもっと家賃の低い物件を探したり、人気主要駅を避けたエリアで部屋探しをしましょう。

部屋を借りる際にかかる初期費用額

初期費用は家賃をベースに大きく変動します。

例えば敷金礼金1ヶ月と記載されている物件。家賃が3万円なら敷金も礼金も3万円ずつ、合計6万円で済みますが家賃6万円なら敷金礼金合わせて12万円もかかります。

初期費用の相場は家賃の4倍~5倍と言われています。家賃6万円なら約24万円~30万円ほど。

家賃初期費用目安
4万円約16万円~20万円
5万円約20万円~25万円
6万円約24万円~30万円
7万円約28万円~35万円
8万円約32万円~40万円
9万円約36万円~45万円

もちろん物件によっては敷金や礼金が0円だったり、仲介手数料が半額だったりするのであくまで参考程度に。

【家賃6万円の初期費用内訳】

前家賃60,000円
敷金60,000円
礼金60,000円
仲介手数料64,800円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
事務手数料5,000円
合計279,800円

前家賃というのは住み始める期間によって変動しますが大体1ヶ月~最大2ヶ月分の家賃がかかります。

賃貸アパートの契約でよくある前家賃って何?

また、保証会社を利用している場合、家賃の50%ほど(この場合は3万円)がかかります。

敷金や礼金がかからない物件の場合は20万円以下に抑えることもできそうですね。

初期費用を抑えたい場合は礼金と仲介手数料に注目してみてください。この2つの項目は完全にムダ金で物件や不動産によっては0円ですませることも可能です。

仮に礼金と仲介手数料が0円だと15.5万円に抑えることが可能。

1か月あたりの生活費は約10万円ほど

家賃を抜いた生活費合計は約10万円ほどかかります。

生活費は総務省統計局のデータを参考に内訳をまとめてみました。

生活費金額
電気代4,000円
ガス代4,000円
水道代3,000円
ネット代4,000円
食費40,000円
雑費10,000円
交際費20,000円
交通費10,000円
スマホ代5,000円
合計約100,000円

生活費は人によってかなり違いが出る部分なのであくまで目安です。

10万円あれば定期的に外食をすることもできますし、遊びすぎない限りはこの額を超えません。

もっと抑えたいのであれば自炊中心の生活にすれば食費を2万円以下に抑えることも一人暮らしなら十分可能です。

家具家電を揃える費用は約15万円

最低限のものを揃えた場合の金額は約15万円ほど。

イイものを購入すれば当然高くつきますが、一人暮らしの場合はとりあえず安くてコスパの良い商品を選ぶと思うのでこれを前提条件とします。

生活必需品値段
テレビ30,000円
テレビ台3,000円
洗濯機30,000円
冷蔵庫30,000円
炊飯器10,000円
テーブル6,000円
カーテン3,000円
ベッド30,000円
布団一式5,000円
掃除機3,000円
ドライヤー2,000円
合計152,000円

家具家電一式を揃えようとすると152,000円ぐらいかかります。

つまり生活必需品を全て揃えると約15万円かかる計算です。

しかもこの金額は「なるべく安くてコスパの良い家具家電を揃えた場合」の金額となるため、少し良いものを買おうとするともっと高くなります。

引っ越し業者依頼費用

引っ越し業者依頼費用は引っ越しの距離や荷物の量、そして引っ越す時期によって変動します。

引っ越し費用荷物(少)荷物(大)
閑散期(2月~4月)約5万円約7万円
閑散期(12月~1月)約3万円約5万円

一人暮らしの平均引っ越し費用は約5万円程度と言われています。

初めての一人暮らしの場合は実家から運ぶ荷物量も少ないため3万円程度で済むことも多いです。

荷物量が少なかったり、近距離での引っ越しであれば自力でレンタカー等を借りて荷運びすることも可能なのでわざわざ無駄にお金を払う必要はありません。

一人暮らしに必要な貯金額は42万円~50万円ほど

必要な貯金額金額
初期費用(家賃6万)約24万円~30万円
家具家電費用約15万円
引っ越し業者費用約3万円~5万円
合計約42万円~50万円

東京都内での一人暮らしで貯金しておいたほうがいい額は約42万円~50万円ほど。

もちろん初期費用の安い物件を選んだり引っ越し業者に頼らなければもっと安く済ませることも可能ですが、平均でこのぐらいの額は最初に持っていたほうが物件の幅が広がったりもしもの時に対応できるのでおすすめ。

本気で抑えようと思えば初期費用10万円以下の物件もありますし、自力で引っ越し作業を行い家具家電はフリマアプリや友人からもらうことでかなり節約も可能です。

家賃を抑えて良い条件の物件に住む方法

家賃5万円の物件を都内で探してもなかなかよい条件の物件はありません。

キッチンがなかったり風呂がなかったり部屋が異常に狭かったり駅からかなり遠かったりなど生活に支障が出るレベルの物件も多いです。

そこで家賃を比較的抑えつつある程度理想的な物件を探す方法について紹介していきます。

主要駅を避けて探す

山手線のような有名どころの沿線や新宿、渋谷、池袋のような路線数の多い主要駅は利便性が高いためかなり家賃が高くなってしまいます。

家賃5万円でそれなりに良い物件を探したいなら主要駅は避けてあまり人気のない駅を選ぶようにしましょう。

生活に必要なのは最寄にスーパーや銀行があるかどうか程度なので発展している必要はありません。

1駅離れるだけでも家賃が1万円以上違ったりするので条件に合う物件が見つからない時は検索する駅を変えてみましょう。

築年数が古いリノベーション物件を探す

意外と穴場物件となるのが築年数は古いけど内装はフルリノベーションされている物件です。

古い物件に抵抗を感じる人は多いと思いますが、かなり築年数が古くなると需要が低下して全く入居者が集まらなくなるため内装を全てリノベーションする傾向があります。

内装は新築同様の綺麗さがありながら家賃はかなり安いので住む人にとってはかなりお得で狙い目な物件となるわけです。

外観自体は古いままなのでリノベーションされているからといって人気物件になるわけではないのでかなり掘り出し物件が見つかる確率も高くなります。

築年数が古い賃貸マンションに住むのはデメリットだらけ?

シェアハウスを探す

「実家を出たい」もしくは「今住んでいる物件の家賃が高くて困っている」という場合は一時的にシェアハウスを借りることをおすすめします。

というのもシェアハウスは相場に比べて圧倒的に家賃が安いのが理由の1つ。都内でも5万円前後で借りることができます。

また、初期費用も通常の賃貸物件のように何十万もかかることはありません。2~3か月分の賃料が払えるなら問題なく借りることができます。

審査も緩くてフリーターや現在無職で少し貯金があるという人にもおすすめ。

シェアハウスと聞くと「赤の他人と共同生活」をイメージしますが、最近は各部屋に鍵がついていてリビングや風呂・トイレのみ共有するというケースが多いです。

ほとんど顔を合わせることもありませんし、他人に介入されることもあまりないので生活しやすいです。

シェアハウスがやめとけと言われるデメリットと意外なメリット

一人暮らしの生活費を節約する方法

物件選びや生活する中での1か月にかかる生活費を抑える方法についてまとめてみました!

都市ガス物件を選ぶ

2021年9月の東京ガス都市ガス料金単価と一般社団法人プロパンガス消費者協会によるプロパンガスの料金単価について比較してみました。(東京都の場合)

項目都市ガスプロパンガス
基本料金約759円約1,500円
1㎥あたり約145円約208円
20㎥使用時約2,900円約4,160円
1ヶ月の目安合計約3,659円約5,660円

料金は圧倒的に都市ガスのほうが安いです。

都市ガスもプロパンガスも料金自由化に伴いガス会社によって単価料金が異なるのであくまで参考値ですが、世間的に言われている都市ガスのほうが安いというのは間違いありません。

比較してみてみるとまず基本料金からしてプロパンガスは都市ガスの2倍近いことがわかります。

物件選びにもなりますが、光熱費を抑えるなら圧倒的に都市ガス物件を選ぶべきです。

自炊中心の生活を心がける

当たり前ですが外食をするよりも自炊中心の生活をしたほうが格段に食費を抑えることができます。

僕の場合、現在一人暮らしで自炊中心の生活をしていますが1か月の食費は約1.5万円程度です。

外食を定期的にしてしまうと平均食費である4万円程度になってしまうので、気を付けましょう。

食費は固定費ではなく変動費なので節約しやすい部分の1つです。

電気代の高い暖房をなるべく使わない

電化製品は同じ種類でも物によって消費電力が異なります。

また電気代も契約プランや使用料によって変化します。電気代というのは段階式となっていて従量電灯では使用すればするほど電気代単価が高くなる仕組みになっています。

【電気代の目安】

電化製品消費電力(W)電気代(1時間当たり)
電子レンジ50013円
エアコン600~180015.6円~46.8円
ホットカーペット400~60010.4円~15.6円
コタツ100~2002.6円~5.2円
ハロゲンヒーター500~100013円~26円
電気ストーブ100026円

電化製品には弱モードや強モードが基本的に備わっており、エアコンにいたってはその幅がより顕著です。

夏場のエアコンは割と安いですが冬場はかなり電気代が高くなりやすいのでこたつなどの単価の安い暖房を使うようにしましょう。

また、冬場の冷気のほとんどは窓が原因となっているので窓にプチプチを貼ったり、断熱シートを貼るだけで寒くなりにくい部屋を作ることも可能です。

一人暮らしで暖房を使わずに冬の寒さを乗り越える節約対策方法

格安スマホに乗り換える

キャリアスマホを使っていると簡単に8,000円近くかかってしまいますが、格安スマホなどは2,000円前後で抑えることができます。

スマホ代はほかの項目とは違い固定代となるのでなるべく安く抑えたほうが長期的にはかなりお得になります。

僕も以前はSoftbankのスマホで月8,000円かかっていましたが、格安スマホに乗り換えてから月1,600円に収めることができました。

乗り換え時に本体代が最低でも3万円程度かかってしまいますが長期的に見れば安く済むのでお得です。

まとめ

MEMO
  • 一人暮らしに必要な最低年収額は約240万円(手取り192万)ほど
  • 東京都内で一人暮らしするなら手取り月収16万円以上は欲しい
  • 1か月の生活費は家賃抜きでも10万円程度かかる
  • 一人暮らしするなら約42万円~50万円ほど貯金しておくのが理想

家賃によって生活費合計は大きく変わりますが、だいたい東京都内近郊で家賃6万円の物件だと1か月あたり16万円ほどかかってしまうので、手取り月収が最低でも16万円以上ないと赤字になってしまいます。

また、部屋を借りる際にかかる初期費用がかなり大きいので実際に一人暮らしするならある程度の貯金をしておく必要があります。

僕は以前家賃8万円で初期費用20万円というかなりお得な物件を借りることができました。貯金的に少し厳しくても初期費用の安い物件を見つけることで部屋が借りられることもあるのであきらめずに探してみましょう。

家賃や初期費用を安く抑えられる不動産サイト

仲介手数料は基本的に家賃1ヶ月分かかりますが、仲介業者を選べば無料や半額で済ますことも可能です。

同じ物件でも初期費用が変わるので不動産選びは重要。

仲介手数料が安い不動産の例

他にも初期費用や家賃が全体的に安い不動産をまとめてみました。

ビレッジハウス

ビレッジハウス

ビレッジハウス公式サイト

ビレッジハウスは政府が昔管理していた雇用促進住宅を一括で借り上げ内装をリフォーム・リノベーションした物件を提供しています。

通常の賃貸物件とは違い築年数が古くて安い住宅を買って賃貸物件として提供しているため広い割に安いという特徴があります。

敷金や礼金、仲介手数料はもちろん更新料でさえも無料です。

初期費用

最大3万円のキャッシュバックも行っているので初期費用がわずか数千円で済んだという人も中にはいるぐらい安いです。

ビレッジハウスはやばい?口コミや評判と安い理由をまとめてみた

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅の公式サイト

UR賃貸住宅とは、都市再生機構(UR都市機構)という独立行政法人が管理している公的な賃貸住宅のこと。

通常賃貸物件は民間企業が仲介したり管理していますが、URの場合は行政が管理しているので仲介手数料はもちろん敷金・礼金もかかりません。

物件はビレッジハウスと似ていて団地のような物件が非常に多いので一人暮らしというよりも同棲やルームシェア向きの物件が多いですね。

UR賃貸の良いところは年収が低くても家賃の前払い制度を使うことによって部屋を借りることができることです。

一時的に収入が下がっているだけで貯金のあるフリーランスや自営業、転職中の求職者でも審査を通すことができます。

UR賃貸住宅の評判はやばい?住みたくないと言われるデメリットとは

イエプラ

イエプラは自宅にいながら店舗に行った時のように部屋を探してもらえるサービスです。

スーモやホームズと同じ取り扱い物件数を持ち、最新の物件情報を提供してもらえるのが最大の魅力です。

UR賃貸やビレッジハウスのように初期費用や家賃そのものが安いというわけではありませんが、通常の不動産のような消毒施工費などの無駄なオプション費用が一切かからないので初期費用が高くなることはありません。

チャットで専門スタッフとやり取り可能なのでカテゴリー分けできない細かい条件(初期費用10万円以下など)を伝えることもできます。

イエプラのホームページへ

エイブルやアパマンショップ等の物件もイエプラを通して紹介してもらうことで初期費用を少し安くすることができます。

イエプラの仲介手数料判明!口コミや評判が本当か実際に使ってみた