一人暮らしに必要な生活必需品まとめ!揃えると費用はいくらかかる?

一人暮らしといえば部屋探しも当然重要なのですが、何も準備をしていないと入居しても生活出来ないので必需品は揃えておきましょう。

今回は個人的に必要だったものを中心に生活費需品をまとめて費用相場も計算してみたので参考にしてみてください。

絶対に購入しておくべき家具・家電系

家具家電系は値段も高く、負担が大きいですが後々絶対に必要になるので最初に揃えておきましょう。

個人的には下手に安いものを購入するよりも、長期的に考えてある程度良いものを揃えて置いた方が結果的に良いと思いました。

項目値段相場備考
ベッド(布団込み)約35,000円布団だけでも可
テレビ約30,000円見ない人はいらないかも
テレビ台約3,000円ラックで代用可能
冷蔵庫約30,000円霜取り機能付きがおすすめ
電子レンジ約10,000円オーブン付きが便利
洗濯機約30,000円3万円のもので十分
カーテン約5,000円遮光カーテンがおすすめ
掃除機約3,000円スティックタイプが良い
炊飯器約10,000円値段でお米の味が変わる
ドライヤー約2,000円安いもので問題なし
カーペット約3,000円防音性があがる
照明機器約5,000円ついていない物件もある
合計約156,000円

この中でも特に洗濯機と冷蔵庫は絶対に最初に購入してください。

冷蔵庫がなければ食品を買っても冷蔵庫に入れらなくなるので、しばらくは外食やインスタント食品を摂取することになります。

また、洗濯機がないと洗濯ができないので毎回コインランドリーに行く羽目になります。

近くにあればまだいいもののコインランドリーが遠い場合は手間とコストがかかるので早めに購入するようにしましょう。

洗濯機とコインランドリーはどっちが得か

ベッドはなくてもいいですが布団は必須です。

実際は生活していく上で細々していくものが必要となってきますが、最低限これだけあれば生活する上では特に支障はないでしょう。

荷物の多い人は部屋を整理するために本棚やラック等をした方が良いですが、これも人によります。

家具家電を一式揃えるといくらかかるか計算してみた

だいたい必需品を揃えると15万円前後かかる計算になりますが、当然良い物を買えば値段も変わるのであくまで参考程度に見ておいてください。

キッチン用具で必要なもの

キッチンの必需品

料理をしない人にとってはキッチン用具を揃えても無駄になる可能性が高いので絶対に必要とは限りません。

キッチン用品に関しては徐々に揃えていく方が無駄なものを購入せずに済みます。

項目値段相場備考
まな板約1,000円厚手のものの方が切りやすい
包丁約2,000円値段で切れ味が変わる
フライパン約3,000円テフロン加工は必須
約2,000円こだわる必要はない
洗剤約500円定期的に買うもの
スポンジ約100円100円均で購入可能
お玉約100円100円均一で購入可能
しゃもじ約100円100円均一で購入可能
茶碗約100円100円均一で購入可能
約100円割りばしで対応可
調味料約1,000円1つ100円程度
食器類約1,000円皿・深皿・お椀等
合計約12,000円

最初は何もないところからなので取りあえずまな板と包丁、フライパンがあれば簡単な料理をすることができます。

作りたい料理が増えてきた時に揃えていくのが大事で、最初から揃えてしまうと結局全く使わないものまで購入してしまうことになります。

たいていのものは100円均一で購入することができますが、包丁やまな板は切りやすさが変わるのである程度値段がかかっても良いものを揃えたほうが料理が楽しくなります。

フライパンもコーティングがされていないものだとこびりついて自炊する気力が失せるので3,000円ぐらいものは揃えておきたいところです。

自炊しようと思っている方は絶対必要なものです。

逆に全く自炊する気がない、料理が作れないのであれば無理して購入する必要はありません。

スポンサードリンク

風呂・トイレに必要なもの

風呂トイレ別のメリット・デメリット

お風呂とトイレは絶対に毎日使うので入居当日までには揃えておくべきです。

項目値段相場備考
シャンプー約500円使うもので値段が変わる
リンス約500円使うもので値段が変わる
ボディソープ約300円安いもので問題なし
洗顔約500円使うもので値段が変わる
タオル約1,000円バスタオルはかさばる
トイレットペーパー約300円シングルのほうが長持ち
便座カバー約1,000円定期的に洗う必要あり
トイレの掃除用具約1,000円使い捨てのものがおすすめ
歯ブラシ約100円高くても200円程度
歯磨き粉約200円高い物は2,000円以上する
合計約5,400円

生活する上で必ず必要になるもので、定期的に購入しないといけないものでもあります。

使うものによって大きく値段が変わりますが、あまりこだわらないのであればそこまで高くありません。

必要であればバスマットやトイレマットを購入してください。

また、掃除用具はしばらくしてからでも全然問題ないので徐々に買いそろえておくようにしましょう。

基本的に100円均一や薬局、スーパーでも売っているので焦らなくても問題ありませんが、トイレットペーパーだけはいち早く購入してください。

当日に使用する可能性は高いです。

ないと急にお腹が痛くなった時に絶望します。

小物系で必要なもの

一人暮らしなら絶対に使う・使えると思った小物系についてまとめていきます。

項目値段相場備考
電気ケトル約3,000円かなり使用頻度は高い
ハンガー約1,000円同じものをセットで買った方がいい
ゴミ箱約1,000円リビングに1つは必要
ゴミ袋約300円45Lのものがおすすめ
ティッシュ約300円定期的に買うもの
はさみ約100円100円均で購入可能
爪切り約300円100円均一のものは壊れやすい
コロコロ約100円カーペットに使う
ドライバー約100円家具の組み立て等で必要
ガムテープ約100円非常時に使用
合計約6,300円

すぐに必要なものは少ないですが、生活をしているといずれ必ず必要になるので購入しておいて損はないでしょう。

特に電気ケトルはかなり有用でお茶を作ったりコーヒーを作ったり使い勝手抜群。

僕はコーヒーを飲むために毎日1回は必ず使用していますし、カップ麺とかカップ焼きそばと食べる時もケトルが活躍します。

やかんを購入するよりも電気ケトルのほうが圧倒的に使い勝手が良いのでおすすめです。

生活必需品を揃えた時にかかる費用

家具・家電約156,000円
キッチン用具約12,000円
風呂・トイレ用具約5,400円
小物類約6,300円
合計約179,700円

上記の生活必需品を1からすべてそろえるとだいたい約18万円前後かかる計算です。

もちろん、実家から自分の必要なものや今まで使用していたものを一人暮らしの際にも使うようならもっと安く済みますし、1つ1つをこだわればもっと高くなるので人によって違いが出る部分です。

一人暮らしは初期費用自体も高いですが、部屋を借りる時の費用のことばかり考えていると生活に必要なものが揃えられなくなってしまうので気を付けてください。

また、生活必需品の中でも当日に必要なものとそうでないものという違いがあるので優先順位をつけることも大切です。

初めての一人暮らしで入居初日までに必ず必要なものリスト

生活消耗品は1ヶ月いくらかかる?

ついでに生活消耗品費用についても計算してみました。

生活消耗品はシャンプーや洗剤等の定期的な買い替えが必要になるもののことで、だいたい1ヶ月に1回程度は替えることになるので覚えておいて損はありません。

種類項目値段
バス用品シャンプー300円
バス用品リンス300円
バス用品洗顔300円
バス用品ボディソープ300円
バス用品歯ブラシ100円
バス用品歯磨き粉200円
トイレ用品トイレットペーパー300円
トイレ用品トイレ洗剤200円
洗濯用品洗濯洗剤300円
洗濯用品柔軟剤300円
キッチン用品ゴミ袋200円
キッチン用品キッチンペーパー200円
キッチン用品キッチンハイター200円
キッチン用品食器洗剤200円
キッチン用品スポンジ100円
キッチン用品サランラップ100円
キッチン用品アルミホイル100円
キッチン用品ポリ袋(小袋)200円
生活用品ティッシュ300円
生活用品消臭剤300円
合計4,400円

計算によるとだいたい約4,000円前後かかるようです。

もちろん1ヶ月で全てのものを再度購入するわけではないので実際にかかる費用と多少の誤差はありますが、このぐらいの額が固定費としてかかると考えておいてください。

コーヒーを飲む人だったらこーひフィルターやお菓子作りをする人ならクッキングシート等も必要になります。

スポンサードリンク

最初は必要最低限のものを揃えよう

だんだん生活する上で必要になっていくものもありますが、最初に色々と揃えすぎると絶対に使わなくなるものも出てきます。

せっかくお金を出して買った新しいものが1度や2度の使用で使わなくなってしまうのは非常にもったいないです。

必要な時に毎回買うのは面倒ではありますが、生活した時に「これは絶対に今後も使う」と思ったものだけを購入していくというやり方が良いと私は思います。

いずれ退去するのであれば、買った分だけ引っ越しが面倒になることを忘れないように。

「ベッドを買ったのにいざ使ってみたら部屋が狭くなるだけで買わなきゃよかった・・・」なんてこともあるので部屋の広さなども考慮した上で購入するようにしましょう。

少しでも参考になれば幸いです。

入居した時に見るべき記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です