一人暮らしに2LDKは広すぎる?部屋の使い方や使い勝手紹介

一人暮らしと言えばワンルームや1K、広くても1LDKの間取りのイメージが強いですが、2LDKで一人暮らしができないわけではありません。

気に入った物件が2LDKだったり、今後同棲を考えてあえて広い部屋に住むという人もいます。

今回は一人暮らしで2LDKは広すぎるのか、部屋の使い方や住み心地についてまとめてみました!

一人暮らしに2LDKは広すぎる?

2LDKというのはリビングキッチン+ほかの部屋が2つついているような間取りです。

リビング部分だけでも10畳前後あり、その他6畳前後の部屋が2つ設けられているのでかなり広々している間取りとなります。

リビングはテレビやソファを置き、寝室は寝る部屋専用ということでベッドを置きますが、もう1部屋は趣味部屋だったり仕事部屋等自分の生活スタイルに合わせて組み合わせることができます。

正直言うとあまり一人暮らし向けの間取りではありませんが、実際に2LDKで一人暮らししている人の意見についてまとめてみました。

多くは「さすがに広すぎた」という意見がほとんどですが、初めから部屋を何に使うのか明確にしている人にとっては理想の間取りだそうです。

確かになんとなくで2LDKに住んでしまうと部屋の使い道に困り、余ってしまうだけですが専用部屋としての活用を考えておけば無駄にならずに済むというのは当然といえば当然ですね。

一人暮らしで2LDKに住むメリット

まずはあえて2LDKで一人暮らしするメリットについてまとめてみました。

趣味や仕事の専用部屋を作れる

2LDKのような広い間取りであれば通常のリビングに加えて寝室、そして趣味や仕事に使える専用部屋を作ることが可能です。

寝室は大きめのベッドを置いて快適に寝ることができますし、専用部屋を作ることで他のものに一切邪魔されることなく没頭することができます。

ワンルームのような狭い部屋だと置く場所を考えるだけで快適性まで追求することはできません。

1LDKだと寝室として1部屋使ってしまうのでテレビを観るスペースと仕事や趣味の部屋が共存してしまいます。

専用部屋は2DK・2LDKならではの魅力です。

友人が来てもプライベート空間を邪魔されない

ワンルームや1Kであれば宅飲みで友達を家にあげたときに勝手にベッドの上にあがられあり、普段あまり見せたくないものまで見られてしまう可能性が高いですが、2LDKという広さがあれば基本的にリビング部分のみで過ごすことができます。

そのため無駄に寝室を荒らされたり仕事で使うものを勝手に触れられるということがなくなります。

隠しておきたい、見られたくないものを隠すスペースは十分にあるので急に人が来ても「こっちは片づけてないから見ないで」と言っておけばいいだけです。

同棲することになっても引っ越しの必要がない

長い目で見れば2LDKのような広い間取りでで一人暮らしをしていてもし恋人ができたり、結婚した場合にその物件でそのまま同棲生活をすることが可能というのもある意味メリットです。

通常であれば同棲する際は新たに物件を探し、面倒な手続きを済ませて初期費用や引っ越し業者費用など高いお金を払って引っ越す必要がありますが、最初から2LDKなら何もする必要はありません。

賃貸の場合は同居人が増えることでその契約は必要ですが、引っ越しと違って簡単な手続きで審査すら不要です。

今後のことを考えるなら人が増えることに対応できるという点においては最強です。

一人暮らしで2LDKに住むデメリット

広い部屋で一人暮らしすると手狭な感覚とは無縁ですが、それゆえのデメリットも多々あります。

無駄に高い家賃を払う可能性がある

部屋を余すことなく使えるのであれば相応の家賃と言えますが、もし住んでみて全く使わない部屋が出てしまえばその分の広さの家賃を無駄に払うことになります。

家賃というのは住む場所や駅からの距離、築年数、間取りや設備で大きく変わります。

住む前に「本当に2部屋必要なのか」は考えたほうが良いです。

2部屋分必要だと思ってもリビングにデスクを置いて在宅ワークができてしまったり、寝室部分を+書斎として使うことができることもあります。

各部屋にエアコンがついているとは限らない

比較的安いアパートでも各部屋に必ずエアコンは備え付けられていますが2LDKのような広い間取りとなるとリビングにしかエアコンがついていなかったり、1部屋だけついていないことが多いです。

エアコンは生活する上で非常に重要で、例えば寝室にする予定の部屋にエアコンがついてなければ夜寝苦しくなったり、冬場は寒くて寝られないという状態に陥ります。

また、仕事部屋にエアコンがついていなければ寒すぎたり暑すぎることで集中できずに効率が悪くなるという可能性も。

エアコンは家賃と同様交渉できるものなので契約する前に交渉すべきです。

電気代が高くなりがち

狭い部屋であればエアコンをつければ割と短時間で涼しくなったり暖かくなりますが、一軒家のような広い部屋は暖まるまでにもかなり時間がかかってしまいます。

各部屋にエアコンがついているわけではないので部屋を移動したときに「寒い」となることもあるでしょう。

つまり部屋を最適な温度にするために無駄に電気代がかかるので毎月の光熱費は高くなってしまうというわけです。

電気代というのは契約アンペア数に応じた料金がかかりますが、広い部屋はある程度大きなアンペア数で契約しなければ賄えないので使っていないので基本料金自体が高いという弊害もあります。



一人暮らしで2LDKの部屋の使い方

2LDKは2つの部屋+リビングキッチンという間取りになります。

リビング+寝室として使用する人は多いですが、それでも1部屋分余ってしまうので自分の生活スタイルに合わせて使い分ける必要があります。

一人暮らしでの2LDKの部屋の使い方をいくつか紹介していきます。

仕事部屋にする

参照:https://homes.panasonic.com/rearie/column/detail/column13_10.html

テレワークや在宅で仕事をする人も最近では増えていますが、仕事専用の部屋があると他のものに気を取られずに専念できるのでおすすめです。

家で仕事を行う上で大変なのが集中力の維持です。

家で作業していると近くにあるテレビを観たり、漫画があったりスマホをいじったり、はたまたベッドで横になってしまうというだらけ状態になりがちです。

仕事専用部屋を作って仕事に必要なもの以外持ち込まないようにすれば集中を欠く要因を減らすことができるので作業効率があがります。

映画鑑賞部屋

参照:https://www.ikyu.com/concierge/8951

1部屋まるごと使えるのであれば映画鑑賞専用部屋にしてみるのも面白いと思います。

映画が好きな人であれば音響にこだわってみたり、防音マットを敷いたりして映画を観るためだけのインテリアにコーディネートすることで雰囲気も出るので普段より何倍も臨場感を得ることができます。

なかなか特化した部屋というのは実家でもワンルーム等の一人暮らしでもできないことなので部屋を贅沢に使うのも有意義な使い方です。

ゲストルーム

参照:https://diamond.jp/articles/-/293335

頻繁に友達が遊びにきたり、兄弟がきたり、恋人がいるようであればゲストルームとして活用するのも1つの手です。

急に誰かが来ても布団やベッドがあれば居心地は良いですし、自分のプライベート空間を邪魔されずに済みます。

あえてゲストルームを作って女性を連れ込むというナンパ師のような手口もありますが、それだと寝る際に部屋が別々になってしまうので注意してください。

漫画部屋

参照:http://www.nts-s.com/comic/

読書が好きだったり漫画が大好きで集めているのであれば部屋をまるごと漫画喫茶のような部屋にしてしまうのも面白いと思います。

棚を購入して壁にそれぞれ配置すればお店にいるような感覚で本を楽しめますし、なにより漫画を集めることがより一層楽しくなるはずです。

ゆったりと本を読めるようにソファやクッション等も同時に配置して居心地の良い空間を作ってみましょう。

部屋数に余裕があるとこういった趣味の部屋を作れるのが良い点です。

ゲーム専用部屋

参照:https://a2poyo.com/gamingchair-room-studio/

ゲームをすることが趣味であれば、ゲーム専用部屋を作ってしまうのもありです。

PS4やPS5、PCゲーム等はコードを多数使用するので部屋がごちゃごちゃしてしまいますし、普段使っているテレビに設置するといちいち切り替えたりするのが面倒なので置きっぱなしですぐに始められるようにセットできるのが専用部屋の良いところです。

映画と同じで音響にこだわるのもありですし、目をケアするようなアイテムを同時に置いたり、目に良いとされる緑を取り入れた部屋にするのも良いと思います。

物置き(クローゼット代わり)

参照:https://ameblo.jp/lifewithboys/entry-12552722476.html

2LDKもの広さで一人暮らしをするならクローゼットが足りないどころか余るのが普通ですが、かなり私物が多い人だったりyoutuber等のいろんな物を家に置かないといけないような仕事なら1部屋まるごと物置き場所として使うのもありです。

服が多い人なら物干しラックを購入して掛けられるようにしておけますし、ネットでよく商品を購入するなら一時的な保管場所として置いておくのもあり。

また、季節によって使わないものを分けて置いておくという使い方もできます。

2LDK以外におすすめの一人暮らしの間取り

ワンルームや1Kはさすがに狭すぎると感じるのはわかりますが、かといって2LDKは一人暮らしするにはさすがに広すぎると言わざるを得ません。

そこである程度広さを確保しつつ一人暮らしするにしてもちょうど良い間取りを紹介します。

1LDK

1LDKは広めのリビング+キッチン+寝室という間取りになっており、一人暮らしの広さとしては最適と言われています。


リビング部分が10畳前後あるためこの広さを活かしてデスクを置いたり、あるいは一角のスペースを趣味兼用として使用します。

例えるならワンルームの部屋+別にベッドを置けるような間取りです。

専用部屋は作れませんが人が来ても寝室が汚されることはありませんし、寝る場所をしっかりと確保することは可能なので利便性は高いです。

2K

2Kはキッチン+2部屋という間取りになっています。

リビング部分はないので例えるなら1Kの造りに寝室が追加されたような間取りをしているのが特徴です。

「キッチンはしっかりと分けたい」という人や「専用部屋は欲しい」という人向けの間取りとなっています。

人が来たときは少し困りますが、一人暮らしをするなら十分な広さを確保できますし、無駄なスペースが存在しないので家賃を抑えることができます。

2DK

「広いリビングは必要ない」という人におすすめなのが2DKです。

ダイニングキッチンなのでキッチンとリビングは合計で6畳~8畳程度の広さとなります。

テレビやソファを置くぐらいの余裕はありますし、寝室も趣味等の専用部屋もしっかりと確保することが可能です。

僕が以前同棲した際は2DKですが2人でも広々していて窮屈な感じは一切ありませんでした。

人が来ても6畳程度のダイニングがあれば問題なく生活できますし、プライベート空間に入られることもありません。

まとめ

MEMO
  • 一人暮らしで2LDKはさすがに広すぎる
  • リビングの他に2部屋必要な明確な理由があれば快適に過ごせる
  • 今後恋人と同棲の可能性があるならあり
  • 広い間取りはそれなりのデメリットも存在するので注意

一人暮らしで2LDKを選ぶのはさすがに広すぎるので基本的にはやめておいたほうがいいです。

ただし、どうしてもリビング以外に2部屋必要な理由があるなら実際に引っ越しても快適に過ごせる可能性は高いです。

例えば仕事専用部屋が欲しいとか趣味である程度広さが必要というなら生活に必要な間取りです。

逆に「なんとなく条件が良いから」とか「以外と広い割に安いから」といった理由で引っ越してしまうと住んでから広すぎて後悔する可能性は高いです。

広い=寂しさも増すのでいつか嫌になってしまう可能性が高いです。

少しでも参考になれば幸いです。

一人暮らしで無駄に広い部屋に住むメリットとデメリット