一人暮らしを始めるための初期費用は最低いくらかかる?

初めての一人暮らしというのはどのぐらいお金がかかるのか、生活費はどのぐらいなのか、初期費用にどのぐらいお金がかかるのか全くわからないという人は多いと思います。

初期費用は同じ物件でも契約する不動産によって違いが出る部分です。

今回は一人暮らしを始めるための初期費用は最低いくらかかるのかについてシュミレーション例とともにまとめてみました。

一人暮らしの初期費用相場は家賃の4倍~5倍程度

一人暮らしにかかる初期費用の相場は家賃を基準として決められることが多く、だいたい家賃×4倍~5倍程度と言われています。

仮に家賃が6万円だった時の初期費用内訳はこんな感じ。

前家賃60,000円
敷金60,000円
礼金60,000円
仲介手数料66,000円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
事務手数料10,000円
消毒施工費15,000円
保証会社利用手数料35,000円
合計336,000円

保証会社を利用するかどうかでも初期費用は変わりますが、家賃6万円だと30万円前後かかる計算になります。

一人暮らしを始めるための初期費用は最低いくら?

初期費用の内訳には「部屋を借りる際に必ずかかってしまうもの」と「不動産業者によってかからないもの」「物件によってはかからないもの」が存在します。

同じ家賃6万円でも物件によっては初期費用を10万円以下で抑えることも可能です。

前家賃60,000円
敷金0円
礼金0円
仲介手数料0円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
事務手数料10,000円
消毒施工費0円
保証会社利用手数料0円
合計100,000円

敷金礼金仲介手数料無料の物件でなおかつ保証会社を利用しなければこんなにも安くなります。

つまり貯金に余裕がなかったとしても最低10万円程度の貯蓄があれば部屋を借りることは可能というわけです。

部屋を借りる際にかかる初期費用の内訳

初期費用と言っても物件によって微妙に内訳が異なります。ただある程度の決まりはあるのでその内訳についてご紹介していきます。

初期費用の内訳
  1. 前家賃
  2. 敷金
  3. 礼金
  4. 仲介手数料
  5. ハウスクリーニング代
  6. 殺虫・消毒費
  7. 保証会社利用料
  8. 鍵交換代
  9. 火災保険料
  10. 事務手数料

自分である程度目安として計算しても、実際にはそれ以上にかかることが多いです。

一つ一つ内訳について解説していきます。

前家賃

わかるようで意外とよくわからない人が多いこの前家賃。

例えば3月10日に入居する予定としたら3月の家賃は残りの20日(21日)が日割りで計算されます。10日間は住んでいないのにまるまる家賃取られるのはおかしいですからね。

これが前家賃です。

もし3月20日などの入居予定日だと入居してもすぐに次の月の家賃を払わなければならないので初期費用に4月分の家賃が含まれることもあります。

3月20日~31日までの家賃+4月の家賃・・・これも【前家賃】のカテゴリーです。

ちょっと厄介ですが下旬の引っ越しなら次の月の家賃も初期費用に含まれると考えておいた方が良いでしょう。

入居日や退去日が中途半端な日付の家賃計算方法

敷金

敷金というのは簡単に言うと【預り金】です。

退去時のハウスクリーニング代として充てられるので、差額は返金されます。

敷金1ヶ月というのは「家賃1ヶ月分を入居時に払ってね」という意味です。

敷金0の場合は初期費用が安くなりますが、退去時に請求されたり別項目で「ハウスクリーニング代」と称して定額を請求されることが多いです。

先払いするか後払いかの違いなので敷金1ヶ月の物件をあえて避けてもあまり意味はありません。

礼金(ない方が良い)

礼金というのは昔の風習で、本来は部屋に住まわせてもらうからそのお礼として大家に払っていたもの。

今は礼金1ヶ月とか明記されていてお礼の意味合いはほとんどありません。

礼金に関しては無駄なお金でメリットは何一つないので、出来れば礼金0ヵ月の物件を探した方が良いです。

例えば家賃が6万円で礼金1ヶ月ならまるまる6万円取られるわけですから、礼金0物件にするだけでかなり初期費用を抑えることができるのがわかるかと思います。

仲介手数料(できれば0円がベスト)

仲介手数料というのは仲介して紹介してくれた不動産に対して払うお金で、明記されていない場合は家賃1ヶ月分+税が取られます。

代表的な例でいうとアパマンショップの仲介手数料は家賃1ヶ月分かかりますがエイブルやミニミニなら半額となっています。

仮に同じ物件だとしても紹介してもらう仲介業者によって変わってくるので「どの不動産で部屋を借りるか」はかなり重要。

正直これも礼金と同じく削減可能な部分です。

仲介手数料が一番安い賃貸不動産はどこ?

ハウスクリーニング代

敷金1ヶ月と明記されている物件の場合はハウスクリーニング代の項目はありません。

敷金0の場合はたいてい別項目でハウスクリーニング代やルームクリーニング代と称して一定額が明記されています。

私が住んだ物件の中にも同じように敷金0でハウスクリーニング代30,000円と明記されているものがありました。

敷金=ハウスクリーニング代なので、敷金が0円なら別枠で請求するってことです。

まぁこれは「敷金礼金0円!」って謳った方が人が集まりやすいという心理をうまく利用しているのでしょうね。

一人暮らしの退去時のクリーニング代はいくらかかる?

殺虫・消毒費

ハウスクリーニング代と似ているような気がしますが、別枠で存在します。

実際、必須でないことがあるので断ることは可能です。相場は15,000円前後。

入居時の室内消毒代は任意で拒否できる?自分でやるのと効果は同じ?

あたかも必須であるように言ってくる不動産がいるので契約時に「殺虫・消毒費は必須ですか?」と聞いてみると良いでしょう。

効果は市販で売っているバルサンとあまり変わらないとのことです。(不動産からの情報)

自分で出来るならバルサンを買って炊いた方が安上がりですが、虫が相当苦手な人は死骸の片づけとか出来ないと思うのでお願いするのもありかとは思います。

保証会社利用料

連帯保証人を立てられなかったり、連帯保証人が立てられる状況でも「保証会社利用必須」となっている物件は保証会社を利用しなければなりません。

最近は結構多いですね。大家的にも保証会社を利用してもらった方が何かと都合が良いのでしょう。

保証会社の仕組みは他ページでご紹介しているので参考にしてみてください。

相場は家賃の30~70%と言われています

8.鍵交換代

相場は約15,000円前後です。

入居者が変わるたびに鍵を交換するのでその代金をこちらが負担します。ほぼ必須なので必ず払う必要があるお金です。

また、もらった鍵を紛失した場合はなぜか退去時に鍵交換代を二重に請求されます。

よく考えたら鍵は毎回変えるのに変な仕組みですよね。

マスターキーは必ず保管しておき、合鍵を使うようにしましょう。

火災保険料

相場は15,000円前後です。

もし借りている物件で火災が起きたときのための保険でこれも加入が必須となります。

どの物件もだいたい同じ料金ですがファミリー向け物件とかだともしかしたらもう少し値段が高くなるかもしれません。

火災保険の中には設備故障や傷等の保証が含まれていることもあるので、生活していてうっかり壊してしまった時に火災保険を使えばハウスクリーニング費用が安くなる可能性もあります。

事務手数料

相場は5,000円~10,000程度です。

入居のための書類作成等の手間賃を仲介業者に払うお金です。

他の諸経費に比べて安いですが取っている不動産業者は結構多いです。手間賃なので仕方ない部分ですが、気になるようであれば事務手数料がかからない業者を選びましょう。

例を挙げて初期費用計算をしてみた

この話だけだと少しイメージがつきにくいと思うので実際に例を挙げてみます。

物件選びが上手なA君の場合

■3月11日に入居

A君はアパマンショップを利用し家賃7万円で共益費0円、敷金礼金0円の物件で契約することに。親が連帯保証人となってくれるので保証会社の利用はしませんでした。

前家賃49,000円
敷金0円
礼金0円
仲介手数料70,000円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
事務手数料10,000円
合計159,000円

つまりA君は約160,000円で入居できたわけです。

日割り計算で上旬に引っ越すとこのように意外と安く済ませることも可能です。

ただ敷金を払っていないので退去費用が少し心配という面もあります。

ちょっと物件選びが下手なB君の場合

■3月16日に入居

A君と同じく家賃は7万円で共益費は2000円のみ。しかし敷金・礼金が「1ヶ月」と表記されていました。さらに入居日は中旬となっていて「4月分も一緒に払ってね」と言われました。

また、B君の物件は保証会社の利用を必須としていたためやむなく利用する羽目になりました。

前家賃109,000円
敷金70,000円
礼金70,000円
仲介手数料70,000円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
事務手数料10,000円
保証会社利用手数料35,000円
合計394,000円

A君と家賃は変わらないのにも関わらず敷金・礼金や保証会社の利用料、さらに4月分も前もって前家賃として払ったため約400,000円近く額になってしまいました。

とはいはいえ前家賃は日割り計算しているので実質的な損はありません。敷金も退去の際にはクリーニング代として充てられるため損ではありません。

B君がもったいないのは「礼金」「仲介手数料」「保証会社手数料」の3つの項目です。

選んだ物件が悪いとこんなに初期費用が高くなることもあり得ます。

先のことまで考えるCさんの場合

■3月25日に入居

CさんもA君やB君と同様の7万円の物件です。共益費や敷金・礼金はありませんでしたが、定額補修プランという退去費が一定になるプランがあったので加入することに。

また、Cさんは虫が苦手なので部屋の消毒をやってもらうことにしました。

頭の良いCさんは物件で選ぶのではなく仲介業者で選んだ結果、仲介手数料は0円で済みました。

また、保証会社の利用はしませんでした。

前家賃84,000円
敷金0円
礼金0円
仲介手数料0円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
事務手数料10,000円
定額補修費40,000円
部屋消毒費15,000円
合計179,000円

A君とほぼ変わらずの値段です。

しかも定額補修費プランなので退去の際は1円も取られず済みます。

定額補修費はオトクなの?

家具家電一式揃えた時にかかる初期費用

一人暮らしをする際には部屋を借りるときの初期費用だけでなく、家具家電を揃える費用も必要となります。

安く済ませたいのであれば実家から全てそのまま引っ越し先に持っていくことですが、それでも必ず洗濯機や冷蔵庫などの大物家電は購入しなければなりません。

一人暮らしで安くてコスパの良い商品を選ぶ前提でかかる費用相場は約15万円ほどです。

生活必需品値段
テレビ30,000円
テレビ台3,000円
洗濯機30,000円
冷蔵庫30,000円
炊飯器10,000円
テーブル6,000円
カーテン3,000円
ベッド30,000円
布団一式5,000円
掃除機3,000円
ドライヤー2,000円
合計152,000円

この金額は「なるべく安くてコスパの良い家具家電を揃えた場合」の金額となるため、少し良いものを買おうとするともっと高くなります。

初期費用を抑える方法

初期費用を抑えるためには不動産選びと物件選びがかなり重要です。

僕は今まで引っ越しを5回以上していますが、今まで初期費用が20万円以上になったことは一度もありません。

家賃8万円と高くても20万円以下で抑えることは十分可能です。

いくつか初期費用を抑えるための方法について紹介していきます。

敷金0円物件を選ぶ

敷金というのは預け金なので最終的には返金されます。敷金から退去クリーニング代としてかかったお金を引いた額が退去時に返ってくるので損はしません。

ただ、初期費用10万円以下と考えると敷金0か月物件は必須です。

最初にお金がかかるか最後にお金がかかるかという違いなので現在手元に余裕がない場合は敷金なし物件を探しましょう。

礼金0円物件を選ぶ

礼金は敷金と違い、全く返金されないお金です。例え初期費用10万円以下にこだわらなくても0円の方が間違いなくお得です。

新築物件等需要の高い物件の場合は礼金を取る傾向があります。礼金を上乗せしていても入居者が集まるためです。

築年数が経っていたり、立地が悪かったりすると需要が低くなるため礼金を0円としている物件は多くなります。

仲介手数料0円の不動産業者を選ぶ

仲介手数料は仲介業者に対して払うお金。基本的には家賃1か月分かかってしまいます。

不動産側も商売なので他の業者と差別化するためにあえて仲介手数料を半額にしているところもあります。エイブルやミニミニあたりが有名ですね。

半額でも十分安いですが、初期費用を10万円以下にするなら仲介手数料0円物件を探すしかありません。こうするとかなり物件の幅は狭くなりますが、礼金と同じく仲介手数料はムダ金なので安ければ安いほどお得です。

仲介手数料が一番安い賃貸不動産はどこ?

【前家賃】月の中旬を入居日にする

前家賃はわかりにくいイメージがありますが、要は最初に払う家賃のことです。入居日から月末、あるいは翌月の家賃もこみ込みで支払うことになります。

前家賃に損得はありませんが、初期費用として安くするなら上旬~中旬近くが好ましいです。

  • 1日~14日:入居日から月末までが前家賃
  • 15日~31日:入居日から翌月末までの分が前家賃

特に規定はありませんが、例えば入居日が下旬の場合だとその月の家賃を払ってもすぐに翌月の家賃が発生するので、初期費用として一緒に翌月分も請求してしまおうという傾向があります。

上旬や中旬ぐらいならその月の家賃だけで済みます。

いつ入居しても損をすることはないので普通はそこまでこだわらないですが、現在手元にお金がない人にとって翌月分の家賃まで一緒に請求されるのは痛手です。

保証会社は絶対に利用しない

連帯保証人がいない場合は保証会社を利用することになりますが、保証会社利用料の相場は家賃の40%~70%ほど。

初期費用を10万円以下にしたいなら保証会社の利用は絶対にやめましょう。

また、保証人不要物件と謳っている物件も保証会社利用必須なので注意。

例え保証人がいても必ず利用することになり、初期費用を10万円いかで抑えることが難しくなります。

断れるオプションは断ること

火災保険料や鍵の交換費用は絶対にかかってしまうお金なので仕方ありませんが、消毒サービスとか安心サポートとかは断れるサービスです。

仲介業者の中には加入するのが当たり前のように勧めてくるので気を付けてください。

本来であれば断れるサービスですが、不動産によっては加入しないと契約できないようになっているところも多いので不動産選びは慎重に。

入居時の消毒サービスは任意で拒否できる?

なるべく自力で引っ越す

引っ越し業者に頼むと一人暮らしでも3万円~5万円ほどかかってしまいます。だったら自力で荷造りしたり友人に頼んだ方が圧倒的に安く済みます。

僕はなるべく自分でやるようにしていますし、車がない場合は半日レンタカーを借りて作業を行います。

引っ越し先が遠い場合は業者に頼むしか手はありませんが、初期費用を抑えたいならなるべく自力で。

頼める友人も車の免許もない場合は「赤帽」という業者が一番安くておすすめです。ただ短距離限定になりますが。

自分で荷物運び等引っ越しをするコツや注意点とは?

フリーレント物件を選ぶ

最近では空き室になっている物件も多くなり、不動産業者は入居率を高めようと必死です。

フリーレント物件というのは最初の1か月分~2か月分ほど家賃が無料になる物件のことです。

初期費用として引かれるか、入居した翌月の家賃が引かれるかは物件次第ですが、どちらにしてもかなりコストを抑えることができるのでおすすめです。

僕も一度フリーレント物件に住んだことがありますが、物件自体にはそれほど問題がなく、安く住めたので良かったです。

家賃6万円なら6万円浮きますからね。

キャンペーン物件を選ぶ

キャンペーン物件というのは本来20万円以上かかるような初期費用を礼金や仲介手数料を期間限定で0円にすることで安くしたり、キャッシュバックが貰えるような物件のことを言います。

仲介業者ごとにある程度の仲介手数料というのは一律で決まっているのですがキャンペーン物件だけは例外的に安くなっていることが多いのでお得に部屋を借りることができます。

僕が以前見つけたキャンペーン物件もまさに【初期費用10万円以下!】と謳っている物件でしたが、直接店舗に行ってみると残念ながらキャンペーンが終了してしまっていました。

このようにキャンペーン物件はおとり物件ということもあるので部屋を見つけた際には店舗に行く前に今現在も空き室でキャンペーンをやっているかどうかはしっかりと確認しましょう。

家賃交渉をする

基本的に初期費用というのは家賃をベースに決まってくるので家賃を少しでも下げることができれば全体的にかなり安くなります。

家賃の交渉ができるようなら積極的にしてみましょう。

直接顔を見て交渉するのが苦手ならイエプラというサイトがおすすめです。

イエプラは条件を伝えると専門スタッフが半自動で部屋を探してくれるサービスですが、やり取りが基本チャットなので交渉事もチャットを通じて行うことができます。

それこそチャットで相談ができるので「初期費用が10万円以下の物件を探してほしい」と伝えるのがベスト。

イエプラ公式ページへ

家賃は1,000円~2,000円程度なら対応してくれる大家も多いので言ってみる価値はあります。

初期費用を安く抑えられる不動産サイト

ビレッジハウス

ビレッジハウス

ビレッジハウス公式サイト

ビレッジハウスは政府が昔管理していた雇用促進住宅を一括で借り上げ内装をリフォーム・リノベーションした物件を提供しています。

通常の賃貸物件とは違い築年数が古くて安い住宅を買って賃貸物件として提供しているため広い割に安いという特徴があります。

敷金や礼金、仲介手数料はもちろん更新料でさえも無料です。

初期費用

最大3万円のキャッシュバックも行っているので初期費用がわずか数千円で済んだという人も中にはいるぐらい安いです。

ビレッジハウスはやばい?口コミや評判と安い理由をまとめてみた

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅の公式サイト

UR賃貸住宅とは、都市再生機構(UR都市機構)という独立行政法人が管理している公的な賃貸住宅のこと。

通常賃貸物件は民間企業が仲介したり管理していますが、URの場合は行政が管理しているので仲介手数料はもちろん敷金・礼金もかかりません。

物件はビレッジハウスと似ていて団地のような物件が非常に多いので一人暮らしというよりも同棲やルームシェア向きの物件が多いですね。

UR賃貸住宅の評判はやばい?住みたくないと言われるデメリットとは

OHYA

オーヤ

OHYA公式サイト

OHYAはアパマンショップと提携している2019年に設立されたサイトで、家賃のみで住み替えができる物件を取り扱っています。

通常の賃貸物件の場合、大家は仲介不動産に「この部屋の入居者を募集してほしい」と依頼をかけるので仲介手数料が発生しますが、OHYAは名前の通り大家が仲介業者を経由しないで自分で掲載するので仲介手数料がかかりません。

また敷金や礼金と言った初期費用が高くなる費用も全てカットしているので非常に安く部屋が借りられます。

難点としては物件数が非常に少ないことぐらいです。

スポンサードリンク


まとめ

MEMO
  • 部屋を借りる際にかかる初期費用相場は家賃×4倍~5倍程度
  • 初期費用をかなり安く抑えられれば最低手持ち10万円でも借りることができる
  • 初期費用を抑えたいなら【敷金】【礼金】【仲介手数料】がかからない物件を選ぶ
  • 家具家電を揃える費用は安くても15万円程度かかる
  • 部屋を借りる際の最低必要資金は家賃×5倍+15万円ほどが理想

初期費用の相場は家賃の4倍~5倍ですが、本当に物件によってかなり変わるのであまり相場は参考になりません。

どんなに高くても家賃の6倍以上取られることはありませんが、とにかく安く済ませたいのであれば敷金礼金がかからない物件でなおかつ仲介手数料無料の不動産を選ぶのがおすすめ。

引っ越し業者や家具家電を揃えたりする費用も別途かかるので部屋探しする際は少し手持ちに余裕を持ってからにしましょう。

家賃初期費用目安家具家電費用必要最低資金額
5万円20万円~25万円約15万円35万円~40万円
6万円24万円~30万円約15万円39万円~45万円
7万円28万円~35万円約15万円43万円~50万円
8万円32万円~40万円約15万円47万円~55万円
9万円36万円~45万円約15万円51万円~60万円
10万円40万円~50万円約15万円55万円~65万円

少しでも参考になれば幸いです。

エイブルの初期費用って実は高い?オプション代はいくらかかる? 賃貸不動産仲介業者おすすめランキング!良い不動産の見分け方と選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です