一人暮らしに人気の評判が良くて安い折りたたみベッドおすすめランキング!


一人暮らし 折りたたみベッド

初めて一人暮らしをする際は何を購入したらいいのかわからないことがよくあります。ベッド一つにしても色々種類があります。

今回は大学生などの一人暮らしにおすすめな人気のある折りたたみベッドランキングを作成してみましたので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

寝床の種類と特徴

床にそのまま敷布団を敷いて寝ている人もいれば、骨組みがちゃんとしているベッドを購入する人もいますが、それぞれに特徴があります。

  • 敷布団:場所を取らず、コストも安いが畳まないでいるとカビがすぐに生える
  • 折りたたみベッド:値段が安くて寝心地も悪くないが、耐久性に少し問題がある
  • マットレス付きベッド:おしゃれで寝心地も最高だが値段も高く、幅を取るので部屋が狭くなる。引っ越しも大変。

実際に私はこれまでの引っ越しですべて経験していますが、それぞれの特徴はこんな感じです。

取りあえず寝られればいいなら床+簡易マットレス+布団でいいですが、面倒臭がりにはベッドが必須。

折りたたみベッドのメリットデメリットと詳しく挙げてみた

初めて一人暮らしをする際はどちらが良いのかよくわからないですから、実際に私が使用して見て思ったメリットとデメリットをご紹介していきます。

【メリット】

  • 値段が安い
  • 折りたたみ式なので場所を取らない
  • 組み立ての必要がない(もしくは簡単)
  • 模様替えが簡単にできる

一人暮らしをするときってかなり初期費用がかかるので、安いベッドなら折り畳みが最適。マットレス付きのベッドと比較すると2,3万円ほど違いがあります。

また、折りたたみ式のいいところは場所をあまりとらないということ。もし、人が大勢来てベッドが邪魔なら折りたためば済みます。

自力で引っ越しする際も比較的楽ですし、キャスター付きなら「模様替えしたい」と思ったときにすぐに動かせて便利です。

【デメリット】

  • ちょっと安っぽい
  • 安全面や強度がマットレス付きに劣る
  • キャスター付きなので不安定

部屋をおしゃれにしたいと思っている人にとって折り畳みベッドは不向きです。かなりのセンスがあるなら別ですが、頑張っても少しやぼったい部屋になります。

折りたためるのはありがたいですがその分強度も下がってしまいます。折りたたむ部分が少しずつ凹んでくることもあるので注意してください。

 

多くの折りたたみ式ベッドはキャスター付きです。キャスターにはストッパーが付いているので大きく揺れ動くということはないですが、ベッドで激しく動いていると若干ベッド自体が動いてしまいます。

完全に動かないようにするのであればベッドの下にゴム製のものを敷くなどの対策が必要です。

折りたたみベッドの料金相場

店頭でもネットでもだいたい10,000円~20,000円ほどが相場です

折りたたみベッドの場合、マットレスがベッドと一体型のものが多いので別途マットレスを購入する必要はありません。

ただ、折りたたみベッドのマットレスが気に入らない場合はその上にマットレスを敷くことで寝心地を調節することが可能です。

折りたたみベッドに関しては値段が高いものほどいいものとは限らないので自分が気に入ったものを選んでください。

折りたたみベッドの重さ

だいたい20㎏~30㎏ぐらいの重さで持ち上げるのは男性でも相当大変ですが、キャスター付きが基本なので移動は案外スムーズです。

キャスターにはストッパーがついているので寝ているときに動くことはありませんが、激しく動けば動いてしまいますし、音も気になるので恋人がいる人は要注意かも。

折りたたみ式のベッドおすすめランキング

  • 第1位:アイリスオーヤマOTB-E

アイリスオーヤマ 折りたたみベッド ブラック OTB-E

新品価格
¥10,702から
(2018/9/25 02:07時点)

リクライニングはついていませんが、折りたたみベッドの中でもかなり安く、なおかつ寝心地が良いと評判のベッドです。

リクライニングは最初の頃は面白がって使いますが、実際寝るのに必要ない機能なのであってもなくてもどちらでも良いと思います。

  • 第2位:アイリスオーヤマ低反発14段階リクライニング

アイリスオーヤマ 折りたたみベッド 低反発 14段階リクライニング ブラック OTB-TR

新品価格
¥12,567から
(2018/9/25 02:12時点)

低反発のウレタンを使用していることと14段階のリクライニングが出来るのが最大の特徴。

低反発は寝心地が良くて横向きで良く寝る人にとっては最適ですが、腰痛持ちや肩こりがひどい人は悪化する可能性があるので注意してください。

機能面を考えるとコスパの良いベッドです。同じようなタイプは18,000円ぐらいします。

  • 第3位:折りたたみベッド 桐 

折りたたみベッド 桐 すのこ 31枚 通気性 折りたたみ収納可 ナチュラル 幅98×奥行208.5×高さ44.5cm

新品価格
¥11,600から
(2018/9/25 02:19時点)

すのこ型の折りたたみベッドでマットレスがありません。別途購入する必要があるのは難点ですが、折りたたんだときにほとんど場所を取らないのが魅力です。

頻繁に引っ越しをする人や自分でマットレスは選びたいという人にとっては最適。

また、サイドアームがついているので寝ているときに布団がずれたり、落っこちたりしないのも魅力の1つです。

まとめ

折りたたみ式は正直値段の割にそこまで差がないので、あまり悩む必要がないと思います。

ニトリなどの店頭で買うよりもネットで買った方がかなり安く購入できます。一度店頭に下見しにいって、どういうものか大体把握してからネットで買うのが失敗せずに購入する秘訣です。

参考までにどうぞ。

■関連記事

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す