部屋を退去してから引っ越して入居までにいくら必要か計算してみた


引っ越しのシーズンになると今住んでいる物件を解約して新たな物件に引っ越す人が多くなりますが、引っ越しというのはかなりの費用がかかってしまいます。

これから引っ越しを考えている方のためにどのぐらい貯金をしておけばいいのか計算してみましたので目安にしていただければと思います。

スポンサードリンク

退去でかかる費用

部屋の修繕費(クリーニング代)としてかかる金額の相場は一人暮らし(ワンルームor1K)で約20,000円~25,000円と言われています。

私の経験上は綺麗に使っていてもこの金額よりも高く請求されることの方が多いです。

1件目はだいたい35,000円ほどかかりましたし、2件目は37,000円ほど。

この辺は物件を管理している管理会社や仲介業者によってまちまちですが、壁に穴を空けたとか床が傷たらけ、窓を割ってしまったようなレベルでなければ30,000円前後で済む場合が多いと思います。

退去費は敷金で賄える?

引っ越しにかかる費用

引っ越しする場合、特に女性だと引っ越し業者に頼んでしまう人が多いようですが引っ越し侍を見てみたところ相場は30,000円~50,000円ほど。

引っ越し先の距離によって値段は大きく変動します。

私の場合は引っ越し費用がかかるのが嫌なので大き目のレンタカーを借りて友人の手を借りて自力で引っ越しをしてしまいますが、この場合はレンタカー+ガソリン代で6,000円前後です。

自分で荷物運び等引っ越しをするコツや注意点とは?

ただ、その後に手伝ってもらった友人にご飯とか奢る流れになるのでなんだかんだでお金はかかってしまいますけどね。

近距離の引っ越しの場合は圧倒的に赤帽という業者が安いです。

赤帽は一人暮らしの近距離向けの業者で、荷物をドライバーと一緒に運ばなくてはならないという手間がありますが、安く済ませたい場合はおすすめです。

赤帽VSレンタカーVS引っ越し業者!一番安く済むのはどれ?

初期費用でかかる費用

続いて入居先の初期費用についてです。

初期費用は敷金や礼金、仲介手数料がある場合とない場合でかなり違いがありますし、家賃によってもまちまちなので一概に言えませんが、だいたい家賃×5ヶ月分が目安です。

6万円の家賃なら30万円ほど、7万円なら35万円ほどが相場になります。

ただ、敷金も礼金もなく、仲介手数料も半額とかだと本当に安くて、例えば家賃が8万円だったとしても15~16万円前後で済むことも。

初期費用の詳しい内訳は「東京都内で一人暮らしするといくら必要か?」を参考にしてみてください。

普通の一人暮らしならとりあえず30万円ほど持っておけば家賃が高くても礼金なし物件を選んだり、エイブルや大東建託等の仲介手数料が安い業者を選んでおけばいいので問題ないかと思います。

スポンサードリンク

退去から入居までにかかるお金まとめ

最後にこれまででかかった費用をまとめておきます。

 

退去費用 30,000円
引っ越し費用 30,000円前後
初期費用 300,000円前後
合計 360,000円前後

 

我ながらなかなかにアバウトな計算ですが、あながち間違ってない数字だと思います。

全ての項目でばらつきがありますが、やはり一番お金のかかる部分は初期費用。

これを安く済ませることが出来れば例え20万円でも引っ越しは十分に可能です。

個人的に最低20万円は退去する段階で貯蓄しておかないと厳しいかなと思います。

どうしても引っ越さなければならない場合の対処法

手元にほとんどお金がなくて、それでも引っ越したい、引っ越さなければならない状況になった時の最終手段をご紹介します。

まず、退去費用に関しては自力で修繕できる部分は修繕してしまいましょう。

クリーニング代は掃除すればどのぐらい安くなる?

これだけでも少しクリーニング代は安くなります。

続いて、引っ越しについてですが、業者に頼まずに自力で荷物運びをするようにしましょう。免許がない場合は友人に頼むのも一つの手。よほど遠距離の引っ越しじゃない限り一人暮らしの荷物量なら可能です。

最後に入居先ですが、最終手段はシェアハウスが最強。敷金も礼金も仲介手数料もかからず前家賃のみで入居できる物件が多いので手元にお金がない人の一時しのぎになります。

実際、シェアハウスでとりあえずお金を貯めるという人も多いそうです。

どうしても嫌な方は敷金、礼金、仲介手数料が安い物件を探しましょう。

エイブルなら掲載物件全て仲介手数料が半額。この辺は詳しく他のページでまとめているので参考にしてみてください。

仲介手数料が一番安い賃貸不動産はどこ?

 

スポンサードリンク

トップページへ

コメントを残す