契約更新すべき?引っ越すべき?どっちの方が安くてお得か計算してみた


賃貸契約は通常2年単位となり、そこに住み続けるには契約更新をしなければなりません。

ただ、アパートやマンションの契約更新日が近づき、それと同時に引っ越す人は非常に多いです。

契約更新には更新料という名目で余計なお金がかかることもありますが、実際問題引っ越すのと比べるのとどちらが良いのか計算してみました。

スポンサードリンク

契約更新時にかかる費用

今回は家賃が月80,000円で保証会社を利用していると仮定して計算していきます。

【契約更新費用】

更新料 80,000円
家賃 80,000円
火災保険料 15,000円
事務手数料 5,000円
保証会社利用料 24,000円
合計 204,000円

 

通常契約更新の時期に火災保険の契約更新も同時に行われるため、諸々の費用が高くなります。

更新料は家賃1ヶ月分でさらに入居の時の火災保険料と同じ金額の火災保険料、書類作成のための事務手数料、保証会社を利用している場合は保証会社利用料が発生します。

家賃8万円なら大体20万円前後更新時にもってかれると思ってください。

契約更新するデメリットについて

契約更新よるデメリットは更新料を支払うことによって、すぐに引っ越せない精神になることです。

実際は更新料を払ってもすぐに退去することは可能ですが、すぐに退去するとなると完全に更新料が無駄になってしまいます。

もったいないからまた住み続ける羽目になるので、引っ越しのタイミングを逃してしまいます。

引っ越しにかかる費用

続いて引っ越し時にかかる費用についても計算してみます。引っ越し先の家賃も上記と同様60,000円で保証会社の利用料も同じと仮定します。

この場合にかかる項目は引っ越し代+引っ越し先の初期費用です。仮に敷金が1ヶ月、礼金0円としましょう。

【内訳】

敷金 80,000円
礼金 0円
仲介手数料 86,400円
前家賃 80,000円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 15,000円
事務手数料 5,000円
保証会社利用料 24,600円
合計 306,000円

初期費用は家賃の5ヶ月~6ヶ月分。今回の例ですと300,000~360,000円ほどなので少し安いぐらいかも。

前家賃というのはその名の通り先に払う家賃のことです。入居する時期によって異なりますが、平均で1か月分。

礼金0円の物件でもだいたい30万円ぐらいかかってしまいますね。やっぱり引っ越しするとかなりのお金がもってかれます。

引っ越し代もかかることを忘れないように

引っ越し代は閑散期と繁忙期で料金相場は異なりますが、一人暮らしで大体30,000~50,000円と言われています。

初期費用の内訳や安くする方法まとめ

引っ越し代を安くするためには自力でレンタカーを借りてやったり、友人や両親にお願いして手伝ってもらうのが良いでしょう。

あとは引っ越しの荷物を最初から少なくしておくことも大切です。私は何度か自力でやりましたが、荷物が多いとほんと大変です。

引っ越すことによるデメリット

退去して新しい部屋に引っ越すことによるデメリットはいくつかあります。

【デメリット】

  1. 金銭的負担が大きい
  2. 部屋を探す手間がかかる
  3. 退去したときや入居の際のガス電気水道などの手続きが面倒
  4. 荷造り・荷ほどきが面倒

金銭的負担が大きいのもかなりのデメリットですが、手続きとか引っ越し作業とかか想像以上に面倒です。

ちなみに引っ越す場合は引っ越し代含めて13万円以上高いです。さらに、引っ越したあとでも必要なものが出てくる(買い替えたり)ので余計お金がかかります。

 

スポンサードリンク

契約更新の際に引っ越す人が多い理由とは

suumoの調査によると引っ越しを決める理由の第1位は「物件に不満があるから」となっています。

確かに住んでいると日当たりが悪かったり、虫がよく出る、駅から思った以上に遠い等々不満は出るものです。

更新料を払って住み続けるよりはいっそのこと引っ越しちゃった方が良いと思うのでしょう。

また、契約更新というのは通常2年毎ですが、この2年というのが上手い具合に生活が変わるタイミングということも大きな理由でしょう。

例えば大学生は4年で卒業しますし、専門学生は2年で卒業。

住んでみて不満はあるけど多額の初期費用を払っているから少なくとも次の契約更新までは住もうと考える人も多いと思います。

人によって事情は異なるものの、契約更新というのは引っ越す理由づけの一つなのかもしれません。

契約更新すべき?引っ越すべき?

そのまま契約更新するか、思い切って引っ越すべきか悩む方は多いと思いますが、そういう時は「今住んでいる物件に重大な問題があるか」を考えるべきです。

例えば家賃が高くて、毎月家賃を払うので精一杯という状況ならそのまま住んでも生活が苦しいだけなので初期費用や引っ越し代を払ってでも家賃の安めな物件に引っ越すべきです。

そのまま住んでいたら生活に支障が出るレベルなら一刻も早く引っ越すべき。

「ちょっと駅から遠いな」とか「もう少し収納が欲しいな」程度なら基本的には契約更新した方が良いでしょうね。仮に引っ越しても不満は出るので。

もしどうすべきか本当に悩んでいるのであればひとまずネットで部屋を探してみるというのも一つの手。

自分の条件に合う物件があるかどうか実際に調べて、ありそうなら引っ越す、全くないようであれば更新すると考えるのもありです。

調べてみないとわからない部分ですし、今の条件より悪いところにわざわざ引っ越す意味はありませんからね。

ただ、今の環境を変えたかったり、心機一転したい人はそこまで問題がなくても引っ越す価値はあると思います。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す