一人暮らしの部屋を一番効率良く探す方法!いい部屋を見つけるコツとは


効率よく部屋探し

部屋を探すときあなたはどのように物件を探しますか?

おそらくネットで有名不動産仲介業者で検索するか、もしくは店舗に直接足を運び、探してもらうのではないでしょうか。

しかしそれだといい物件にはたどり着けません。

今回は私が普段行っている、いい部屋の見つけ方、探し方について一からご説明していきます!

スポンサードリンク

なかなか部屋が決まらない理由

部屋を借りるのはそれなりにお金がかかるので慎重になりすぎてしまうのは仕方ないですが、あまりにこだわりすぎるといつまでも物件が決まりません。

【物件が決まらない理由】

  1. 条件をこだわりすぎている
  2. 内見予約をすぐに行わない
  3. ネットで探している

理想の物件に住みたいのはわかりますが、妥協も必要です。また、物件情報だけ見ていつまでも問い合わせなかったりすれば、いざ内見予約を入れたときにすでに成約済みになっている可能性も高くなってしまいます。

ネットの情報には少しラグがあるので、見つけたらすぐに行動すべきです。条件の良い物件ほど競争率も高く、ネットの情報は誰でも見ることができるのですぐに埋まってしまいます。

部屋探しの具体的な手順

あまり条件にこだわらないなら不動産に行って営業マンに探してもらうのが一番手っ取り早いです。ただ、この方法だと見ることができる物件数が少ないので、後から「もっと良い物件があったのに」と後悔する可能性も高いです。

効率的に部屋探しを行うには以下の手順で試してみてください。

  1. 物件の条件を3つ決める(それ以外は妥協点とする)
  2. 取り扱い物件数の多いサイトを利用する
  3. 色んな不動産を使わないこと

1つ1つ説明していきます。

1.物件の条件を3つ決める

先ほども言ったようにこだわりすぎるといつまで経っても入居できません。私の経験上、理想の物件というのは見つかりません。

家賃や部屋の設備、駅からの距離など、どこかで妥協しなければならなくなります。

条件の優先順位はひとによって違いますが、これだけは譲れないというものをあげてみてください。

【例】

  1. 家賃(高すぎると生活を圧迫するから)
  2. 駅からの距離(毎日の通勤がつらいから)
  3. 防音性(鉄筋コンクリートすごい)

これをもとに物件を探していきます。

2.取り扱い物件数の多いサイトを利用する

有名どころはスーモホームズです。取り扱い物件数は500万件以上とかなり多いのでここで見つからなければ条件を緩める必要が出てきます。

スーモやホームズといったサイトは仲介業者というより情報まとめサイトのようなもので、色んな不動産情報を1つにまとめているので物件数が圧倒的に多いのです。

ただ、ネットの情報は不動産で探すよりもラグがあるのがデメリット。

最近ではイエプラというサイトが個人的におすすめです。

関東と関西限定になりますが、家にいながら物件の最新情報(空き室かどうか)を確認できます。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

普通のサイトと異なり、専門スタッフがいるので細かい条件も伝えられて使い勝手が良いです。

地方に引っ越す予定の方は無難に有名サイトを利用していくべきです。

イエプラ公式ページへ

3.色んな不動産を使わないこと

スーモやホームズで物件を探すと毎回取り扱っている不動産が異なるので問い合わせ先も異なります。

例えばよさげな物件を3つ見つけても、1件目がアパマンショップ、2件目がエイブル、3件目がミニミニとかよくあります。

ただ、実はこれ1つの不動産で紹介してもらえます。今の不動産業界は「レインズ」という物件情報が載っているサイトを元に掲載しているのでどの不動産に行っても同じ情報を手に入れることができます。

持ち込みNGな不動産もありますが、その場合はイエプラなどサイトだと便利です。

1つの不動産で探してもらえるとかなり効率的に部屋探しができるのでおすすめです。

 

スポンサードリンク

見つからなければ時期をずらしてみる

それでも条件に当てはまる物件が見つからないときは見つかりません。

もし引っ越しまである程度余裕があるのなら、少し時期をずらしてみてください。

2週間後~1か月後には空き室になる物件も多く存在するので焦りすぎると好条件の物件を逃す可能性もありますからね。

特に繁忙期である1~3月は物件情報が目まぐるしく変わるのでおすすめです。閑散期はあまり物件情報に変動がないので6月~8月は条件を変えて検索するのが吉です。

最寄り駅を変えてみるのも手

最初に最寄り駅を決めて、そこから物件を決める人が多いですが、あまりにも条件に合う物件が見つからない場合は1駅ずらしてみることでびっくりするぐらい家賃が下がることも。

基本的に急行や快速が停まる駅は高く、各駅しか止まらない駅は家賃相場が下がります。

どうしてもその駅じゃないといけないという理由でないなら一度駅を変えて調べてみましょう。

交渉をすることで理想の物件に近づける

実際に物件を探してみると「惜しい物件」というのが出てきます。家賃があと数千円安ければ~とかね。

こういった物件を見つけたら積極的に交渉してみましょう。

【例】

  • 家賃
  • 内部の設備(温水洗浄便座とか)
  • 礼金や仲介手数料

基本的にはなんでもありです。人気物件や繁忙期は交渉がしにくいですが、いつまでも入居者が決まらないような物件、閑散期は早く入居者を決めたいので多少の交渉は通ります。

ダメもとで言ってみると案外通ることがあるのでぜひ試してみてください。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す