東急リバブルの特徴や口コミ・評判!利用するメリット・デメリットをまとめてみた


東急リバブルの特徴や良い点・悪い点!仲介手数料や口コミ・評判ってどうなの?

やたらとCMを打っている会社として有名になった東急リバブル。東急ハンズと同じグループ会社の1つで、ぐっさんのCMが印象的ですよね。

CMではあんまり特徴が良くわからないと思うので、今回は東急リバブルの特徴やどういったメリット・デメリットがあるのか、さらにネットの口コミ・評判を簡単にまとめてみましたので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

東急リバブルをざっくりと説明

東急リバブルホーム

東急リバブルのホームページへ

東急リバブルはその名の通り、東急不動産ホールディングスグループの一つです。

有名どころだと東急ハンズとかも東急グループの系列会社です。

賃貸も取り扱っていますが、どちらかというと売買に力を入れている会社でそのついでとして賃貸物件をやっているようなイメージです。

仲介手数料は基本的に賃料1か月分かかります。

ネットの口コミや評判をまとめてみた

東急リバブルの口コミを調べてみたところ、売買系の評価も多く見受けることができたので2つに分けてご紹介していきます。

【売買系の口コミ】

【賃貸系の口コミ】

もちろん良い評価もあるものの、売買も賃貸も全体的に悪い評判を多いような印象を受けました。

対応がちょっとおざなりだったり、連携が取れていないという口コミを多々見受けました。

ただ、営業がしつこいとかそういった意見は見当たりませんでしたね。CMがしつこいってのは多かったんですけど。

不動産業界は全体的に評判が良い会社ってのは少ないですが、東急リバブルは割とひどい部類かも。

東急リバブルを利用するメリット

【良い点】

  1. ブランド力がある
  2. 新着物件が一目でわかる
  3. 東急沿線の物件情報が豊富
  4. 紹介したりされたりするとお得なキャンペーンがある

ブランド力がある

東急リバブルは東急ハンズや東急リゾートなどの知名度の高いグループ会社の1つです。

こういった知名度の高い会社は逆に言えば不祥事を起こしにくく、信用度が高いというのが利用する利点の1つです。

下手なことをすればすぐに会社の名に傷がついてしまうので、明らかなおとり物件行為等はできません。

新着物件が一目でわかる

東急リバブルの物件ページは新着物件が【NEW】と表示されるので一目でわかるような仕様になっています。

東急リバブルNEW

普通の賃貸サイトだとどの物件が新着で、どの物件情報がまだ更新されていないのかわからないため、こういった機能は部屋探しをする側としてはありがたいです。

新着物件ならすでに成約済みの可能性が低くなりますし、条件の良い物件を見つけたときに他の人よりも先に成約できる可能性が高くなりますからね。

以前は【価格変更物件特集】というページもありましたが、現在はなくなっているのがちょっと残念な点。賃料が下がった物件とか見れたのでこれが面白い機能だったんですけどなくなってしまいました。

東急沿線の物件情報が豊富

東急って言うだけあって東急沿線には特に力を入れています。

具体的には【東急東横線】【東急田園都市線】【東急大井町線】【東急池上線】【東急目黒線】【東急多摩川線】【東急世田谷線】

東急沿線に住みたい場合は知識量や物件数も他の仲介業者よりも強いのでおすすめです。

紹介したりされたりするとお得なキャンペーンがある

東急リバブルも他の仲介業者と同様にお得なキャンペーンがあります。

東急リバブル紹介

もし友達を紹介して成約すればギフトカード5,000円分がもらえて、紹介された側は手数料が10%割引されます。

この手数料というのはおそらく仲介手数料のことでしょうね。

正直言ってそこまで優れているキャンペーンではありませんが、友人が東急沿線の物件を探していたりする場合は積極的に利用するべきです。

https://www.livable.co.jp/chintai/yutai/

東急リバブルを利用するデメリット

【デメリット】

  • 物件数が全体的に少ない
  • 独自のサービスが少ない
  • AIチャットボットが使えない

物件数が全体的に少ない

東急リバブル物件数

そもそも東急リバブルが力を入れているのが不動産の売買。

マンションの売り買いが主となっているので部屋を探している人は二の次というイメージが強いです。

東急リバブルが扱っている物件は主に首都圏周辺しかありませんし、東急沿線の物件数は豊富なものの、それ以外はおまけ程度の数しかありません。

埼玉とか探しても雀の涙程度の物件数しか出てきませんからね。関西とか北海道とかその他の地域も同様です。

だったらスーモやホームズで探した方がいいんじゃないかってなっちゃいますよね。

独自のサービスが少ない

売買のサービスは充実しているものの部屋を借りる人のためのサービスが圧倒的に少ないです。

例えばエイブルのように【仲介手数料半額】とか利用する圧倒的なメリットがあればいいんですけど、東急リバブルにはそれがありません。

検索機能もほぼ他の不動産サイトと同じかそれ以下ですし、力を入れていない感が否めません。

AIチャットボットが使えない

東急リバブルにはAIチャットボットというのがあって、チャットで部屋探しができる機能があります。

最近はこういったAIチャット機能を取り入れる仲介業者が増えましたが東急リバブルのこの機能は思った以上に使えませんでした。

そもそも、賃貸物件を探せると思って使ってみましたが、なぜか紹介されるのは購入のための物件。

東急リバブルAIチャット

部屋を借りたい人には役立ちません。

スポンサードリンク

まとめ

東急リバブルはCM等の影響でかなり有名な不動産会社になりましたが、基本的には賃貸ではなく売買を主力としている会社です。

賃貸はおまけ程度の機能しかなく、ここ2年ほどでもあまり成長が見られていません。

【向いている人】

  • 東急沿線に住みたい人
  • 別の角度から部屋探しをしたい人

【向いていない人】

  • とにかく条件に合う物件を探したい人
  • 多くの物件数の中から探したい人
  • 首都圏以外に引っ越しを考えている人
  • 初期費用を抑えたい人

東急沿線なら東急リバブルの専門なので1つ1つの物件にも詳しいですが、その他の物件はおまけ程度です。

もともと物件数が豊富というわけではないので細かい条件を指定した探し方はちょっと難しいですね。

仲介手数料も1か月分かかってしまうので、全体的な総評価として個人的にはあまりおすすめできません。

 

ちなみに私のおすすめする仲介業者は「不動産仲介業者のおすすめTOP10」に記載しているので参考にしてみてください。

効率的に部屋探しをするために使えるサイト

部屋探しを効率的に行うためには【物件数】【情報の新鮮さ】が重要です。

物件数が少なければそれだけ条件に当てはまる部屋が少なくなってしまいますし、ネットに掲載されている物件は少し情報が遅いので、内見しようと思ってもすでに成約済みってことが結構あります。

この2つを抑えている会社としておすすめできるのはイエプラというサイト。

イエプラの物件

イエプラは条件を設定すると半自動的に新着物件を教えてくれるサイトで、細かい条件もチャット機能があるので、チャット上で伝えることができます。

家にいながら不動産に行ったときと同じ情報を手に入れることができたり、スーモやホームズと同レベルの物件数があるのでかなり使い勝手が良いです。

イエプラ公式ページへ

無料で使えるサービスなので気になる方は使ってみてください。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

その他の不動産仲介業者

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す