高層階の賃貸マンションに住んで感じたメリット・デメリットまとめ


さすがにタワーマンションに住んだことはありませんが、今まで1階や2階のような低層階や9階のような高層階に住んだことがあります。

今回は高層階って低層階と比べてなにが違うのか、私が実際に住んでみて感じたメリット・デメリットについてご紹介していきます。

何階に住むか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

高層階(9階)に住んでみて感じたメリット

9階が高層階と呼べるかどうかは微妙ですが、定義としては10階相当の物件を高層マンション、20階建て以上をタワーマンションと呼ぶみたいですね。

私が住んでいたマンションは11階建てでした。

眺めがいい

やっぱり高層階のだいご味は眺めのいいことですね。低層階だと隣の物件の屋根とか道路なので外を見ることなんてほとんどありませんでしたが、高層階だとあたりを見渡せるのでかなり気持ちがいい。

大通りに面していても高層階ならある程度車の音を軽減してくれます。

正直、景色が良くても1週間ぐらいすると飽きてきてしまいますが、友人を呼ぶと羨ましがられるのも魅力です。

虫がほとんど入ってこない&出にくい

住んでみてこれが一番のメリットだと私は感じています。今まで住んでいた低層階物件はアリが入ってきたり、蚊やクモが発生して虫嫌いの私にとっては毎日怯えて生活していましたが、高層階の虫出現率はかなり低いです。

害虫駆除の専門業者によれば、蚊が自力で飛べるのはビルの2階あたりまでとされています。ただし風に乗ってしまうと何10mも上空に飛ぶこともあるので、高層階だからと言って必ずしも安心という訳ではないようです。

参照元:http://www.homemate.co.jp/useful/rent182/

1階が飲食店や川の近くだと虫が入ってきてしまうこともあるようです。

虫にも飛行距離があるのであまりにも高さがあると入ってこれない=低層階よりも虫が発生しにくいということです。

ただ、エレベーターに乗ってくる場合があるのでそこは注意してください。

高層階の方が低層階よりも虫が出現しにくいというのは事実なので虫嫌いにはおすすめ。

一人暮らしの虫嫌い者超必見!部屋の虫よけ対策グッズ総まとめ

日当たりがいい&風通しがいい

低層階でも日当たりの良い物件はいくらでもありますが、住んでみると隣の物件のせいで影になってしまうことも多いのがデメリット。

しかし、高層階は基本的に遮るものがないので向きによって時間帯は違えど必ず日が入る時間があります。

風通しもいいので洗濯物がすぐ乾きますし、換気もしやすいです。

高層階に住んで感じたデメリット

エレベーターを待つのが面倒

地味ですが、帰ってきてエレベーターに乗ろうとしても11階とかで止まっているのでその間待たなきゃいけないのがちょっと気になる点です。

それと忘れ物が多い人は取りに帰るのが大変。時間がないけどエレベーターは待たなきゃいけないのでイライラします。

ただ、以前住んでいたエレベーターなし物件の3階に住むよりもエレベーターありの9階の方が時間的ロスは少ないように感じました。

エレベーターがない3階は階段を使って走るので疲れます。エレベーターはやっぱりラクです。

洗濯物が干しにくいかも

高層階は風通しもよく洗濯物もよく乾きますが、高さがあるので布団などを干すときは絶対に下に落ちないように注意する必要があります。

そもそもこういった高層マンションの場合、洗濯物を干すことがNGになっていたり物干し竿を取り付ける部分が備わっていないこともあるので内見時によく確認する必要があります。

外に出るのがちょっと面倒に感じる

高層階のマンションに引っ越してから外に出るのがちょっと億劫になりました。

コンビニに行ったりスーパーに買い物に行ったりするのもエレベーターに乗ってオートックを抜けなければなりません。大したことない用事で外に出るのが地味に面倒だと感じてしまいます。

暑さや寒さはどうなの?

高層階は暑いという話をよく聞きますが、実際のところ最上階じゃなければそんなことはありません。窓を開ければ涼しい風が吹いてくれますし、最上階のように天井部分に日が当たるわけではないですからね。

どちらかというと高層階は冬場の方が問題な気がします。換気をしたくても風が冷たくてそれどころじゃないです。

デメリットを感じるほどではありませんが、意外と住んでみなきゃわからない部分。

家賃が高いって本当?

今までいろんな物件を見てきましたが、確かにマンション最上階は家賃が少し高く設定されています。人気があるんでしょうね。

逆に1階はかなり安めに設定されていることが多いです。

しかし、2階~10階までは家賃が同じ、もしくはほとんど変わらないぐらいに設定されている物件が多いのも事実です。

私が住んでいた物件もこのタイプで、その時空き室だった4階と9階の家賃が同じでした。

探してみると意外と低層階と高層階で家賃価格が同じ物件が多いです。

ただ、階によって間取りが微妙に異なり、それによって家賃が違う可能性もあるので内見する際は注意してください。

低層階と高層階ってどっちがいいの?

住み心地を比較すると個人的には高層階の方が居心地が良くておすすめです。

低層階のメリットは外に出やすいなど細かく言えば色々ありますが、一番は賃料が安いことです。

とにかく家賃第一な人にとっては1階の方がいいと思いますが、そこまで気にならないようであれば高層階の方がいいです。

下手に3階とか4階に住むなら10階とか11階のような高層階の方が景色もいいですし、大通りだと地面に近いほど車の騒音がひどいので上の階のほうが圧倒的に住み心地は良いでしょう。

極端な話、1階にするか高層階にするかの選択ですね。

スポンサードリンク

空き室がなければ少し待ってみるのも手

良さげな賃貸マンションを見つけても高層階が空いているとは限りません。2階とか3階しか空いていなくて妥協するぐらいなら少しだけ待ってみるのも手です。

こういった高層マンションは住んでいる人も多いのでその分空き室になる確率も高いです。

私の場合は探した当時4階しか空いてなくて、1か月待ったら8階に空き室が2件、9階が1件空き室になりました。

引っ越し日まで時間がない場合は妥協せざるを得なくなりますが、余裕がある場合は少しだけ待ってみましょう。その間にもっと条件の良い物件が出てくる可能性もあります。

効率的に部屋探しをするためにおすすめのサイト

スーモやホームズで部屋探しをする方も多いと思いますが、掘り出し物件のような条件の良い物件を探している場合は、非常に効率が悪いです。

こういった大手サイトは誰の目にも止まるので気付いた時にはすでに成約済みになっています。

誰よりも早く条件の良い物件を見つけたいならイエプラがおすすめです。

イエプラATBBホーム

イエプラはチャットで部屋探しをするサイトですが、通常は不動産業者しか見ることのできない【ATBB】というサイトを無料で閲覧できます。

ATBBはまだネットに掲載されていない物件が数多く存在するので、わざわざ不動産に行かなくても家にいながら最新の情報を手に入れることができます。

色んな不動産を調べてきましたが、ATBBの情報を開示しているのが今のところイエプラだけです。

部屋探しにはかなり使えますし、無料で使えるサービスなのでよければ参考にしてみてください。

イエプラのホームページへ

■その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す