ペット可物件のデメリットとは?入居後途中で飼いたくなったら申請は必要?


犬や猫など動物を飼っている人、もしくは飼いたい人は必然的に「ペット可物件」を借りることになりますが、実際ペット可物件は普通の物件とは違って色んな制限や注意点があります。

そこで今回は私なりにペット可物件を借りる上でのデメリットについてまとめてみましたのでこれから借りようと思っている方は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ペット相談可と応相談で違いがあるので注意して

ペット相談

ペット可と記載されていてもすべての動物が可能というわけではなく、今ではほぼ必ず【相談可】や【応相談】といった条件が付けられています。

ペット可物件で何も記載がない場合は基本的にどんな動物でも可能です。

相談可物件の場合は入居する際にペットを飼うことを事前に報告する必要があります。

例えば「猫を飼いたいんですけどいいですか?」みたいな感じで聞かなければなりません。物件によっては犬は大丈夫だけど猫はNGとしていたり、その逆もしかりなので申し込みをする段階で営業マンに「○○を飼いたいんですけど大丈夫ですか?」と聞いておいた方が無難です。

一般的には犬よりも猫をNGとしているところが多いみたいですね。また小型犬はいいけど中型・大型犬はNGとしている物件も多いです。

応相談というのは簡単に言うと相談可物件よりも条件が厳しく「飼ってもいいけど負担費高くするからね!」とか「鳴き声が大きい動物はダメっすよ」みたいな感じ。

この辺は「ペットや楽器可の賃貸物件と相談可・応相談の違い」でも詳しくご紹介しているので参考にしてみてください。

ペット可物件で許可が通りやすい動物とNGが出されやすい動物

動物の種類 通りやすさ
昆虫・爬虫類
ハムスター
ウサギ
小型犬
中型犬・大型犬

あくまで例として挙げてみましたが、一般的には猫よりも小型犬の方が許可がおりやすいです。

理由はしつけるのが犬の方が簡単で、猫の方が難しく、臭いやひっかき傷を付けやすいから。

あとはそのペットが鳴くかどうかというのも結構重要です。小型犬は確かに鳴くとうるさいですがしつければどうにかなるって理論なので許可する物件が多いです。

後付けでペット可になった物件には専用設備がない

最初からペットを飼うことを想定している物件のことをペット共生型賃貸と言います。

共生型賃貸の場合はペットを飼うことが前提なので犬の遊び場だったり、散歩したあ後の洗い場、ペットのための水飲み場、部屋には臭いを抑えるための設備なんかも取り付けられていることもあります。

こういった共生型賃貸は普通の物件よりも賃料が高いのが難点ですがペットと過ごしやすい環境が整っています。

一方で後付けでペット可となった物件にはこれられの設備が一切ありません。

需要と供給のバランスで、現在は売りて市場なので他の物件と差別化するためにペット可にしているところも増えているというわけです。

物件情報をよく見ると設備写真や詳細が明記されていますが、ざーっとみていると見逃してしまうので注意してください。

ペット可物件のデメリットについて挙げてみた

家賃が少し高い

ペット可物件だから家賃が高いというわけではありませんが、ペット可物件は必然的にある程度の防音性を確保する必要性が出てくるので鉄筋コンクリート物件が多くなります。

防音性が高い物件は当然アパートなんかよりも家賃が高くなってしまいます。

敷金が2か月分以上かかる物件が多い

ワンルームや1Kなどの一人暮らし用物件では敷金はとっても賃料1か月分で最近は0円にしているところも多いですが、ペット可物件となると話が違ってきます。

敷金はいわゆる退去費のための預り金。

ペットを飼うことによってより多くの傷や劣化を招くため、相対的に敷金も高くなります。

だいたい相場は敷金2か月分ですね。敷金が多くかかることで初期費用がかさむため、借りる際はある程度の貯金が必要になってしまいます。

ペットを飼わない場合は敷金1か月でペットを飼う場合は割増1か月としていることもあります。

退去費がやたらと高い

通常の物件の退去費相場はだいたい3万円前後です。(一人暮らし用物件の場合)

ペット可物件の場合は傷や凹みだけでなく臭いに関してもクリーニングしなくてはならないので退去費が10万円程度となることも珍しくありません。

敷金2か月払っていてもほとんど返金されないと思っておいた方がいいと思います。

ペット可賃貸物件の退去費用の平均相場や高額請求された時の対処法

他の部屋のペットがうるさい(可能性がある)

これは物件によりけりというか隣人がどんな動物を飼っているのかにもよりますが、鳴き声が夜中までうるさかったりするトラブルもよくあるそうです。

自分もペットを飼っているならある程度耐えられると思いますが、例えばペットを飼っていない人がたまたまペット可物件を借りてしまって、夜中うるさくて寝られないとか自宅での仕事や勉強が捗らないってこともあり得るので部屋を借りる上では注意が必要です。

入居してから途中でペットを飼う場合はどうすればいいの?

今はまだペットを飼っていなくても、入居後に飼う予定の人やたまたま入居した物件がペット可で、ちょうどペットが飼いたくなることもあるかと思います。

入居時にペットを飼う場合は敷金2か月で飼わない場合は敷金1か月となっている物件も多いので、黙ってペットを飼ったらトラブルになる可能性もあります。

正攻法で行くならペットを飼いたくなった時点で管理会社に連絡して、相談するのが一番いいです。

この時に敷金1か月分を払う可能性も出てきますが、余計なトラブルに巻き込まれないためには必要です。

ちなみに途中でペットを飼う場合については契約書に記載されている可能性もあるので、一度賃貸借契約書に目を通してみるのが手っ取り早いです。

ペット禁止のアパートやマンションはどこまで不可?

ペット可物件の効率的な探し方

ペット可物件は普通の賃貸物件よりも数が少ないので条件に合う物件を探すのが少し大変ですが、最近は徐々に増えてきているので以前よりも探しやすくなっています。

ペット可物件を探すならやはり取り扱い物件数の多いサイトを利用すべきです。

関東や関西に引っ越しを考えている場合はイエプラがおすすめ。

イエプラの物件

イエプラはチャットで部屋探しをするタイプのサイトですが、物件数が500万件以上あり、常に新着物件を紹介してくれるのでネットでよくある「内見しようと思ったらすでに成約済みだった」ということが起こりにくいのが強み。

さらに通常不動産業者しか見れない【ATBB】というサイトを無料で見ることができるので誰よりも早く最新情報を見ることができます。

イエプラATBB物件検索

チャットで「ATBBがみたい」と伝えるだけで専用URLを教えてくれます。

部屋探しとしてはかなり有用なのでぜひ利用してみてください。

イエプラ公式ページへ

少しでも参考になれば幸いです。

■ペットに関する記事

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す