年収500万円で一人暮らしするための適正家賃はいくら?貯金はどのぐらいできる?


年収500

一人暮らしや同棲をしていて一番ネックなのは月々の家賃です。一気にお金がなくなる感覚は年収がいくらであっても感じると思います。

今回は年収500万円の人が一人暮らしする時の適正家賃や審査で通る上限、貯金額に応じた具体的な家賃設定についてまとめてみました!

「どのぐらいの家賃にするか」迷っている方は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

年収500万円の適正家賃は8.8万円~11.7万円

年収500万円といっても保険や住民税、所得税や年金などの税金を引くと手取り年収はだいたい420万円前後です。

これを元に収入の3分の1という世間的によく言われている数値に当てはめると適正家賃は約11.7万円です。

この額を元に月々どのぐらい生活費がかかるのか総務省統計局のデータを参考にして計算してみました。あくまで平均的にかかる生活費なので目安として考えてください。

項目 金額(月あたり)
家賃 117,000円
光熱費 約11,000円
ネット代 約4,000円
スマホ代 約5,000円
食費 約40,000円
雑費 約10,000円
交際費(交通費込み) 約30,000円
合計 約217,000円

年収500万円だと手取り月収はだいたい26万円前後。(ボーナス別)

ボーナスを含むと1か月あたりの収入は35万円ぐらいあるのでかなり余裕のある暮らしができます。

世間的な平均額で計算しても毎月4万円ほどは貯金できる計算になります。

もちろんこれはボーナスを含む年収での計算となるので「もっと家賃は安くて良い」という人のために、ボーナスを全く考慮しない場合でも計算してみます。

ボーナスを年2回で月収の2か月分でるとするとだいたいこれだけで105万円。

年収から税金とボーナス105万円を引いた残りの金額で生活すると仮定します。

そうすると適正家賃はだいたい8.8万円。

項目 金額(月あたり)
家賃 88,000円
光熱費 約11,000円
ネット代 約4,000円
スマホ代 約5,000円
食費 約40,000円
雑費 約10,000円
交際費(交通費込み) 約30,000円
合計 約188,000円

8.8万円に家賃を抑えたとしても都内に住むことは十分可能な金額です。

毎月の生活費は19万円ほどなので7万円近く貯金できる計算。年収500万円って想像以上に豊かな生活が送れそうですね。

審査は最大で家賃14万円ぐらいまで通る

どのぐらいの家賃までなら借りられるのかは管理会社や大家、その物件が人気か不人気かによっても変わりますが、年収の3分の1が基準と言われています。

生活費の時とは違い審査が通る最大基準となるので税金を引く前の額で計算されます。

家賃 適正収入(額面月収) 適正収入(年収)
9万円 27万円 324万円
10万円 30万円 360万円
11万円 33万円 396万円
12万円 36万円 432万円
13万円 39万円 468万円
14万円 42万円 504万円

月収はボーナスを含む額面の数字なのでちょっと高く感じますが、だいたいこんな感じ。

計算すると年収500万円もあれば最大家賃は14万円ほどまでなら審査が通る可能性が高いです。

もちろん先ほども言ったように審査というのは”物件次第”な部分も強いので例えばこれが人気物件ですぐに埋まってしまうような好条件の部屋だと審査で落とされる可能性もあります。

逆にあまり入居者が集まらない物件なら家賃15万円ぐらいでも通る可能性があります。

参考値として見ておいてください。

希望貯金額に応じた適正家賃表まとめ

実際家賃を決めるのは上限はあるものの、自分がどのぐらい節約したいか、毎年貯金したいかによって大きく変わります。

100万円貯金したいという考えの人と貯金は二の次という人では設定家賃にかなり差があります。

家賃を除く一人暮らしの生活費平均が約10万円なので、これをもとに貯金額に応じた適正家賃をまとめてみました。

家賃 年間貯金額
約21万円 50万円
約16.7万円 100万円
約12.5万円 150万円
約8.4万円 200万円

家賃21万円のところに住んだとして普通に生活しても年間で50万円も貯金できてしまいます。もちろん現実的に審査が通るかどうかという話になってきてしまいますが。

年収500万円あれば実質ボーナスまるまる貯金すれば届く額なのでかなり余裕です。

200万円ぐらいまでなら現実的に可能な貯金額です。

ただ、年収が500万円もあると通常の一人暮らしよりも贅沢してしまって生活費が思ったよりかさむということが考えられるので自分の生活費に当てはめてちゃんと計算した方がいいのかも。

年収500万円の人引っ越すために必要な貯金額は60万円~70万円ほど

年収500万円あって全く貯金していないという人は少ないと思いますが、部屋を借りるとなると荷物を運ぶための引っ越し費用や部屋を借りる際の初期費用、そして家具家電を揃えるお金をあらかじめ用意しておく必要があります。

まず、引っ越し業者に依頼する場合、一人暮らしの荷物量を考えると閑散期で2万円~3万円、1~3月の繁忙期でだいたい5万円ほどかかります。

赤帽VSレンタカーVS引っ越し業者!一人暮らしの引っ越しで一番安いのは? 

続いて、部屋を借りるための初期費用ですが、平均額は家賃×4か月~最大5か月分ほどと言われています。

参考値をまとめてみました。

家賃 初期費用目安
80,000円 32~40万円
90,000円 36~45万円
100,000円 40~50万円
110,000円 44~55万円
120,000円 48~60万円

初期費用の内訳はこんな感じ。

【初期費用の項目】

  1. 前家賃:だいたい賃料1か月分。
  2. 敷金:0円~1か月が相場。
  3. 礼金:0円~1か月。人気があると礼金1か月かかる。
  4. 仲介手数料:だいたい1か月分。仲介してもらう不動産に払うお金
  5. 保証会社利用料:賃料の半額ぐらい
  6. 消毒費:15,000円前後
  7. 鍵交換代:15,000円前後
  8. 火災保険料:15,000円前後
  9. 事務手数料:5,000円程度

初期費用を安く抑えたいのであれば敷金、礼金、仲介手数料に着目しましょう。敷金は退去時のクリーニング代として充てられるのであってもなくても損することはありませんが、礼金と仲介手数料は完全にムダ金です。

礼金は人気のある物件ほど1か月分かけている傾向があります。新築とかほぼ100%。

仲介手数料は不動産によってかかる金額が変わります。例えアパマンショップの管理物件は1か月分かかってしまいますがミニミニやエイブルなら半分で済みます。

物件によっては無料というところもあるので、それを踏まえて部屋探しする初期費用を安く抑えることが可能。

ちなみに私は家賃8万円の物件に対して初期費用が20万円ほどで抑えられました。ほんと物件によって結構違います。

入居したらすぐに家具家電を揃える必要が出てきます。実際に必要最低限の家具家電を一式そろえようと思うと15万円前後かかります。

初めての一人暮らしで家具家電を一式揃えるといくらかかるか

適正家賃である9万円ぐらいの物件に住むと仮定して引っ越し業者費用+初期費用+家具家電費用を合わせると60万円~70万円ほどかかるのでしっかりと貯金しておくべきです。

ちなみに本気を出せば引っ越し費用は自力で、初期費用を25万円ぐらいに抑えて家具家電は実家からもってきたり、後から購入することを踏まえれば40万円ぐらいあればなんとかなります。

効率的に部屋探しをする方法

家賃が安くて条件の良い物件を探すには不動産に行くのはおすすめしません。時間が取られる上に”不動産屋にとって利益の高い物件”ばかり紹介されるのでめちゃくちゃ効率が悪いです。

基本的にはスーモやホームズ等で自力で探した方が希望条件に合う物件を探すことができます。ただ、こういった大手不動産情報サイトはおとり物件(物件自体が埋まってる&存在しない)が40%あると言われています。

「せっかく探したのにすでに成約済み」だと労力の無駄になってしまいます。

そこで個人的におすすめなのがイエプラというサイト。

イエプラの物件

イエプラは部屋を探してもらうというコンセプトのサイトで部屋にいながら不動産に行くのと同じように部屋探しができます。

しかも、最新の物件情報のみを送ってくれるのでかなり効率的です。チャット機能があり、細かい条件を伝えられたり探してもらうのが性に合わない人は不動産専用サイトであるatbbを見ることもできるのでおすすめです。

イエプラ公式ページへ

利用に関してはすべて無料なので気になる方は使ってみてください。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

参考までにどうぞ。

■関連記事

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す