一人暮らし必見!収納付きベッドと折りたたみ式ベッドどっちがいいのか比較してみた


一人暮らしをされている方はベッド派と敷布団派に分かれますが、多くの人はベッドを購入していると思います。

ただ、ベッドと言っても種類がいくつもあるし、どれがいいのかちょっとわかりずらいですよね。

そこで今回は収納付きのベッドと簡易的な折りたたみ式ベッドの寝心地や使い心地等を比較してみました。

スポンサードリンク

折りたたみ式ベッドのメリット・デメリット

私が初めて一人暮らしをした時に購入したのは折りたたみ式のベッドです。ニトリかどっかで購入した気がします。

【メリット】

  • ベッドの中でも値段が安い
  • 普通のベッドより小柄のものが多く、場所を取らない
  • すぐに折りたためるので掃除が楽
  • 移動が簡単なので模様替え好きに便利
  • 組み立てが基本的に不要

折りたたみベッドの最大の特徴はその名の通り「折りたためる」という点。ベッドなんて普段はそうそう移動したりしませんが、掃除をする時や模様替えを頻繁にする人にとってはまさに便利です。

また、友達を呼んだ時にベッドに座らせらないために折りたたんだり、人数が多いから折りたたむといった使い方もできます。

【デメリット】

  • 寝心地があんまりよくない
  • 意外と重たい
  • 強度面に不安あり
  • 微妙にベッドが動く

正直、でかいマットレスが付いたベッドに比べると寝心地はあまりよくありません。マットレスはベッドに固定されている一体型なので例えへたってきてもどうしようもありませんし、そもそも簡易的なマットレスなのでふわふわな寝心地とは行きません。

もう一つ、つかっていて気になったのがずっと寝ていると折りたたむ部分だけ少し凹んでいるせいか身体が”くの字”になることです。使って4年目あたりで気になり出した記憶があります。

まぁ私はもともと猫背気味なのでそれも関係あるかもしれませんが、正しい姿勢で寝れないというのはデメリットかも。

それと、やはり強度の面に不安を抱える人も多いと思います。実際、私は4年使いましたが私が使った限りでは壊れたりはしませんでした。

しかし、引っ越す時に後輩(太っちょ)にベッドを挙げた結果、「横になってたら壊れました」と報告が。折りたためるということはその分、強度が低くなるということにも注意しておきましょう。

収納付きマットレスベッド

一人暮らし2件目で購入したのがどっしりしている収納が付いていて大きなマットレスのシングルベッドです。部屋をおしゃれにしたかったのが購入した最大の理由です。ただそれだけです。

【メリット】

  • 寝心地が良い
  • コンセント付だと寝る時とか便利
  • 収納スペースが増える
  • ベッドが動かない

なんといっても最大の特徴は寝心地の良さでしょう。マットレスにも種類がありますが、敷布団や折りたたみ式と比べると明らかに寝心地が良いです。

それとベッドにダイブしてもベッドが動かないのもメリットです。変な話、恋人と夜の営み中にベッドが動くということがないのはでかい。

収納付きの場合はコンセントもついていることが多いので寝る時にスマホを充電したり、色々捗ります。もし購入する際はコンセント付にした方が絶対に良いです。

【デメリット】

  • マットレスもベッドもとにかく重い。
  • 最初の組み立てが超大変
  • 詰め込みすぎると収納が壊れる
  • 横に収納があると物を置くスペースが限られる
  • 模様替えしにくい
  • ベッドの位置は最初固定すると動かすのが大変
  • 引っ越しが大変

収納付きのベッドは基本的にマットレスもかなり大きく重いので、運ぶのが大変です。これは引っ越しの時もそうですが、模様替え好きの人にはかなりきついと思います。

部屋をおしゃれにしたいと思って購入する人は基本模様替え好きだと思いますが、その模様替えが簡単に行えないのはかなり難点です。(できないわけではない)

私はネットで購入しましたが最初に思ったのが「何がなんだかわからない」です。一から組み立てると相当大変。今までいろんなものを組み立ててきましたがベッドが一番苦労したかも。

それと便利な収納ですが、横付きの場合、前にカーペットを引くと引っかかって開けずらかったり、詰め込みすぎると壊れます(私が買ったのは3万円のベッド)

どっちを選ぶべき?

どちらにもメリット・デメリットがありますが、模様替え好きの人やそれほど部屋が広くない場合は折りたたみ式の方が利便性が高いと思います。

6畳ぐらいの部屋なら折りたたみ式の方が場所を取らないし、何かと都合が良いです。

逆に寝室を設けているような部屋(1LDKとか)なら確実に収納付きですね。

寝心地は収納付きの方が良いですが、収納付きだからといってそれほど便利でもないです。

恋人を家に招き入れたいと思う人は収納付きの頑丈なベッドが良いと思います。理由は書きませんが察してください。

個人的には引っ越しでかなり苦労したので折りたたみ式の方がなんだかんだで良かったかなぁと感じました。

ネットの口コミをまとめてみた

【折りたたみ式ベッド】

【収納付き(マットレス付き)ベッド】

 

収納付きベッドの収納する底の板がはずれて壊れてしまいました。

参照元:知恵袋

 

一般的には、下に引き出しなどの収納があるタイプは、湿気でカビが発生するケースが多いです。

参照元:知恵袋

 

私のベッドも収納の底が抜けて悲惨な状態になっています。アロンアルファ等で色々頑張ってみましたが、最終的に諦めました。

カビが発生するという意見もありますが、私の場合は4年使っていて一度も生えたことがありません。

ベッドの選び方

折りたたみ式ベッドの場合は値段によってそこまで違いもないので個人的には安いものを選んだ方が良いと思います。

アイリスオーヤマ 折りたたみベッド ブラック OTB-E

新品価格
¥9,770から
(2018/5/21 18:08時点)

収納付きマットレスベッドは値段がピンキリなので選ぶのに苦労すると思いますが、ベッドごとがばっと開くタイプのものがおすすめ。

横に収納がついているとかなり不便です。ベッドの向きは固定されますし、カーペットのせいで開かなかったり、板底が薄くて壊れやすい等のデメリットがあります。

IKEA・ニトリ好きに。ガス圧式跳ね上げ収納ベッド【NewGlover】ニューグローヴァー【薄型ボンネルコイルマットレス付き】セミシングル レギュラータイプ | ナチュラル

新品価格
¥54,811から
(2018/5/21 18:13時点)

ただ、こういった”跳ね上げ式ベッド”はかなり値が張るので注意。

モダンライトコンセント付き・ガス圧式跳ね上げ収納ベッド【Cyrus】サイロス【ボンネルコイルマットレス:レギュラー付き】セミシングル ベッド:ウォルナットブラウン マット:アイボリー

新品価格
¥69,028から
(2018/5/21 18:15時点)

横収納の場合は値段が手ごろですが、先ほども言ったように収納する際は注意してください。詰め込み過ぎると板底が外れて使い物にならなくなるので。

棚・コンセント付き収納ベッド VEGA ヴェガ ボンネルコイルマットレス:レギュラー付き シングル ブラック

新品価格
¥28,443から
(2018/5/21 18:17時点)

ネットで購入する際は「フレームのみ」になっていることがあるので注意。マットレス付きじゃないと意味ないですからね。

参考にしてみてください。

ベッドに関する記事

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す